ロンドンでの子育てとか生活とか。

おかいつ大好き主婦あつこです。
夫ゆういちろうのイギリス赴任のため、
2020年9月から子ども2人を連れて家族4人でロンドンで暮らしています。
子どもは2016年生まれの長男まこと、
2019年生まれの長女あづきです。
ロンドン生活やロンドンでの育児について体験談やおすすめを書いていきたいと思います。
よろしくお願いします。

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



『イギリスには花粉症はない』って話聞いたことありますか?

私はあります。


「芝だらけだから芝花粉はあるけど3年くらい住んで症状が出るから、日本で花粉症の人は最初の1.2年は快適だよ」と聞いて、アレルギー持ちの私はルンルンで来たわけですよ。(日本では、年明けすぐ〜GW明けまでずっと花粉症でマスクや薬が手放せない)



そして、迎えたイギリスで初めての春。





いや、鼻水止まりませんけど⁉︎
喉の奥も痒いし、(花粉症でこの症状出る)



これ100%花粉症!


英語で花粉症はHay feverと言うそうです。

NHSのhay feverのページはこちら↓

イギリスの花粉症の原因となる植物は、

ハシバミ、イチイ、ハンノキ、ニレ、柳、ポプラ、樺の木、セイヨウトネリコ、スズカケノキ、オーク、松、ライム、芝、ヨモギ、イラクサ、アブラナ、オオバコ

えっ⁉︎多くない?





花粉の多さにげんなりしつつ、


花粉症の薬もらいにいかなきゃ。でもGP行きたくないなぁ…
と思っていると、友達に

「ファーマシーで買えるよ!」と教えてもらいました。



しかも、薬剤師さんや店員さんに話しかける必要もなく、普通に棚に並んでいるそう。(そういうこと考えるからいつまで経っても英語が上達しないの)


お馴染みTESCOのファーマシーで買ってきました。(TESCOの大型店舗にはファーマシーが入っている店舗があります)

FullSizeRender

セチリジンとロラタジン。

イギリスの花粉症の薬といえば、この2つだそうです。どちらも1日1錠で良いのが嬉しい。
セチリジンは日本ではセチリジンもしくはジルテックという名前で、ロラタジンはクラリチンという名前で売られています。


どちらか一方を飲んでみて、効かなければもう片方を試すそうです。

私はどちらも効果は感じましたが、どちらも眠気が出たので寝る前に飲んでいます。










鼻スプレーも買いました。

FullSizeRender

子どもにもOKなもの。


Sea waterって書いてあるから、しみるんじゃないかとドキドキしながらスプレーしましたが、大丈夫でした!
海水ではなく、生理食塩水みたいです。(Sea waterではなくないか?)


まことも鼻詰まりやすいので、寝る前にシュッとしたらスッキリしたらしく、嫌がらずにスプレーさせてくれます。




他にも花粉症用の目薬も売られていました。


日本では一回毎に分かれている目薬を使っていたのですが、イギリスでは見つけられませんでした。(もしあったら教えてください)






他に、NHSのホームページで花粉症に有効だとされている対処法は、
  • 鼻孔にワセリンを塗る(花粉が鼻に入るのを防いでくれるそう)
  • サングラスをかける
  • 外から帰ってきたら、シャワーを浴びたり服を着替える(あれ?これコロナ対策?)
  • 出来るだけ屋内にいる(え?コロナ対策?)
  • 窓やドアを可能な限り閉めておく(これはコロナ対策と真逆か)
  • 定期的な掃除(服も)
  • 車用の花粉フィルターを購入する


だそうです。

鼻にワセリンを塗るのは、聞いたことあります!
そもそも良く鼻をかむから、ティッシュで荒れてカサカサになってしまっているので、保湿も出来て花粉が入ってくれるのも防ぐなんて最高。(どうせマスクしているからわからないし)

途中、コロナ対策か花粉対策かわからなくなりましたが出来そうなこともちらほら。



イギリスではサングラスかけている人たくさんいます!
公園など長時間屋外で過ごす時は、私はマスク+帽子なのですが、イギリスママたちはサングラスオンリーの方多いです。

サングラスもしたいけど、帽子+サングラス+マスクって完全不審者ですよね…。

やっぱり帽子+マスクかな。




最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



日本で食べ慣れた調味料が手に入るとはいえ、やっぱり割高!
そんな中、イギリスで簡単に手に入るもので日本の調味料の代用にならないか調べてみたら、結構いろいろありました。

実際に使ってみて、代用してよかったものを紹介します。


みりん

みりんは高い&現地スーパーではなかなか手に入らない代表。

そんなみりんの代わりに使えるのが、

FullSizeRender

リンゴジュース!


え、まさか?って感じですよね。

私、YouTubeの『マッスルグリル』をよく見るのですが、マッスルグリルに出てくるシャイニー薊さん、ボディビルダーであり服部調理専門学校卒という経歴をお持ちで、かなり料理の参考になります。

薊さんがよくリンゴジュースを使っていて、みりんの代わりになるそうなので、実際に使ってみたら美味しい!


しかも、みりんと違ってアルコールを飛ばす必要もないから子どもの料理にも使いやすい。

1リットル£1〜2で買える。これ本当に良いです。(ロンドンで本みりんを買うとしたら1リットル£13くらいします)



今日のブログのメインは、このみりんの話です。
(あと最後にもう一つ、かなりオススメのものあります)





料理酒

料理酒なんて現地スーパーでは手に入りません。そもそも清酒がない。
料理酒の代用は、

FullSizeRender

まあワインですね。
ここは流してください。私はいつも£3〜4とかの安いワインで作っていますが、特に何も気になりません。

ワインお好きな方は、普段飲まれるワインでも良いですね。






コンソメ

クノールのスープストック的なものはどのスーパーでも売っていますが、味がイギリスナイズドされていて日本のコンソメではない!


でもこれ!

IMG_0866

DSEMのCONSOMMEは、限りなく日本のコンソメ!
400gも入っていて、£3でした。

なかなか現地スーパーでも見かけないのですが、Ocadoで売られているのを発見しました。




鶏がらスープの素

鶏がらスープの素も同じくDSEMのもの。

FullSizeRender

渡英したばかりの頃、これを見つけた時は感動しました。鶏がらスープの素はこの他にも、中華系スーパーや韓国スーパーでも手に入るようです。




片栗粉

片栗粉も現地スーパーで見かけたことはありません。

でも、ほぼ同じもの。

IMG_0844

コーンスターチ!(英語ではcornflourというそうです)
コーンスターチの方が、低温料理でもとろみが保たれるそうです。これならスーパーの製菓コーナーで簡単に手に入ります。
確かこれで£1くらいでした。




パン粉

パン粉も現地スーパーではなかなか見かけず、日系スーパーで買うことが多いのですが、これは限りなくパン粉!

FullSizeRender

既に煎ってあるようなカリカリの食感ですが、揚げ物の衣にするには十分です。

ウスターソース

これはインスタのフォロイーさん(最近覚えた言葉だから使いたがり)に教えてもらったもの!

sweet pickle

FullSizeRender

名前の通り、野菜の酢漬けなのですが甘い!


ウスターソースってイギリスが発祥だそうで、HPソースというソースが元祖らしいのですが、これがまぁ酸っぱい!

これでデミグラスソースを作ろうもんなら、子ども達ハンバーグ残します。(なんならケチャップも酸っぱいので、酸味がエグいことになる)


そこで、この甘いソース!

これでデミグラスソースを作ると(ケチャップ少なめ)、甘くて美味しい!
なんなら日本で作っていた時より美味しい。

オムライスのチキンライスも、このスイートピクルで味つけています。




イギリスの調味料でなかなか日本人の舌に合うものは多くありませんが、意外と工夫次第でどうにでもなることがわかってきました。


今回、紹介した調味料は基本的にソースコーナーに置いてあります。

オススメの調味料があったら、ぜひ教えてください。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。




日本人に人気の観光名所、Hartfield。

ロンドン中心地から電車とバスで1時間ほどで行けます。




ロックダウンの規制が緩和された4月中旬、夫の同僚の方にお誘いいただき行ってきました。


最寄りのバス停に着いて、2.3分歩くと、

IMG_0072

pooh cornuerというお土産物屋さん&カフェがあります。
まずここでトイレを済ませておくことと、日本語で書かれたマップを手に入れることをおすすめします。


お土産物屋さんの店内は、それはそれは可愛いです。

IMG_0082

IMG_0093

ぬいぐるみも可愛い。せっかくだし、一体買ってpooh stick bridgeまで連れて行こうかと思ったのですが、値段を見て現実に引き戻されました。(小さいぬいぐるみでも£30もした。やっぱりディズニー!)

IMG_0105

このマグ可愛いですよね!
カフェでお茶をすると、こんな感じのプーさんのティーポットでお茶が出てくるそうです。


IMG_0076

トイレはお土産物屋さんの中にあります。

そして、わかります?
トイレのドアに「The Poo Room」と書いてあるんです!pooとpoohをかけてる!(pooの意味は、ここで書きにくいので各自調べてください)

ちなみにオムツ替えスペースはありませんでした。
あづきのオムツはここで立ちながらなんとか替えました。






トイレなどを済ませたら出発!


ここから約40分のフットパスを通って、pooh stick bridgeまで歩いていくのですが、このフットパスは腰の高さまである草の道を歩いたり、柵を越えたりしなけばならない道。

同僚の方が気を遣ってくださって、歩道から回り込む道を行きました。

IMG_0112


この細くてガタガタな歩道。
ここを20分くらい歩きました。


途中から広い道へ出て、

IMG_0121

下り道を歩き続けること、15分。

pooh bridgeの看板が!

IMG_0124


フットパスを歩いていくと定期的に看板があって、看板に沿って進んでいくそうです。

FullSizeRender

この看板が見えたら、もうすぐ!

pooh cornerから歩くこと45分、ついに到着しました。
pooh stick bridge!

FullSizeRender


IMG_0133


ここで、pooh's gameというstickを橋の上流側から流して下流側から1番最初に出てきた人が勝ちというゲームをするのがお約束だそうです。

そのため、道中でstickを探しておくのをお忘れなく!


pooh's gameはYouTubeで動画がありました。
前日のうちにまことと見て、「明日はこれをしようね」と話していました。



無事、pooh's gameをして(無事まことが勝って)、pooh cornerへ戻ろうとしたら地元の方に「プーの家は見た?」と声をかけられました。


フットパスの途中にプーの家が隠れていたそうなんです!


IMG_0140

木の間に隠れていて、よーく探さないと見つからない場所にありました。


更に、ピグレットの家と、

IMG_0143

オウルの家まで!


IMG_0146

これは宝探しっぽくて楽しさ倍増です!



それぞれの家はここにありました。

IMG_0165

雑な地図ですみません。でも目印が全くなくて、プーの家はフットパス側、ピグレットとオウルの家は駐車場側にあります。(熊のスタンプがプーの家、豚のスタンプがピグレット、鳥のスタンプがオウルの家です)



フットパスだと片道40分かかりますが、車ならpooh car parkingから歩いて10分ほどなので小さいお子さんがいらっしゃるなら車が断然オススメです!


駐車場からpooh stick bridgeまでの道は多少のデコボコはあるものの、ヨチヨチ歩きの小さなお子さんでもなんとか歩けます。
フットパスはしっかり歩ききれる4〜5歳以上(出来れば小学生以上くらい)のお子さんが良いと思います。




なんでこんなに小さいお子さんへは車をゴリ押しするかというと、私たちが公共機関+ベビーカーで行ってクタクタになったからです。


行きは狭いながらも、なんとか歩道を通って行きました。車通りもそこまで多くない。

帰りは、ピグレットやオウルの家を見て、pooh car parking側の道を歩いて帰ったのですが、この道がまあ大変!

歩道はないので土の上を歩く。ベビーカーを押すだけでも四苦八苦。

しかも最後の最後に、めちゃくちゃ急な坂が現れて!夫は3回くらいUber呼ぼうかと思ったららしいです。(夫は娘(12kg)抱っこ紐+畳んだベビーカー5kg担いでた。私は転んでしょげている息子(21kg)をおんぶしていた。)

ここは箱根かと思いました。(箱根駅伝の5区)

IMG_0860

後からGoogle マップで確認したら、「ほぼ平坦」って出ている!
嘘ですよ!(徒歩経路は実際の状況を反映していない場合があります。って注意書きついてる)

本当に心臓破りの坂ですよ!






しかも、最後の最後に雨降ってきた!

ロンドンらしい霧雨なんかじゃなく、雨粒大きめのガチな雨。(え?なに修行なの?)





しかも、この歩いている間ずっとマスクつけてるんですよ!同僚の方と歩いていたからね。
しかも普段、ほとんど他人と喋らない時はウレタンマスクなんですが、がっつり喋るからちゃんと不織布マスクつけていました。(途中、息苦しくて高地トレーニングしているのかと思った。本気で思った)


翌日、夫は全身筋肉痛になっていました。




しかも遠回りしたり、子どもの足で遅くなったりして、念願だったpooh cafeの予約時間に間に合わず閉店時間となってしまいました。(2021年4月現在、16時閉店。要予約です。)



最後の最後は残念が続いてしまいましたが、pooh cornerは可愛いし、pooh stick bridge周辺の散策も楽しかったし、ハートフィールドはおすすめです!
(ちゃんとおすすめしている内容になっているかは謎)




最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。




以前、子ども向けチャンネルCBeebiesと毎朝お世話になっているmilkshake!を紹介しました。
簡単に説明すると、
・CBeebiesはBBC(イギリスの国営放送)がやっている朝6時〜夜7時までの赤ちゃん〜幼児向けチャンネル。(うちでは202で見れます)

・milkshakeはChannel 5という放送局で朝5時〜9時まで放送している幼児向け番組。(うちでは5で見れます)


CBeebiesとmilkshake!で見られる番組を年齢別でのオススメを紹介します。


0〜2歳向け


まずは、CBeebiesの番組。


『Teletubbies』
FullSizeRender
​(出典:CBeebies公式ホームページ https://www.bbc.co.uk/cbeebies/shows/teletubbies )

 1997〜2001年までやっていて、2015年からリバイバルが放送されています。そう言われてみると、見たことあるような⁉︎
テレタビーズはオープニング曲がいいです。
見た目はキモカワ系ですが、見ているうちにくせになる感じ。
テレタビーズ達は簡単な英語しか話さず、ナレーションがメインなので赤ちゃん〜まだ英語に慣れていない子にも見やすいです。





『timmy time』

FullSizeRender
(出典:CBeebies公式ホームページ  https://www.bbc.co.uk/cbeebies/watch/timmy-time-timmy 

羊のショーンのスピンオフ、子羊ティミーのお話です。ショーン同様、台詞はありませんがナレーションがあって少なめの英語なので聞き取りやすいです。
これもオープニング曲が耳に残る。



『Tee and Mo』

FullSizeRender
​(出典:CBeebies公式ホームページ https://www.bbc.co.uk/cbeebies/search?q=tee+and+mo ​)

猿?ゴリラ?オラウータン?の親子、TeeとMoのお話。5分ほどの短いストーリーで、登場する動物は鳴き声しか話さず、ナレーションのみ。
日常のお話なので、日常で使える単語も出てきます。


あれ?気付きました?
3つ連続同じ説明している。
ナレーションのみ。
でもベビー向けの番組って、そういう作りが多い気がします。





『The baby club/The toddler club at home』
FullSizeRender
​(出典:CBeebies公式ホームページ https://www.bbc.co.uk/cbeebies/shows/the-baby-club )

歌やダンス、リトミック的な踊りなど、児童館へ行けない今、その代わりとして見ています。
歌やダンスの場面では、ノリノリで一緒に踊ります。






次は、milkshake!で見れる番組

『peppa pig』

 これは、言わずもがなイギリスを代表するアニメ。
以前にオススメする理由をまとめたブログがあります。

有名過ぎて、他に書くことはありません。

「イギリスのアンパンマン」です。




次に、

3〜5歳向け

お子さんの好きなもの別で挙げていきます。



まずは、CBeebiesで見られる番組

恐竜や冒険が好きな子には、

『andy's dinosaur adventure』
FullSizeRender
​(出典:CBeebies公式ホームページ https://www.bbc.co.uk/cbeebies/shows/andys-dinosaur-adventures )


学芸員のアンディがトラブル解決のためにタイムスリップ出来る時計で恐竜がいる時代へ行くお話。
Andy's AdventureシリーズはSafari Adventureや Aquatic Adventure,Prehistoric Adventureなどほかのアドベンチャーもあるので、冒険好きな子にもオススメです。





乗り物好きな子には、
『Grace's amazing  machines』
FullSizeRender
(出典:BBC公式ホームページhttps://www.bbc.co.uk/programmes/m0009mbx )

Graceが様々な乗り物に乗ってみる番組。
何がすごいって、本当に色々な乗り物が出てくるのですが、ほとんどGrace本人が自分で運転していること!
彼女の運動神経の良さ!
ボブスレーみたいなものとか、なんでも器用に乗りこなしているので凄いし、かっこいい!






面白いことが好きな子には、
『something special』
FullSizeRender
​(出典:CBeebies公式ホームページ https://www.bbc.co.uk/cbeebies/shows/something-special )

メインキャラはピエロのMr.Tumble。その友達のジャスティン(どちらもジャスティン)が新しい友達と一緒に楽しいことに挑戦するお話。出演している子どもは、病気や障碍を抱えている子なのですが、出ている子全員が楽しそうにジャスティンと遊んだり笑ったりしています。
日本では、なかなか見ないタイプの番組(日本でもあればいいと思う)。
さすが多様性の国イギリス!と思った番組です。
まことはとにかくMr.Tumbleのコミカルが動きや喋り方が大好きです。





なぜなぜ期の子には、
『Maddie's Do You Know?
FullSizeRender
​(出典:CBeebies公式ホームページ https://www.bbc.co.uk/cbeebies/shows/do-you-know )

​身の回りの物事の仕組みを教えてくれます。
パスタの作り方とか、電子レンジの仕組みとか、大人でも「へぇ〜」となります。



工作好きな子には、
『Bitz&Bob』
FullSizeRender
​(出典:CBeebies公式ホームページ https://www.bbc.co.uk/cbeebies/shows/bitz-and-bob )

​姉弟のbitzとbobが人形遊びの中での問題を工作で解決していくお話。

bitzとbob以外の登場人物はぬいぐるみや人形で、2人の想像の世界でのお話なのが面白いです。
bitzは工作が得意で、さまざまなものを作ります。作り方もシンプルな物も多いので真似して作っていることも出来ます。








次に、milkshake!で見られる番組。

 


日本でもイギリスでも人気な
『paw patrol』
FullSizeRender
​(出典:milkshake公式ホームページ https://www.milkshake.tv )
日本でも人気ですね。(日本ではテレ東系列で放送中です)
6匹の子犬がトラブルを解決するお話。イギリスでも人気でキャラものの服やカバンを持っている子を見かけます。





ディズニープリンセス系の可愛いものが好きな子には、
『butterbean's cafe』
FullSizeRender
​(出典:milkshake公式ホームページ https://www.milkshake.tv )

​妖精のパティシエールbutterbeanがトラブルを解決しつつ、お菓子を作っていきます。
とにかく絵が可愛い。色合いとか、魔法でお菓子を作るところとか、可愛いもの好きな子にハマると思います。

なんとなくディズニーっぽさを感じるのは私だけでしょうか?
この番組は土日だけの放送のようです。(2021年4月現在)




可愛い動物が好きな子には、
『The adventure of paddinton』
FullSizeRender
​(出典:milkshake!公式ホームページ https://www.milkshake.tv )

ほのぼの系のイギリスを代表する熊。
ダッフルコートを着ていたり、帽子の中にマーマレードサンドイッチを入れていたり、イギリスらしさ満載です。




*イギリスのテレビ番組(特にCBeebies)は、番組の時間をコロコロ変えるので、お気に入りの番組がある場合はご注意ください。

CBeebiesはBBC iPlayerというネットで過去の放送を見ることが出来ます。お気に入りの番組を見逃してしまった時はよく使います。





最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/




こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



ある日、ロンドンでiPhoneを床に落とした娘がいました。
その後、写真を撮った母はびっくり!

IMG_4364

「カメラにひびが入っている!」(黒い線がひびです)

母はたいそう悲しみました。
なぜなら、そのiPhoneは渡英前に買い替えたばかりでまだ半年ほどしか使っていなかったからです。

Appleストアへ持っていくか、街の修理屋へ持っていくか母は悩みました。


夫に相談すると、
「どちらにせよ修理に時間がかかるんじゃない?」


異国の地でiPhoneなし生活など考えられない母は、ジャングル(Amazon)にある新しいiPhoneを探す旅へ出ました。






はい、急に昔話風にしてみたいと思って書いてみました。
茶番にお付き合いいただき、ありがとうございます。





そう、iPhoneを床に落としたらカメラのレンズが割れたんです。


最初はそのまま使おうかと思ったのですが、ネットで調べたら、ヒビからホコリや水が入って壊れる可能性があると書いてあったので、
修理するか、
新しいものを買うか、

考えてAmazonでiPhoneだけ買うことにしました。




だって修理の間、iPhoneなしなんてムリムリ!


しかもAppleストアにせよ、町の修理屋さんにせよ、カメラのひび割れなんて絶対時間かかる!
(そもそもスクリーンのひび割れとその他のひび割れは値段が違ったから、時間もかかるかなと思いました)


そして、どこで買うか。


実は、カメラが割れた次の日からイングランドのロックダウンが緩和されてエッセンシャル(生活必需品)以外のお店も開くことになっていました。


Appleストアも開くけど、絶対混んでる…。



そんな中、英語で店員さんとやりとりするの…?
あづきを連れて?(最悪、まことも連れて?)


はい、嫌です。ムリです。


なので大好きAmazonで見てみたら、あるあるiPhone。

しかも型落ちのものは安くなっている!


ということで、iPhone Xを買いました。
元の値段が£450くらいだったものが、£200くらいまで安くなっていて即決!

ポチった2日後に届きました。(それまではひび割れiPhoneに水やホコリが入らないように気をつけました)






自分でiPhoneを買うということは、
いつも携帯ショップの店員さんがやってくれている初期設定を自分でしなければならない。

その夜、覚悟して初期設定を始めました。


電源を入れて、言語選択したら、

FullSizeRender
​(出典:Appleホームページ https://support.apple.com/ja-jp/HT202033 )



こんな画面に!

今使っているiPhoneを近づけるだけで、サインインも設定も終わるの⁉︎


最高じゃん!






と思ったのですが、クイックスタート出来ませんでした。


キャリアアップデートしたりしたのですが、なぜか新しいiPhoneの容量が足りないと出る。
(今気づきましたが、前のiPhoneは124ギガで新しいiPhoneは64ギガのものだ!だから容量が足りなかったんだ!多分)


結局、手動で設定もろもろしました。



クイックスタートのゴタゴタも含めて2時間くらい?



しかも、iPhoneの最終バックアップが半年前になっていたのでロンドンへ来てから入れたアプリを全て入れ直す作業。(もしご自身でされる場合は、バックアップ確認した方が良いです!)



とりあえずすぐに必要になりそうなものだけパパッと再インストールしました。(スーパーのポイントカードアプリとか天気アプリとか)


ちなみにSIMは渡英時に自分で入れ替えていたので、問題なく新しいiPhoneへ移行出来ました。


渡英時の携帯の話はこちら↓




半年前のバックアップでしたが、意外と移行されていて嬉しかったのは、Google マップに入れた『行きたい場所』のピン!

ロンドンへ来てから使い始めて、ロックダウン中に行きたいお店をピン止めしていたんですよね。これがリセットされていたら、もう一回探すのは気が遠くなりそうなので、本当に移行されていてよかった。




自分で設定してiPhoneちゃんと使えるか不安でしたが、なんとかなってます。(このブログもiPhoneのアプリで書いているので、このブログがちゃんと投稿されているってことは多分大丈夫!)




自分で機種変してよかったなと思うことは、

  • 画面に触る前に保護フィルムを貼れる
  • 自分の好きなタイミングで機種変できる


これくらいですかね。
もちろん手間は手間ですが。




これ以上iPhoneを壊したくないので、チェーン付きのiPhoneケースを即買いました。
お友達がスマホを首から下げていて、いいなぁと思ったので真似っこです。

私、本当にすぐiPhone落とすんですよね。(なくすわけじゃなくて、落下させる)

ロンドンへ来てからの半年で3回はスクリーンの保護フィルム貼り直したと思います。
首から下げておけば落とす回数も減るかな…と。





余談ですが、iPhone Xにしたらフェイスロックができるようになってすごく快適です。家では。
外に出る時はマスク必須な今、外で使う時はちょっとだけ面倒に感じます。

でもおおむね満足!




イギリスへ来てから、謎のスキルがアップしていくのを感じます。
日本へ帰ったら必要ない気がすることばかりだけど、まあ出来ないよりは出来たほうが良いですかね!



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

このページのトップヘ