ロンドンでの子育てとか生活とか。

おかいつ大好き主婦あつこです。
夫ゆういちろうのイギリス赴任のため、
2020年9月から子ども2人を連れて家族4人でロンドンで暮らしています。
子どもは2016年生まれの長男まこと、
2019年生まれの長女あづきです。
ロンドン生活やロンドンでの育児について体験談やおすすめを書いていきたいと思います。
よろしくお願いします。

こんにちは。ロンドン在住あつこです。

ついに旅立ちました、ロンドンへ。
羽田空港から、ロンドンのヒースロー空港まで約12時間のフライト。
コロナのせいで直航便は朝11時発…到着は現地時間15時20分(日本時間23時20分)。
これは、到着する頃に眠くなる!どうする?お昼寝できるの?

機内で時間を潰せそうなものを詰め込めるだけ詰め込み、挑んだ12時間。
持ち込んだものは、iPad(Netflixで動画ダウンロード済)、絵本、ポータブルDVDプレーヤー、塗り絵、折り紙、めばえ最新号、新幹線シールブック。

出発当日、すでに1週間のホテル生活に疲れて機嫌が悪い長男まこと。出発前にトイレへ誘導してもなかなか行きません。念のためオムツを履かせておいたので、どうしてもの時はオムツにしてもらえばいいやと考えていた、これが甘かった!

国際線のため子ども向けアニメもたくさんあり、ご機嫌で見るまこと。
image
image

ところが、離陸5分頃にもじもじし出す!
トイレに行きたい、オムツにしたくないという息子。
しばらくはトイレに行けないからオムツにするよう説得する母。
なんとかオムツにするも、オムツじゃ吸いきれない量の尿!!
出発前に航空会社のサービスでもらった娘のオムツが手元にあったので、とりあえずそれを敷いてやり過ごす。
シートベルト装着解除と同時にトイレへ、ズボンだけでなく、肌着とロンTまで濡れている。なぜ…
離陸15分ですでにクタクタですよ。

とにかく景色は綺麗でした。
image

まだ離陸したばかりなのに、長くなってしまったので次に続きます。

続きはこちら



帯同するにもビザは必要!

イギリス赴任の話はあったものの、コロナのせいで出発が先送りになり、やっと会社のgoが出るも、ビザ申請〜届くまでに3週間もかかる!

ビザセンターは東京と大阪にしかないので近い方に行くしかないんですね。
会社によっては代理でやってくれるところもあるそう。私たちはすべて自分でとのこと…

まずはビザ申請センターHP
から申請し、申請代を払う。
オンラインで提出書類をアップデートし、予約をとった時間にビザセンターへ。

私たちは9時30分の予約時間しか取れず、しかも15分前には来館してと!
都内に住んでるとはいえ、9時15分の新橋なんて通勤ラッシュ真っ只中!!
子ども2人連れて、それはムリー。と行きだけタクシーを利用しました。

ビザセンターに着くと、空港の保安検査場並みに厳重な荷物チェックと金属チェック。
ビザセンター内は携帯の使用も、飲食も禁止なので、子どもの時間潰しグッズを持ってくればよかった…と後悔しました。

手続きは基本的に夫ゆういちろうが済ませ、私と子ども達はビザ用の写真を撮っただけだったな。この写真って証明写真提出じゃダメなの?と思いつつ、申請完了!

本来なら、ここから1週間ほどで届くはずのビザ。コロナのせいで3週間も待ちました!
業務縮小していなければ、3万円ほどで優先サービスもあるそうですね。これは3営業日ほどで届くとか。

ビザの受け取りはビザセンターに取りに行くか、レターパックで届くか選べました。
1日でも早く受け取りたかったので、レターパックを選びましたが、(ビザセンターは平日のみの受け取りで、郵便は土日も届けてくれるとふんで)結局16営業日で到着しました。

コロナによる業務縮小している中でのビザ申請。かなりやきもきはしましたが、なかなかない体験だったなーと思います。


ちなみにパスポートを作って半年後にビザを得た子どもたちは、パスポートの写真とビザの写真が全く違ってて、思いがけず良い成長記録になりました。

はじめまして。あつこです。

image



ロンドン赴任決定から3週間、バタバタと準備して、いよいよ出発前日になりました。

この3週間の流れとして、
ロンドン赴任決定
  ↓
ビザ申請(新型コロナウイルスによる縮小体制により、約3週間かかりました)
  ↓
航空券手配、引越し業者手配
  ↓
廃品回収業者手配
  ↓
各種解約手続き、引越し作業

を経て、現在ホテル生活をしています。

それぞれ詳しい話は後々書く予定です。

1週間のホテル生活で、すでにヘロヘロな我が家!明日のフライトはどうなるでしょうか⁉︎

それではいってきます

このページのトップヘ