こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



まことがPrimary schoolへ通い始めて1週間が経った頃、まことが帰ってくるなり「今日はね!サプライズがあるよ〜」と言って見せてくれたのが、こちら。

FullSizeRender

個人情報は隠しているのでわかりにくいですが、
誕生日パーティーの招待状!
(この時点で、親子共に友達と呼べる人はいません)

カードの隠している部分には、日時、会場、RSVPが書いてあります。RSVPとは、返事の期限や連絡先(◯日までに誰々に連絡してね!)のこと。
基本的に電話番号が書いてあるのですが、これから渡英される方へ、必須のアプリがこちら!

FullSizeRender

WhatsApp(ワッツアップ)です。
LINEと同じく、チャットや電話が出来ます。
イギリスでLINEを使っている人はほとんどいないらしく、このWhatsAppがメジャー。
子どもが学校へ通い始めると、保護者のグループが作られることが多いので、ダウンロードしておいた方が良いです。



誕生日パーティーの話に戻ります。

調べてみると、イギリスではレセプションクラス〜year 1.2(1.2年生)あたりまではクラス全員を招待する大規模な誕生日パーティーをするらしいのです。
確かに、これから7年間同級生として過ごす彼ら。
仲良くなるための良い機会だと思います。



で す が !

プレゼントは何を買えばいいの?
予算は?
パーティーには何を着ていけばいいの?
英語話せないのに大丈夫⁉︎

と疑問だらけ。



さっそく、先輩駐妻さん&お友達に教えてもらいました。

まとめると、
  • プレゼントは£10〜15くらい(おもちゃNGなど指定される場合もあるので従う)
  • ラッピングをしっかりする
  • バースデーカード必須
  • カードの封筒に大きく名前を書く
  • プレゼントにカードを貼りつけておく(参加者が多くて、誰からかわからなくなるから)
  • 服装は指定がなければなんでもOK
  • パーティーによっては子どもだけ参加でOK(その場合は招待状に書いてあるらしい)
と、いうことで用意したのはこちら!

FullSizeRender

右上から時計回りに、
  • プレゼント(自分で組み立てる車)約£12
  • 包装紙(お店では包装してくれないので自分でします)
  • バースデーカード(書いた後なので、封筒だけですみません)
  • ギフトバッグ


招待状が車モチーフだったので、車で固めました!
(仲良くなって、好きなものがわかればよいのですが、まだ招待してくれた子の顔もわからない状態だったので、招待状のモチーフにしました。女の子であれば、ユニコーンのものが人気だそうです)


自分でラッピングして、

FullSizeRender

プレゼントにカードを貼りつけます。(他の子もそのようにしていました)

FullSizeRender

準備が出来たら、いざ出発!

FullSizeRender


会場は、

  • ソフトプレイ(柔らかい遊具がある屋内施設)
  • 公園
  • 自宅
  • 教会
  • レストランのパーティールーム

あたりがあるそうなのですが、
まだ仲良くなりきっていない4〜5歳の子ども達。
今回の会場は、ソフトプレイでした。

FullSizeRender

ソフトプレイはこんな感じ。
床も壁も滑り台も全て柔らかくて、小さい子も安心。ボールプールもあります。

ソフトプレイはあちこちにあって、どこのソフトプレイもパーティープラン付きです。(相場は子ども1人当たり£20〜30、もしくは20〜30人で£500とか)




パーティープランがついているくらいなので、ちゃんとパーティースペースもあります。

FullSizeRender

これはケーキを食べる時。
すごく広いわけではなく、子ども30人くらいなら座れるかな。という広さ。(子ども達の周りに親が立っていて、談笑したり子どもの世話をしています)


 

この日は、ランチもついていて、ピザ、パスタ、ナゲット、フィッシュフィンガーから好きなものを選べました。受付の時点で、ランチの希望を聞かれて、食事に応じて色分けされたリストバンドをつけます。
その色をみて、店員さんが食事をサーブしてくれます。

FullSizeRender

まことはフィッシュフィンガーを選び、青いリストバンドをつけていました。

ジュースは各自で注ぐようになっていて、水、オレンジジュース、赤いジュース(おそらくカシス?)がありました。






時間は10〜12時の2時間。(どこのパーティープランを見ても、大抵2時間制でした)

当日の流れは

会場に着いたら、主役にプレゼントを渡す(プレゼント置き場があるので、そこへ置く)
※ソフトプレイだったので、当然主役はすでに遊んでおり、主役の母へプレゼントを渡して、招待してもらったお礼を言いました。
 ↓
1時間ほどソフトプレイで遊ぶ
 ↓
11時ごろ、館内アナウンスでランチの時間だと連絡があり、パーティースペースへ移動
 ↓
みんなでランチを食べる
 ↓
バースデーケーキ登場、みんなでバースデーソングを歌う
 ↓
デザートを食べる
 ↓
解散

です。これで2時間。
もちろん4〜5才の子ども達なので、ランチが終わったらすかさずソフトプレイで遊び、ケーキが来るから戻るように促され、デザートを食べた後もすかさずソフトプレイへ戻り、終わりの時間のアナウンスがされるまでたっぷり遊び倒しました。

いや、遊び倒したと書きましたが、まことは遊び倒してません!(え?)
緊張したのか、最初の1時間はずっと私から離れず、、、、全くソフトプレイで遊ばないので、話を聞いてみると
「あづきちゃんがいてほしい」

どうやら、まだ仲良くなれていないクラスメイトばかりで緊張&寂しくなったようです。
パーティー会場にはなっているものの、一般客も受け付けていて、この日は雨だったので他のお客さんもたくさんいました。
なので、すぐに夫に連絡し、来てもらうことに!(うちからバスで10分くらい)

あづきが到着する頃には、ランチタイムになってしまっていたのですが、ランチ後からは普段通り全力で遊び、気づけばクラスのお友達とも一緒に遊んでいました。(何度か声をかけてくれた子がいて、その子と遊んでいました。よかった!)



結局、ソフトプレイで遊んだ時間は20分ほどだったので、私はちゃっかり『このままもうちょっと遊ばせてもいいんじゃ、、?』なーんて考えましたが、
ちゃんと館内アナウンスで「バースデーパーティーは終わりです」と案内がされ、
主役に「お招きありがとう」を言いに行くと、
「受付でパーティーバッグをもらって帰ってね!」と言われ、『そんなに甘くはないよね!』といそいそ帰ってきました。


パーティーバッグとは、主役が招待客へ渡すプチギフト。

FullSizeRender

中身はシールや塗り絵やメモ帳など、ステーショナリーセットでした。

FullSizeRender

あと、バースデーケーキ!

FullSizeRender

中身を見た瞬間に、「えっ!これもらえるんだ⁉︎」とびっくりしました。
たしかに、バースデーケーキは出てきたのに、子ども達のデザートがアイスだったの不思議だったのですが、まさかのお持ち帰りでした。(生クリームでなく、アイシングだからこそ出来る技!)


最後に付き添いの大人の話

先輩からは、子どもだけ預けられると聞いてきましたが、まだ子ども達が小さいからか、親も付き添い必須のパーティーでした。

服装は、念のためキレイめスタイル(普段はジーパンにスニーカーだよ⭐︎)で行きましたが、親も子もみんな自由な服装でした!(なんなら主役のママもジーパンだった)
唯一、ソフトプレイだったので靴下必須だったくらいです。

子ども達がソフトプレイで遊んでいる間、親は見守りつつ他の親と話す時間。私自身もまだ友達がいなかったので、まことが離れられずにずっと私の側にいたのは、他のママのお喋りしなくても良い口実にはなりました。
でも、まことがソフトプレイへ入ってからは、まことを誘ってくれていたクラスメイトのママとお話したり、同じフラットに住んでいる子のママとお話したりして、なんとか私も楽しく過ごせました。(どうしても英語がわからない時は翻訳アプリ使用)


中には両親共に来ていたり、きょうだいを連れて来ていたりしている人もいて、最初からあづきを連れて行っても良いか確認しておけばよかったと後悔しています。(きょうだい分のランチは当然出ないので、シェアして食べていたり、食べない子からもったりしていました←自由だな)

子ども達がランチを食べている間、大人にもミニサンドイッチやミニエクレアなどのパーティーフードが振る舞われて、ちゃっかり一緒に食べます。(主役の両親がパーティーフードが乗ったお皿を運んで、『いかが?』と聞いて回ってくれます)



こんな感じで、日本でも友達との誕生日パーティーを経験せずに渡英したのですが、やっぱりイギリスのバースデーパーティーはザ!欧米!スタイルでした。


なんやかんやありましたが、親子共に楽しい時間を過ごせて、クラスメイト達とも打ち解けられたので貴重な良い時間だったと思います。





最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/