こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



先日、パリへ行ってきまして念願のユーロスターに乗りました。

FullSizeRender

ユーロスターはSt Pancras駅から乗ることができます。
私達、新幹線と同じ感覚で予約してしまい、朝8時13分発のチケットを買ったのですが、買ったチケットを確認したら90〜120分前には駅に着いているようにと案内が!

たしかによく考えたら、出国審査と入国審査があるので、空港の手続きと同じ流れなんですよね。そりゃ時間かかるわ。

ホームページに駅毎の何分前に着いていた方がよいか書いてあるのでチェック必須です。
https://www.eurostar.com/uk-en/travel-info/your-trip/check-in


なので、始発のチューブに乗ってセントパンクラス駅へ!

看板のInternational Trainsの案内に沿って進みます。

FullSizeRender

出発ゲートはこちら。

FullSizeRender

電車の出発時間によって、並ぶ列が異なります。




まずは保安検査。

FullSizeRender

完全に空港と一緒。


保安検査
 ↓
出国審査
 
ときて、ユーロスターならではなのが、この後
入国審査もあります。

一瞬、イギリスから出て10分ほどでフランスへ入国。
ちなみに90〜120分前に来るように言われていましたが、朝一だったためかそれぞれ10分ずつ待った程度で、30分ほどですべて終わりました。(ありがたい!)
土日などはやっぱり混むそうなので、早め早めの行動が良さそうです。

出国審査の前にワクチンパスポートのチェックがありました。





入国審査も終わると、あとはロビーで待つだけ。

FullSizeRender

ロビーはカフェや免税店がありました。
椅子ももちろんたくさんあるのですが、人も多いので前発の列車に乗る方達がホームへ行くまでは椅子に座れませんでした。




ユーロスターに乗るまでの手続き、待ち時間が長そうだったので子ども達が疲れないように(あと朝早かったので二度寝してもいいように)、こちらのカートを買ってみました。

IMG_7195

本来、キャンプなどで荷物を乗せて運ぶものなのですが、100kgまでOKなので我が家の合わせて36kg達も余裕で乗せられます。
これなら行列の中でも寝られるかなと。
タイヤが大きいので多少の段差も安定しているし、意外と小回りもききます。

結果的に、子ども達はパリに興奮して寝起き最高で起きてくれたし、手続きの待ち時間も短くて済んだのでほとんど使わずに済みましたが、ロビーの椅子が空いていない時も子ども達だけは座らせることが出来たのでよかったです。
(本当はパリディズニーにも持っていく予定でしたが、雨だったのでやめました。でもこのタイプのカートにお子さんを乗せて運んでいるご家族を何組か見かけました)

これだけおススメしましたが、本来子どもを乗せるための商品ではないので、使用は自己責任でお願いします。(立ちあがっちゃう子には危ないかと)




電車出発20分前になると、プラットフォーム番号が案内されます。
FullSizeRender
(写真、見にくくてすみません)


プラットフォームが決まると、みんなぞろぞろと向かいます。

FullSizeRender

ここは坂道になっているエスカレーターだったので大きな荷物も楽々でしたが、なかなか勾配がきつかったので娘を立っているのが大変そうで支え必須でした。




ホームで自分達が乗るコーチを探します。

FullSizeRender



座席は2列ずつ。時々、4人掛けのテーブル席があります。

FullSizeRender

日本の新幹線に比べると全体的に小さいですね。
イギリス国内を走る長距離電車の内部もこんな感じでした。



国を移動するだけあって、スーツケース置き場はかなり広くなっています。

FullSizeRender

座席の上の荷物置き場も日本の新幹線より少し広いかな?という印象でした。



ロンドンからパリまで2時間。最高速度は250km/hと日本の新幹線はやぶさと同じですね。

FullSizeRender


電車によって微妙に電光掲示板が違うのですが、こんな風にユーロスターについて書いてくれると親子共に楽しめてありがたいです。

FullSizeRender



パリに着いたら電車を降りるだけ。改札もありませんでした。(代わりに扉があって、乗客が全て降りたら閉まりました)

IMG_6491






行きはこんな感じで、かなりスムーズに行けたのですが、帰りに私がやらかします。



あつこ、大事なBRPカードをロンドンへ置いてくる( ゚д゚)


出発前日、スリ対策で荷物を最低限にしたかった私。
身分証明はパスポートを常に持ち歩くからBRPカードいらないよねー?って夫に相談したのに(しかも夫、うんって返事した)、帰国時のイギリスへの入国審査でBRPカード出してと言われ、焦る焦る。

必死に「BRPカードは持っているけど、ロンドンの家に置いてきてしまった」と英語で伝えると、は?みたいな顔されて「確認するから隅の椅子で待ってて」と言われる。



いやもう、これ本当にユーロスターに乗れないんじゃないかと本当にヒヤヒヤしました。(この時、電車出発40分前)

でも10分くらいで確認が終わり(どこに確認したのかは不明)、「今回はなしでもいいけど、次からは絶対持ち歩いてね」ということで無事ユーロスターに乗れました。

よかったーーーーー!!!!!!

多分、夫だけはBRPカード持っていたから早かったんだと思います。(子ども達のBRPカードも私が持っています)


皆さん、私みたいなことする方はいらっしゃらないとは思いますが、どこへ行く時でもBRPカードを肌身離さず持ち歩きましょう。




無事、イギリスに入国した後は免税手続きをしたのですが、BRPカードの件で動揺しすぎて機械の写真を撮り忘れました!


お店で買い物をして免税を受ける場合の手順としては、
  1. お店でお買い物
  2. 会計の時に免税したい旨を伝えて、免税書類を作成してもらう(パスポートとカードに返金する場合はクレジットカードが必要です)
  3. ユーロスターの入国手続き後、免税用の機械(PABLO)で免税書類についているバーコードをスキャンする。機械は言語を選択できて、日本語もありました。
  4. バーコードをスキャンして緑色になったら完了。カード返金の場合は、これで手続き終了です。
  5. 現金返金の場合は、書類と購入品を持ってカウンターへ行くようですが、詳しくは案内に沿ってください。(カード返金でも、購入したものはすぐ出せるように持っていた方が良さそう)


お店で免税の書類を作成してもらうのに5〜10分ほどかかりましたが(多分、店員さんがあまり慣れていなかったみたい)PABLOの機械は混んでいなかったので、とてもスムーズに手続き完了しました。

ちなみに2週間ほどで返金されました。




相変わらず何か起こる、私達の旅行ですがユーロスターの旅はかなり快適でした!

これから乗られる方の参考に少しでもなれば嬉しいです。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/