ロンドンでの子育てとか生活とか。

2021年05月

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。


みんな大好き動物園。

ロックダウンの規制が緩和され、営業が再開されたのでまこととあづきを連れて3人で行ってきました。


園内はこんな感じ↓(チケット購入時に送られてきたPDF)

FullSizeRender



ぱっと見そんなに広くなさそう。
One-wayなので人混みも少なそう。
でも子連れはルート選択が大事!

結果から言いますが、私のおすすめは
ブルールート
  ↓
ピンクルート
  ↓
オレンジルート

です。
私たちは初めて行った時、オレンジ→ブルー→ピンクと周ったのですが、結構無駄な歩きがあったりしたので、実際どんな感じだったか書いていきます。


まずはエントランス。

IMG_1408
入園して、まことがペンギンを見たいと言うので、まずはオレンジルートから行きました。

IMG_1443

地面にこんな感じで色別の矢印が書いてあるので、すっごくわかりやすい!
矢印の方向へ進むだけ。


そして着いたペンギンゾーン。

IMG_1433

ペンギンゾーン広い!
ペンギンもたくさんいて、上から横からいろんな角度から見れたのがよかった。

階段が椅子みたいになっていて(日本でいうアシカショーの座席みたいな)、たくさんの人が座れるので良い休憩スポットだと思います。




続いて、ライオンとゴリラが見たいと言うので、奥側にいるライオンをみるため、オレンジルートを制覇することにしました。





サクサク行きます。

ラマ(リャマ?)

FullSizeRender

ラクダ

FullSizeRender


ラクダの隣にchildren's zooが!

FullSizeRender

children's zooの中を進んでいくと!なんと!


playground!

IMG_1481

動物は一目見て満足してサクサク進むのに、プレイグラウンドだけはそうはいかない。
このゾーンに1番滞在しました。

IMG_1483

動物園なのに船?の複合遊具。
イギリスは複合遊具が凝っていて、子ども達は楽しいだろうなーと思います。

机もいくつかあるのでおやつを済ませました。
園内は芝生ゾーンもあったので、レジャーシートを持っていけばピクニックも出来ます。




その後、なんとかライオンへ誘い、

ミーアキャット

FullSizeRender

そしてライオン!

FullSizeRender

遠かったので、写真小さいな…。



至る所がおしゃれ。

IMG_1540

子どもたちを見つつ、おしゃれスポットの写真を必死に撮る母。





省略しましたが、この後昆虫ゾーンを経てペンギンゾーンまで戻り、オレンジルート終了です。



続いてゴリラを見るためにブルールートへ!

FullSizeRender

オレンジルートの終わりからブルールートの始まりへ行くまでに、入口までぐるっと周りました。
この歩きが結構辛い!
動物は見れないのに、なかなかな距離を歩かないといけないので、ブルールートから見始めるのが良いです。




ブルールートのメインはゴリラと虎。

IMG_1605 

かなり近くまで来てくれました。


亀を見て、

IMG_1625

ブルールート終了。


ブルールートの終わりは、エントランスの近くなのでそのままピンクルートへ向かいます。

IMG_1646

ピンクルートは道路を挟んで向かい側なので、トンネルを通ります。



本当はカバとキリンがいるはずなのですが、この日は屋内にいたのか見れず。(ロックダウンの関係で、屋内施設はまだ開いていませんでした)



何も見れなかったのに、ぐるぐる歩き回ったので
2回目のおやつ休憩をとりました。



気を取り直して、
ワオキツネザル。

FullSizeRender

まことは映画マダガスカルが好きなので、ワオキツネザルを見て、映画に出てくる歌を歌っていました。



そしてピンクルート終了。

IMG_1697

トンネルの中もおしゃれで歩いているだけでワクワクしました。








ピンクルートの帰りのトンネルを抜けた広場はカフェやお土産物屋さんや、机、カルーセル(なぜ?)などがあってのんびりできます。


お土産物屋さんはどれも可愛くて、テンション駄々上がりなのですが、疲れ切っていたので写真はありません。

買った物だけご紹介します。

かわいいーーーー♡

IMG_1724

飼育員さんのユニホームワンピース。£15。
あづき用に1〜2歳用サイズ。


シャツと半ズボンも。各£10。

IMG_1722

可愛い!
でもなぜか上下の色微妙に違う。



あと動物関係ないけど、世界地図。ちょうど欲しかったんです。£10。

IMG_1718

自分で作る地図。対象年齢5歳〜105歳って書いてあって思わず買ってしまった。



まことが「1つだけ買ってもいい?」と言うので、いいよと言ったら選んだこれ。

IMG_1712

水に3日くらい漬けたらペンギンが出てくる卵。
他にフラミンゴもありました。

動物園なだけあって、動物が出てくる絵本もたくさんあったし、ぬいぐるみもたくさんあって、お土産物屋さんだけで1時間は過ごせそう。



ハーフタームの時期にはイベントもやっているみたいなので、何度行っても楽しめますね。






最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/



こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



まことがナーサリーへ行き始めて4ヶ月。
ナーサリー内でコロナが出て、閉鎖したり自主隔離したり、わたわたしつつ慣れてきたので次のステップ、あづきもナーサリーへ入れる編!始めます。

FullSizeRender

(この写真だけ見ると、今にも自分でナーサリー行きそうな風格ある)
ほぼタイムリーに書くので、更新まちまちかと思いますがお付き合いください。





あづきのナーサリーを探す前に、近所のママさんや友達と話していて気づいたことがあるんです。


まことのナーサリー、月謝めちゃくちゃ高いな⁉︎

私立保育園だからだと思うのですが、お子さんが幼稚園へ通っているママさんと話して、月謝を言うと「1ヶ月でその値段⁉︎」と驚かれます。(いや、私も驚いてはいる)




そして、幼稚園は3歳以上しか入園出来ないと思っていましたが、2歳からも入れる園もあるらしい。


それは探さねば!


2回目だからお手の物ですよ。


まことがナーサリーへ通い始めるまでの一連のお話はこちら↓



今回、ナーサリーを探す際のポイントとしては、
  • まことのナーサリーより少しでも安い
  • 2歳になったばかりの9月から通うことができる
  • 9月からプライマリースクールへ通うまことの送迎もあるので、プライマリースクールにも近いこと

が条件です。


調べたところ、うちから徒歩圏内に幼稚園はありませんでした。全部、保育園だった。(そんなことある⁉︎)


しょうがない。まずは、まことの時に空きがなかった近所で唯一のOfstedの評価がOutstandingだったナーサリーへ連絡!
(近所のママ友さんから、数ヶ月前からwaitlistに入れておけば、タームが変わる9月から入れる可能性が高いと聞いておりました)


いや正直、もうここに入れるつもりでいましたよ。




相変わらずすぐ返信がくる。(そういうところも高評価)




『連絡ありがとう。waitlistに入れることは可能だけど、waitlistにもたくさんの人がいるわ。多分入園出来るのは2022年9月になるわね』






…………⁉︎




2022年⁉︎





今2021年5月ですが⁉︎





もう人気すぎますね。そういう園は子どもが産まれた瞬間からwaitlistに入れるそうな。

そんなん駐在組に勝ち目ないじゃん。






次に考えたのが、まことのプライマリースクールについているナーサリー。

同じ敷地内だから、送迎がめちゃくちゃ楽!



こちらもメールを送ったらすぐ返事がきました。(まことの時は1週間返事が来なかったのに⁉︎)

『入園したいならホームページのフォームから申し込んでね』



あれ?これいける?


ワクワクしつつホームページをもう一回見てみると、入園出来るの3歳からー/(^o^)\



はい、第一希望と第二希望がサクサクと消えました。(嬉しくない)



なんかもうまことと同じナーサリーになる予感。(多分フラグになるなこれ)




ちょっと心折れたのと、ほかに候補の園もないのでナーサリー探し一旦休憩!




また進んだら書きます。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。




配偶者の方が忙しくてワンオペ育児されている皆さん!おつかれさまでーす!





うちの夫も、
平日も土日もぜーーーーんぶ忙しい!
盆も正月もそんなの関係ねえ!

ほんとおっぱっぴーですよ。




渡英したばかりの頃は、「パパが忙しい時は近所の公園で遊んで、一緒にお出かけできる時にシティなど観光しよう」などと考えていました。


しかし、待てども待てどもそんな日が来ない!


さすがにキレた私は、子ども2人連れて出掛けてやる!と急に子ども2人連れてロンドンアイへ行きました。
IMG_2400
(ちなみにロンドンアイは大人£60くらいして、めちゃ高かった…。乗るのやめようと思ったけど、まことがルンルンしていたので乗りました。これから乗る方は船のチケットとか水族館のチケットとかと合わせたお得なチケットがおすすめです)


それからは基本的に、母1人子2人で出かけています。




ロンドンの特徴(日本との違い)と言えば、
  • リフト(エレベーター)がない駅が多い
  • エスカレーターはあるけど、立つ部分が狭いしスピードが速い
  • トイレがない(あっても有料な場合あり)
  • 自販機がない(急にお茶とか買えない)
  • 歩道は舗装が甘くて、ガタガタしている
という子連れにとって試練な街。(それは言い過ぎ)


イギリスの人はベビーカーを持ってくれたりして優しいという話を聞きますが、こういう風に設備が整っていないがゆえの助け合いのようです。
(そう思うと、東京は人は冷たいけどどの駅も大抵エレベーターあるしバリアフリーは進んでいる)

とは言え、毎回手伝ってくれる人がいるとは限らないし、そもそもロックダウンで人が少ないので自分の力だけでなんとかなるように準備して行きます。



事前準備

子連れのお出かけに便利なアプリたち。

とりあえずGoogleマップ!
と、


トイレを探すなら
Flush

FullSizeRender

現在位置から近くのトイレを教えてくれます。

子どもってトイレ行かないって言った2分後に「トイレ行きたい」とか言いますよね。必須。


iPhone
Android




オムツ替え出来るところを探すなら
Babychange

FullSizeRender

flushはトイレだけなので、併用しています。
ロンドンはオムツ替え出来るところが本当に少ない!
公園に多目的トイレがあるのはレア。駅のトイレにもあったりなかったり。(そもそもトイレがない駅もあります)

これはアプリ利用者の口コミ投稿なので、すべてが網羅されているわけではないのですが、ないと困る!

iPhone
Android

ごめんなさい。なぜか見つかりませんでした。




地下鉄を調べるなら
Tube Map

FullSizeRender

地下鉄の路線図、乗り換えや駅情報を調べられます。

駅情報はこんな感じで、
FullSizeRender

ベビーカーや車椅子で改札からホームへ行けるか書いてあります。
トラファルガー広場の最寄駅、Charing Cross駅はリフト(エレベーター)がないどころか20段の階段があります。

慣れるまではリフトがある駅から行ける範囲内で行動するとか、リフトないなら抱っこ紐も持って行こうとか考えられますね。


iPhone
Android





バスの乗り換えなら
Bus Checker

FullSizeRender

バスもたくさん走っているロンドン。
電車と違って段差はないからベビーカーだけで行けるし、電車より運賃が安い。


FullSizeRender

バス停を選択すると、乗りたいバスがあと何分で到着するか出ます。これありがたい!

あとロンドンのバスの好きなところ。
バスの路線がすべて番号になっているところ!
行きに乗ったバスと同じ番号になれば、ちゃんと帰れます。


iPhone
Android



天気予報はこの3つを併用しています。

FullSizeRender

(リンク貼るの疲れたので略)
Weather Bugは10日間の予報が見れるのと、アメダスが見れるのでお気に入りです。

3つも使っているのは、3つとも予報がバラバラなので予定がある日は全部を見比べて、更に自分でも予報を立てます。




使っているカバン

マザーズバッグはリュック派。
息子を産んでから4年半、まさかの四代目マザーズバッグです。(なんでも詰め込むから、すぐチャックを壊してしまう)

FullSizeRender
マリメッコのリュックは、口が大きく開くところとサイドポケットがたくさんついているところがお気に入りです。



ボディバッグは、MOZ。
FullSizeRender

近所の公園へ行く時は、リュックは置いていくので大きめボディバッグを使用。
サイドポケットがたくさんあるところと、雨で多少濡れても大丈夫なところが好き。





イギリスは可愛いエコバッグが多いのが嬉しいです。
これはMarks&Spencerのエコバッグ。£4。
FullSizeRender

マチがついているので、自立してくれるのがいい。大きめのレジャーシートも余裕で入ります。
ピクニックの時は基本、このエコバッグに入るだけ入れています。



育児グッズ

抱っこ紐はエルゴ360
渡英3日目に買ったあれです。



ヒップシートはbebeamur。

FullSizeRender

背当て部分は付け外しできるので、抱っこ紐としてもヒップシートとしても使えます。

20kgまでOKなところが気に入っています。



バギーはgbのポキット(型は忘れました)
IMG_2398

コンパクトに折り畳めて(飛行機の機内持ち込みOK)、重さ約5kg。
階段しかない駅でも、あづきを抱っこしながら待てなくはない重さ。
あまり舗装されていないイギリスの歩道でもなんとか使えています。(でもその分寿命も早そう)

しかも20kgまでOK.








これらを行き先によって組み合わせるのですが、ざっくり3つに分けてみました。

近所のお出かけ編

主に、徒歩圏の公園へ行くとき。
これは軽装です

  • ボディバッグ+首からスマホ下げる(基本セット)
  • ベビーカーにお砂場セットやシャボン玉など、公園遊びセットを乗せる
  • 水筒(中身は麦茶)
  • おやつ(時間帯による)
着替えは基本持っていきません。汚れたら帰る。



遠出(電車)編

電車で駅にリフトがない、なんなら階段しかない場合です。(National history museumの最寄駅サウスケンジントンや、トラファルガー広場の最寄駅チャリングクロスなど)

FullSizeRender

出先で何をするかによりますが、抱っこ紐だけで行くこともあります。(ベビーカーを持って階段を登るのが面倒くさいから)
  • 基本セット(ボディバッグ+首からスマホ下げる)
  • 基本は抱っこ紐だけど、プレイグラウンドや博物館など、歩かせたり抱っこしたりを頻繁に繰り返す時はヒップシートの場合もあり
  • 抱っこ紐の場合、母のコートは薄手ロングダウンかユニクロのダウンベスト+ポケッタブルパーカー
  • リュック(中身は子ども達の着替え1セットずつ、水筒×2、おやつ、お尻拭き【手口用】、ゴミ袋、タオル、ティッシュ)


遠出(バス)編

バスは乗り降りの際に一瞬持ち上げる必要はありますが、基本ベビーカーだけで行けます。
荷物は、
  • 基本セット(ボディバッグ+首からスマホ下げる)
  • ベビーカーに公園セットか抱っこ紐(両方の場合もあり。抱っこ紐は腰につけたまま歩きがち)
  • リュック(中身は子ども達の着替え1セットずつ、水筒×2、おやつ、お尻拭き【手口用】、ゴミ袋、タオル、ティッシュ)
  • ピクニックの場合、M&Sのエコバッグにレジャーシートやお弁当などを入れる






私と夫はせっかちなのでサクサク歩きたくて、エレベーターを探してあちこち歩き回るより、目の前の階段を使っちゃうタイプ。
なのでベビーカーよりも抱っこ紐を選びがちです。(そもそもベビーカー自体、まことが8ヶ月になるくらいまで買っていませんでした…)

子どもが1人なら体力勝負でなんとかなっていましたが、2人いると無理。
2人の安全を確保しつつ、余計な体力消耗は避けたい。
ということで、事前にいろいろ考えて、プランBも準備して、とかしつつお出かけを楽しんでいます。
(そもそもプランや準備をすること、考えることが好きなので)



以上が私のワンオペ時に準備していることでした。


参考になりますか…?
ロックダウンの規制も緩和されてきたので、引き続きお出かけを楽しみたいと思います。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/




こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



『イギリスには花粉症はない』って話聞いたことありますか?

私はあります。


「芝だらけだから芝花粉はあるけど3年くらい住んで症状が出るから、日本で花粉症の人は最初の1.2年は快適だよ」と聞いて、アレルギー持ちの私はルンルンで来たわけですよ。(日本では、年明けすぐ〜GW明けまでずっと花粉症でマスクや薬が手放せない)



そして、迎えたイギリスで初めての春。





いや、鼻水止まりませんけど⁉︎
喉の奥も痒いし、(花粉症でこの症状出る)



これ100%花粉症!


英語で花粉症はHay feverと言うそうです。

NHSのhay feverのページはこちら↓

イギリスの花粉症の原因となる植物は、

ハシバミ、イチイ、ハンノキ、ニレ、柳、ポプラ、樺の木、セイヨウトネリコ、スズカケノキ、オーク、松、ライム、芝、ヨモギ、イラクサ、アブラナ、オオバコ

えっ⁉︎多くない?





花粉の多さにげんなりしつつ、


花粉症の薬もらいにいかなきゃ。でもGP行きたくないなぁ…
と思っていると、友達に

「ファーマシーで買えるよ!」と教えてもらいました。



しかも、薬剤師さんや店員さんに話しかける必要もなく、普通に棚に並んでいるそう。(そういうこと考えるからいつまで経っても英語が上達しないの)


お馴染みTESCOのファーマシーで買ってきました。(TESCOの大型店舗にはファーマシーが入っている店舗があります)

FullSizeRender

セチリジンとロラタジン。

イギリスの花粉症の薬といえば、この2つだそうです。どちらも1日1錠で良いのが嬉しい。
セチリジンは日本ではセチリジンもしくはジルテックという名前で、ロラタジンはクラリチンという名前で売られています。


どちらか一方を飲んでみて、効かなければもう片方を試すそうです。

私はどちらも効果は感じましたが、どちらも眠気が出たので寝る前に飲んでいます。










鼻スプレーも買いました。

FullSizeRender

子どもにもOKなもの。


Sea waterって書いてあるから、しみるんじゃないかとドキドキしながらスプレーしましたが、大丈夫でした!
海水ではなく、生理食塩水みたいです。(Sea waterではなくないか?)


まことも鼻詰まりやすいので、寝る前にシュッとしたらスッキリしたらしく、嫌がらずにスプレーさせてくれます。




他にも花粉症用の目薬も売られていました。


日本では一回毎に分かれている目薬を使っていたのですが、イギリスでは見つけられませんでした。(もしあったら教えてください)






他に、NHSのホームページで花粉症に有効だとされている対処法は、
  • 鼻孔にワセリンを塗る(花粉が鼻に入るのを防いでくれるそう)
  • サングラスをかける
  • 外から帰ってきたら、シャワーを浴びたり服を着替える(あれ?これコロナ対策?)
  • 出来るだけ屋内にいる(え?コロナ対策?)
  • 窓やドアを可能な限り閉めておく(これはコロナ対策と真逆か)
  • 定期的な掃除(服も)
  • 車用の花粉フィルターを購入する


だそうです。

鼻にワセリンを塗るのは、聞いたことあります!
そもそも良く鼻をかむから、ティッシュで荒れてカサカサになってしまっているので、保湿も出来て花粉が入ってくれるのも防ぐなんて最高。(どうせマスクしているからわからないし)

途中、コロナ対策か花粉対策かわからなくなりましたが出来そうなこともちらほら。



イギリスではサングラスかけている人たくさんいます!
公園など長時間屋外で過ごす時は、私はマスク+帽子なのですが、イギリスママたちはサングラスオンリーの方多いです。

サングラスもしたいけど、帽子+サングラス+マスクって完全不審者ですよね…。

やっぱり帽子+マスクかな。




最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



日本で食べ慣れた調味料が手に入るとはいえ、やっぱり割高!
そんな中、イギリスで簡単に手に入るもので日本の調味料の代用にならないか調べてみたら、結構いろいろありました。

実際に使ってみて、代用してよかったものを紹介します。


みりん

みりんは高い&現地スーパーではなかなか手に入らない代表。

そんなみりんの代わりに使えるのが、

FullSizeRender

リンゴジュース!


え、まさか?って感じですよね。

私、YouTubeの『マッスルグリル』をよく見るのですが、マッスルグリルに出てくるシャイニー薊さん、ボディビルダーであり服部調理専門学校卒という経歴をお持ちで、かなり料理の参考になります。

薊さんがよくリンゴジュースを使っていて、みりんの代わりになるそうなので、実際に使ってみたら美味しい!


しかも、みりんと違ってアルコールを飛ばす必要もないから子どもの料理にも使いやすい。

1リットル£1〜2で買える。これ本当に良いです。(ロンドンで本みりんを買うとしたら1リットル£13くらいします)



今日のブログのメインは、このみりんの話です。
(あと最後にもう一つ、かなりオススメのものあります)





料理酒

料理酒なんて現地スーパーでは手に入りません。そもそも清酒がない。
料理酒の代用は、

FullSizeRender

まあワインですね。
ここは流してください。私はいつも£3〜4とかの安いワインで作っていますが、特に何も気になりません。

ワインお好きな方は、普段飲まれるワインでも良いですね。






コンソメ

クノールのスープストック的なものはどのスーパーでも売っていますが、味がイギリスナイズドされていて日本のコンソメではない!


でもこれ!

IMG_0866

DSEMのCONSOMMEは、限りなく日本のコンソメ!
400gも入っていて、£3でした。

なかなか現地スーパーでも見かけないのですが、Ocadoで売られているのを発見しました。




鶏がらスープの素

鶏がらスープの素も同じくDSEMのもの。

FullSizeRender

渡英したばかりの頃、これを見つけた時は感動しました。鶏がらスープの素はこの他にも、中華系スーパーや韓国スーパーでも手に入るようです。




片栗粉

片栗粉も現地スーパーで見かけたことはありません。

でも、ほぼ同じもの。

IMG_0844

コーンスターチ!(英語ではcornflourというそうです)
コーンスターチの方が、低温料理でもとろみが保たれるそうです。これならスーパーの製菓コーナーで簡単に手に入ります。
確かこれで£1くらいでした。




パン粉

パン粉も現地スーパーではなかなか見かけず、日系スーパーで買うことが多いのですが、これは限りなくパン粉!

FullSizeRender

既に煎ってあるようなカリカリの食感ですが、揚げ物の衣にするには十分です。

ウスターソース

これはインスタのフォロイーさん(最近覚えた言葉だから使いたがり)に教えてもらったもの!

sweet pickle

FullSizeRender

名前の通り、野菜の酢漬けなのですが甘い!


ウスターソースってイギリスが発祥だそうで、HPソースというソースが元祖らしいのですが、これがまぁ酸っぱい!

これでデミグラスソースを作ろうもんなら、子ども達ハンバーグ残します。(なんならケチャップも酸っぱいので、酸味がエグいことになる)


そこで、この甘いソース!

これでデミグラスソースを作ると(ケチャップ少なめ)、甘くて美味しい!
なんなら日本で作っていた時より美味しい。

オムライスのチキンライスも、このスイートピクルで味つけています。




イギリスの調味料でなかなか日本人の舌に合うものは多くありませんが、意外と工夫次第でどうにでもなることがわかってきました。


今回、紹介した調味料は基本的にソースコーナーに置いてあります。

オススメの調味料があったら、ぜひ教えてください。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

このページのトップヘ