ロンドンでの子育てとか生活とか。

2021年06月

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。





家族でのんびり過ごしていた昼下がり。



パパも休憩時間で、家族4人で寝室で遊んでいました。

テンションが上がった子どもたちが寝室のドアを力強く閉めて、開けようとしたら、

開かない!

ちょうどこの日は雨で、雨の日は木が膨張してぴったりはまり込んでしまったみたいなんです。

でもドアを開けるしかないので、力ずくでドアノブを引っ張ったら、、、


IMG_5728


ドアノブが抜けたー!

引いて開けるタイプだから、出られない!




不幸中の幸いだったのは、大人が2人いたのでそこまでテンパらずに対処できたこと。

どうしても開けられなさそうということがわかったので、夫が管理会社(うちはたまたまフラットの日系不動産屋さんが管理もしてくれています)に連絡している間、私は子ども達がパニックにならないよう動画を見せて気を逸らす。


もう一つ、おやつを食べたばかりだったので多少籠城することになってもしのげるな、と考えていました。(オムツも数枚はあったので、最悪トイレもどうにかなるなと)






管理会社の方が家まで来てドアを押し開けてくれることになるのですが、

そうはうまくいかない!

防犯として玄関のドアはチェーンがかかっていたのと、オートロックの鍵も更に内側からロックをかけて外から錠を回せないようにしていました。
防犯が完璧すぎる!誰も入れない!(それをしたのは、私)




管理会社の方に、「鍵屋を呼ぶので一旦会社へ戻る。どうにかドアをこじ開けられないか?」と言われ、



今まで極力ドアを壊さないように開ける方法を試みていましたが、ドアを壊してでも自力で出られるなら、その方が良い!
(だって寝室のドアはすでに壊れているし、更に玄関のドアまで壊されたら辛い)


そこから部屋中のものを使って脱出作戦!

金属ハンガーをドアの隙間に入れて引っ張ってみたり、(ハンガーが壊れた)

パーカーの紐を外して、ドアの向こう側へ通そうとしたり、(これは反対側に人がいないと無理でした)



なーんて画策していると、ドアの下にギリギリ手を入れられる隙間を発見!


建て付けの悪さで閉じ込められましたが、建て付けの悪さが幸いしました。


ドアのラッチ(ドアノブを動かすと連動して動く、ドアの中にある、あれ)だけは残っていたので、ハンガーを食い込ませてラッチを押さえつつ、夫と力ずくで引っ張ると、、、




開いたーーーー!!!!


その拍子にドアは割れましたが、もうそんなこと全然良い!




家族で一致団結した話でした。





閉じ込め事件から10日後、ドアも無事直りました。(と言っても、ドアノブをはめ直しただけのようなので、また閉じ込められるリスクはありますが、、、)




インスタのストーリーにこの話を投稿したら、
同じ体験をされた方がそれなりにいてびっくりしました。
なかには入居した初日に閉じ込められた方も!

今回の教訓としては、

  • 家族で同じ部屋にいないようにする
  • ドアをきつく閉めない
  • よく換気して湿度を少しでも下げる
  • 家の中でも常にスマホを携帯する


です。
小さい子どもがいなければ、家中のドアは常に半開きで良さそうですね。



皆様もお気をつけください。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/






こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



先月、家族みんな胃腸風邪を引いていました。


あづきから始まり(ナーサリーに行っているわけでもないのに、なぜ)→夫→私→まことの順で。


幸いにも、全員発熱はせず下痢だけだったので家で様子を見ていました。
最後にかかったまことだけ下痢が1週間以上続いたので念のため日系病院で診てもらうことにしました。


コロナで不要な診察が絞られるなか、朝一で電話したらその日の夕方の枠が空いていました。




そして来ました。

ロンドン医療センター

IMG_8117

予約から問診表、診察、会計まですべて日本語でできるのがありがたい!予防接種も含めて、何度お世話になったことか。


コロナのため、時間厳守なので早く着きすぎても入れないと念を押されたので5分前くらいに着くように向かいました。

問診表を記入し、診察。

下痢が続いていること、娘から始まっていること、娘がどこからもらってきたのか心当たりなど話しました。(ナーサリーに行っていないのに、娘はどこからもらってきたのか…。消去法的に公園しかないですが)



5分ほどの診察で、胃腸風邪かウイルスによる胃腸炎のどちらかだろうということで、便の検査をすることになりました。


『えっ、便が出るまで病院にいなきゃいけないの⁉︎』
と一瞬焦りましたが、自宅で採取して病院に持っていくパターンでした。(よかった!)

この時、疾病での受診が初めてで海外保険のために医師の診断書が必要。

医師に聞くと『検査の結果を見て書きます』とお返事。

胃腸風邪でも胃腸炎でも、人にうつすリスクは少ないためナーサリーは通常通り通ってよいと。(助かった!)



はい、ここで1回目のお会計。

診察だけで、£168!(約25,000円)白目。


はい、高い高い。
(我が家の保険は、うちから1番近い日系病院で直接払いできないのです。だから医師の診断書も必要)









翌日、検便を提出



その翌日、病院から電話がくる

(あれ?検査結果出るのに1週間くらいかかると聞いていたけど、まさかもう出たのかな?)

と思っていたら事務の方からの電話で、

「昨日の検査代、£600になります。なのでカード番号を教えてください」



えっ⁉︎£600!(約90,000円)

これ保険おりなかったら旅行1回分なくなる。




なーんてヒヤヒヤしながら1週間待っていたら、手紙が届いた。
検査結果の手紙が届いた。


いや、診断書入ってないよー!!!!先生!

(ちなみに検査の結果、菌は出なかったので、胃腸風邪で確定です)





急いで病院に電話。


事務の方に事情を説明し、診断書を書いてもらえるようお願いしました。
ちなみに保険の申請用の専用の紙があったので、PDF化して病院へメールで送り、その紙に記入してもらいました。(さすが日系病院、PDFを受けとりましたというメールがすぐ帰ってきた。こういうところはやっぱり日本が好き。)


診断書、1枚£40。(もう感覚が麻痺してくる)



1週間ほどで診断書が届いたので、保険会社へ申請。







そして、ここまでのバタバタの申請、直接払いできる病院を受診していればぜーんぶ不要なんですよ!!!



直接払いできる日系病院は遠いので避けていましたが、受診後がこんなに面倒なら次から直接払いできる病院を受診しようか迷っています。(そもそもできるだけ病院受診したくないけど。)





はい、おつかれさまでした。



海外保険ですが、民間保険に入らずNHSだけでやっている人もいますし(オール英語だけど無料だから)、家庭によります。
我が家は子ども達の受診で連れて行くのが私のことが多いので、加入しています。

NHSのGPは無料とはいえ、受診できなかったり、受診できても様子見されてしまったり、良い噂を聞かないこともあるので、悩みますね。
我が家は予防接種のみGPにお世話になりましたが、無駄が一切なく、サクサクっと終わった印象です。

海外保険自体は、どこがいいとなおすすめはないのですが(そもそも選んだのも夫だし)、保険によっては子どもの歯の定期チェックも保険対象になっているそうなのでよーく確認した方が良さそうです。
(NHSの歯医者では子どもの歯のチェックアップは無料ですが、日系歯医者はもちろん自費。チェックだけで£80〜90はかかります)




おすすめの海外保険があったら、むしろ教えてください。


最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/


こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



普段のお出かけは電車、バスに乗りまくっている我が家ですが、先日ついに三つ目の公共交通機関、船に乗ってきました。



ロンドンアイの対岸にあるEmbankment Pierからグリニッジ子午線のある、Greenwich Pierまで30分ほどの船の旅です。


エンバクメント駅の目の前にあるエンバクメント埠頭。

FullSizeRender

バスや電車と同じマークで、ブルーなのはやっぱり水をイメージしているんですかね。

FullSizeRender

あづきはベビーカーに乗って行きました。(少しだけ階段がある部分もありましたが、基本的にスロープがあります)


船は約20分ごとに出発しており、乗りたい時間の前に並びます。(予約するわけではありません)

FullSizeRender

5分ほど待つと、



船が見えてきました!

FullSizeRender

小さい写真しかないのですが、
Uber boatって笑

Uberはボートにまで進出しているのかと思いつつ乗ります。



乗り方は、電車と一緒でオイスターカードを乗降車時にタッチするだけ。(乗船時、降船時どちらの時もタッチが必要です)

FullSizeRender

観光客の方はチケットを埠頭前のチケット売り場で買うようです。
EmbankmentからGreenwichまでは片道£8.2(約1200円)でした。なかなかのお値段。



船内は屋外の席と屋外の席があり、
屋内はこんな感じ。右側にあるのは売店。飲み物やスナックが売られていました。

IMG_5617

想像以上に座席が多いです。
基本的に3人席でしたが、中央部にテーブル付きの6人席も4つほどありました。
帰りの船はテーブル席が空いていたので座りましたが、おやつなど食べさせやすく快適でした。


屋内席の後ろ側にトイレもあり、トイレ前のスペースにベビーカーを置くことができます。





FullSizeRender

両端の席は天井も窓になっているので、橋の下を通る時よく見えます。

3人席も折りたたみテーブルがありました。(新幹線を思い出す)

IMG_5147

屋外の席はこんな感じ。

IMG_5641

この日は暑かったので、風が通る屋外席が人気でした。(屋内席は蒸し暑かった…)

屋内外合わせてかなりの座席数だったので、埠頭で行列になっていても行きも帰りも座ることが出来ました。

びっくりしたのは、自転車持ち込みOkなこと!

本当にバスや電車と同じなんだねーと夫と話していました。




船で通勤する人もいるらしく、公共交通機関としての役割も果たしているそうです。








エンバクメントからグリニッジまでは、シティの中を通るのでついでに観光もできます。

メインはやっぱりタワーブリッジ!

FullSizeRender

下から見上げるなんて、滅多に出来ないのでこれだけのために船に乗ってもいいかも!

FullSizeRender

エンバクメントから30分ほどでグリニッジ埠頭へ到着。

FullSizeRender

移動しながら観光もできるし、子どもたちは滅多に乗れない船に乗れて楽しそうだし、一石三鳥くらいしたお得な船の時間でした。(お値段だけお得じゃない)

日本からお友達や家族が遊びに来てくれたら、案内したい場所の一つになりました。(コロナのせいで果たしてそんな日が来るのか…?)


バスの話はこちら↓

地下鉄、オイスターカードの話はこちら↓





最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。




日本でも話題のコロナのワクチン。


イギリスの方が接種が進んでいるということで、先日1回目のワクチンを接種してきました。


FullSizeRender


1人で。(今思えば、夫についてきてもらえばよかったかな、とも思う)




ワクチン接種までの流れは、

対象年齢になると、NHSから予約を取るよう手紙が届きます。(GPによってはショートメールが届く場合もあります)
  ↓
ホームページで予約を取る(2回分の予約をとります)
  ↓
当日、会場へ行く


NHSのホームページからだと2回分の予約が取れますが、GPからのショートメールで予約すると1回目はGPで接種、2回目の予約が取れるわけではないみたいです。




次に、接種当日の流れ(接種会場によって異なるみたいです)

私の接種会場は大きなスタジアムでした。



まず、受付の前の受付の列に並ぶ。(謎)
名前と予約番号、NHS番号を持っているか聞かれました。



そこから受付の列に並ぶ。


受付に着くまでに25分くらい待ちました。(長!)


まず誕生日を聞かれました。
GPでもそうだけど、名前より先に誕生日聞かれるの慣れないし、イギリスあるあるだと思う。


次に名前、

NHS番号を聞かれた…⁉︎


NHS番号、必要なの⁉︎(ちなみにワクチンの予約時にNHS番号は入力してあります)

1週間前に接種した夫は聞かれなかったそうなので、NHS番号が書かれたものは持っておらず、夫も不在の日だったので電話で聞くことも出来ず。

『まさか接種出来ないの⁉︎ここまで待ったのにー(いや自分のせい)』
と思いましたが、名前で検索してくれました。優しい。


住所と緊急連絡先(夫の名前、電話番号、関係)を話してOKが出ました。(よかった!)




次に問診の列に並びます。(列多くない⁉︎もっとまとめられるんじゃない⁉︎)


誕生日、名前を言います。(名前も聞き取ってもらえず、スマホに打ち込んでみせる)

次にまたNHS番号!
「ごめん、忘れた…」と言うと、再び検索してくれる。(それでOKだったみたい)


そして問診。

「〜〜〜〜 blood clot?」と聞かれてさっそくパニくる。

blood?血?血液型?いやそれはblood typeか。しかも血液型関係ないよね。
とぐるぐる悩むもわからないので、翻訳アプリに話してもらうことに。

FullSizeRender

あっ!血栓!

アストラセネガで血栓できやすいっていうもんね!

わかった瞬間に「No! Never!」(わかった途端にペラペラ喋りだす女)


それからアレルギーや既往歴の有無、妊娠していないかを確認をされました。



問診だけですでにクタクタ。
なんで英語全然できないくせに1人で来たんだろう。

見ていると、通訳として友人らしき人を連れているかたもいました。




問診が終わったら、接種ブースへ移動

接種ブースで四度目の誕生日を聞かれる。(もうお祝いして)
最後に利き手を聞かれて、利き手と反対の手に接種されました。

サクッ。全然痛くなーい!

接種ブースには1分もいませんでした。早!



ここで時計を確認すると、会場へ着いたから50分も経っている!(どんだけー)


ちなみにファイザー製のワクチンでした。

IMG_4644




そこから経過観察15分

時間になったら、看護師さん?に体調の変化がないことを申告して終了。



トータルで1時間10分かかりました!






夫は近所の薬局で接種したのですが、1時間もかからずに終わっていました。
しかも夫は1回もNHS番号聞かれなかったそうです。(だから私も把握せずに行ってしまいました…)




注射した腕は、接種後4時間後くらいから動かすと痛いかなーという痛みがあり、その日の夜は腕を下にして眠れませんでした。


接種後48時間経って、全く痛みはありません。

運動など普段と変わらない生活を送っています。



1回だけの接種でも一定の効果があるそうなので、ワクチン接種出来てとりあえずほっとしています。



場所によって対応が違うようなので参考になるかわかりませんが、私の場合はこのような流れでした。




最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



親なら気になる、子どものおやつ。
甘いものなら砂糖が気になるし、
しょっぱいものは塩分が気になる。
合成着色料とか、人工甘味料とか、余計なものは無い方がよい!

などなど、気になり出すときりがないのですが、


実際、私が子どもたちにどんなおやつを食べさせているかと言うと、


8割くらいは市販のお菓子です!(ドーン!)




ですが、ベビー向けのお菓子!

これが意外と3〜4歳でも美味しく食べられるんです。

スーパーの大型店舗、もしくはドラッグストアに離乳食コーナーがあります。
そこに並んでいるベビー向けお菓子は種類が豊富で、味もおいしいものが多い。

ベビー向けなので、もちろん砂糖は入っていないし、香料や着色料もなし!


近くの大型TESCOのベビー向けお菓子コーナーはこんな感じ。

FullSizeRender
この棚から、好みのものを選べば大丈夫ってすごい安心感。





いろいろ食べてみたなかで、うちの常備お菓子をご紹介します。


まずはOrganixのオーツバー。

https://www.organix.com
FullSizeRender

あづきが大好きでよく食べます。
野菜が入っているのが最高。

Organixはどれを食べても美味しくて、ビスケットやパフのシリーズもよく食べます。



KIDDYLICIOUSのベジストロー

https://kiddylicious.com

FullSizeRender

これはみんな大好き!
口の中で溶けるから食べやすいし、野菜で出来ている。グルテンフリー、乳製品フリーなのでお友達にも配りやすいです。

左がノーマルの野菜味で、右側がチーズ味です。
野菜味の方は、薄めのサッポロポテトの味がします。大人が食べても美味しい!


ケチャップでお馴染み、Heinzのビスコッティ

https://www.heinzbaby.co.uk


FullSizeRender

これはちょこちょこ食べさせるのに便利。
バスや電車などで、どーーーうしてもぐずる時に食べさせています。
イギリスの電車、バス内で食べ物食べてる人結構多くて(大人でも。たまにマック食べてる人います)子どもにも与えやすい(精神的に)のが助かります。

一袋が小さいので、バッグに忍ばせておけます。


fruitbowlのflakesシリーズ

https://www.fruit-bowl.com
FullSizeRender

ドライフルーツにヨーグルトコーティングされているこのお菓子。
先程のハインツのビスコッティ同様、時間稼ぎしたい時に大活躍してくれます。

まこともあづきも、ドライフルーツだけだと嫌がるのですが、ヨーグルトコーティングされているだけでパクパク食べる!
(これだけはちょっと砂糖入っているんですけどね。量が多くないからまぁいいか)




飲み物は

Ella's kitchenのシリーズ。

https://www.ellaskitchen.co.uk/#

FullSizeRender

あづきのお気に入りはred oneと言う、赤いフルーツが入っているものですが、他にもpink oneやpurple oneもあります。
イギリスの子ども達、離乳食もパウチタイプのものをゴクゴク飲んでいます。可愛い。



まことのお気に入りは

innocent smoothieシリーズ

https://www.innocentdrinks.co.uk/home
FullSizeRender

これは本当に美味しい!

公園でもよく見かけます。大人気。
果物だけのタイプや、野菜も入っているwith vegシリーズもあります。
美味しいのに砂糖不使用です。




Organix, KIDDYLICIOUS, Heinz, Ella's kitchenは離乳食コーナーに売られているので、お子さんの離乳食が完了していてもぜひ離乳食コーナーはチェックしてみてください。





あと欧米といえば、おやつに果物。

まだ、りんご丸齧りしている人は見かけたことはありませんが、カフェなどで売られているkids mealの中を見るとりんごが入っている率高いです。
イギリスのりんごはとても小さくて、子どもでも丸ごと食べられるくらいの大きさです。


他にも、レーズンを食べている人が多い!


レーズンはこんな小さな箱に入っています。

FullSizeRender

子ども達の好きなキャラだと馴染みやすいですよね。

FullSizeRender
公園で遊んでいると朝10時のスナックタイムに食べている子が多いです。




たまに子どもたちとクッキーなどを作ったりもしています。オーブン最高。
お菓子作りの話はこちら↓




日本にも美味しい子ども向けお菓子はたくさんありましたが、イギリスの子ども向けお菓子は徹底的に砂糖不使用であったり、野菜が多く使われているものも多くて、親としてはありがたい限りです。




最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/


このページのトップヘ