ロンドンでの子育てとか生活とか。

2021年09月

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



日頃からワンオペアピールがうるさい私ですが、この夏は比較的夫の時間に余裕がありました。
なので今のうちにあちこち旅行へ行ってきました。

IMG_4416


何回か泊まりの国内旅行をしてみて、イギリスのホテルの特徴、旅行時持って行ったほうが良いものをまとめます。


ちなみに、このブログを書こうと思ったのが夏休み終了後なので、ホテルの写真皆無です。(計画性のなさよ!)
拙い文章多めでお送りします。



まず、旅行先で泊まる場所の種類

  • ホテル
  • Airbnb
  • グランピングやコテージを借りる
  • 保養宿泊施設


Airbnbはロックダウン緩和途中で、旅行は行けるけどホテルは空いていない時期に大人気でした!
我が家は使ったことないのですが、個人の家の一室からまるっと家一棟借りれたり、幅が広いようです。

グランピングはイギリスに住んでいる間に一回はしてみたい!

保養宿泊施設は、これだけで一つの分類にしていいのか迷ったのですが、センターパークスというイギリス国内に5カ所くらいある施設です。宿泊はコテージなのですが、敷地内でたくさんのアクティビティが出来て、プールもあって、スーパーやレストランなんでもある。なんなら旅行中、センターパークスから出る必要ないくらいなんでも揃っている施設だそうです。
ここも在英中に行きたいところ!



イギリスのホテルの特徴

前置きとして、あちこちに旅行に行くために比較的安いホテル(日本でいうところのビジネスホテル的なところ)に泊まったので、良いところを探せばもっと快適に過ごせるかもしれません。


  • アメニティはない!
  • 冷蔵庫がない
  • 朝食はイングリッシュブレックファースト一択
  • タオルは毎日変えない


どうしよう文句しか言ってない、、笑


アメニティはバスタオル×人数分とフェイスタオル1枚だけです。(たまに大人の分しか置かれていないことも。フロントに電話すれば、追加でもらえます)
シャンプー&ボディソープは備え付けていることがあるかも。
それ以外は持参する必要があります。歯ブラシとか、綿棒とか。
なんならドライヤーも必ずついているわけではなくて、フロントで借りる必要があったりします。
連泊する場合は、タオルも変えてもらうように毎回フロントへ伝える必要があります。(イギリスには毎日お風呂に入らない人もいますからね、、)


冷蔵庫も安いホテルには全くなくて、ちょっと良いホテルならあるかも。(テーマパーク付属のキャラクタールームに泊まった時だけ冷蔵庫ありました)
冷蔵庫がないということは、翌朝の朝ごはんを買っておけないんですよ!怒
パンくらいならいいけど、牛乳とかヨーグルトを買っておけないの結構辛い、、、。
やっぱりキッチン付きのホテルが良さそう。


朝ごはんを買い置き出来ないのに、朝ごはんは決まってそうイングリッシュブレックファースト。

IMG_2808

トーストにソーセージ、豆、マッシュルーム、焼きトマトなど。
子ども達はトーストしか食べません!泣
ホテルによってはシリアルやヨーグルトが置いてありますが、ないところもありました。



ホテルの目の前にモーニングをやっているレストランがあったので、ホテルで朝食を摂らずにレストランへ行ってみたこともありましたが、まさかのfully booked!泣
結局、近くのスーパーへ朝ごはんを買いに行き、テキトーなパンを食べたりもしました。(ご飯はレストランで食べるなら必ず予約必須だと心に刻みました。簡単にご飯難民になる)



結構、イギリスのホテルの洗礼を受けまくってきたと思います。(そしてここまでの内容、ほぼ文句!)



そこで私が旅行に持って行っていたものリストはこちら!

  • 着替え(足りない場合は手洗い)
  • オムツ、お尻拭き、ティッシュBOX
  • 室内用スリッパ
  • 歯ブラシセット、綿棒、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディクリーム、コットン
  • 食器用洗剤、スポンジ
  • 衣類用洗剤
  • 紙皿、ディスポのカトラリー、プラコップ
  • 子どもの水筒
  • ペットボトルの水
  • 子どものお菓子

赤字のものが、日本では持っていかなかった、イギリスのホテルに泊まるために追加したものたちです。

もうね、食器を持って、洗剤も持って、食料も持っていったら、これは引っ越しなの?移住なの?って感じです。


ホテルにはティッシュすらありません。
持っていきます。

室内て靴を脱ぐ文化もないので、当然室内用スリッパもありません。

食器類は、キッチン付きホテルでなくても、テイクアウェイした時に大活躍するので、持ち歩くようにしました。(エコなイギリス、デリバリーとかでも当然プラフォークとか付いてないよ!大きいスーパーかネットスーパーじゃないと買えないよ!)

FullSizeRender

こんな感じでジップロックにまとめてます。



日本のホテルなら絶対ある、綿棒コットンバスキャップくし、が一切置いていないので自分で必要な分だけ持って行きます。


水も手に入るかわからないので、買って持っていきます。




なので、旅行なのに帰りの方が荷物が少ないという謎現象が起こります。

そして、私パッキング好きでめちゃくちゃ得意なんです。(結婚式のプロフィールに『特技:パッキング』って書いたくらい笑)
夏休み終盤の旅行のパッキングは30分で終わりました。(慣れ過ぎ笑)




次は、クリスマスあたりでまた旅行に行けたらいいなーと候補を調べています。(本当にコロナ次第ですが)




最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。


ヨーロッパといえば演劇!(範囲が広すぎて雑)
あちこちに劇場があり、あちこちで観劇できます。


我が家もせっかくなので見に行きました。

夏休みはキッズウィークがあったり、子ども向けの演目が増えます。

演劇デビューにオススメなのは、こちら。

『The Tiger Who Came to Tea』

FullSizeRender

イギリスを代表する絵本の一つ。
日本でも『おちゃのじかんにきたとら』という題で売られています。

劇場はピカデリーサーカス近くのTheatre Royal Haymarket。

FullSizeRender

1720年に作られた歴史ある建物です。
名前もRoyalって付いちゃってるし。

写真に上手く収められませんでしたが、建物内も外もとーーーっても素敵だったのでぜひ行ってみてほしいです。

舞台も子ども向けなので、声援を送ってもいい、お菓子を食べながら見てもいい、一緒に歌ったり踊ったりしてもいい。ありがたいです。
(建物自体が古いので、ベビーカーは持ち込まず、狭めの階段のみでした。入り口側にベビーカー置き場があります)

コミカルな虎の動きに夢中になる子多数、な舞台です。
小さい子向けなので、ゆっくりはっきりと喋ってくれるので聞き取りやすいし、絵本で予習しておくことも出来るのが良いです。

(ちなみに、まことは劇場に入るなり『怖い』と大号泣して、パパと2人外で待機していました。私とあづき2人はお友達親子と一緒に楽しんできました)



先行き不安な中、続いて見に行ったのは『Dragons and mythical beasts』

FullSizeRender

これは、リージェンツパーク内にある屋外劇場、OPEN AIR THEATREで見てきました。

FullSizeRender

これも夏休み限定の子ども向け演目となっています。
1240席と広い劇場です。

屋外なので、お天気が良い日は直射日光がガンガンで暑くなります。
カフェで飲み物なども売っていますが、凍らせたペットボトルなどを持って行った方が良いです。

私達は1番安い最後尾の席を取りましたが、ちょうど日陰で周りの人も全くおらず快適に鑑賞できました。(屋外で明るかったからか、まこともなんとか見切れました!)

舞台近くに座っていたお子さんは、主人公に「手伝って!」と言われ、舞台の上でお手伝いしており、体験型なのも良いところ。(小学生向けな内容なので、英語も結構早くて半分くらいは聞き取れませんでした。それでも動きが大ぶりでコミカルなので、まことは面白がっていました)






無事、家族4人で鑑賞できたので、調子に乗ってこの次の日も見に行きました。(雨の予報だったので、急遽予約しました)

『The Graffalo』

FullSizeRender

こちらも説明不要なイギリスを代表する絵本。

場所は北ロンドンにあるアレクサンドラパーク。

IMG_2987

ここは、外にプレイグラウンドや足漕ぎボートなどがあったり、ファーマーズマーケット(日曜限定)があったりして、1日楽しめました。

IMG_3023


前日、楽しく観劇出来たのでこの日も楽しみにしていたのですが、入るなりやっぱりまことが「怖い」と大号泣して、夫とあづきだけで楽しんでもらいました。







他にも、『ライオンキング』や『はらぺこあおむし』など有名なお話の舞台があちこちでやっているので、本当は見に行きたいです。ですが、まことの怖がりようが凄いので、諦めました、、、。
来年リベンジ出来るといいな。



ちなみに、イギリスのクリスマスと言えばのロイヤルオペラハウスで行われるナッツクラッカー(くるみ割り人形)のバレエもファミリーデーがあり、子連れでもOKな日があります。
これも去年のクリスマスにNetflixでナッツクラッカーを見てから、生で見てみたいと思っていましたが、1時間の舞台も見れないまことが2時間もあるバレエを観れるわけがないので、諦めました。
楽しめそうな方はぜひ見てみてください。


我が家は、冬にヘイマーケット劇場でpeppa pigの舞台をやるそうなので、それに行けたらいいな、と思っています。(まこともペッパなら見れるとは言っていますが、、、)




最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



渡英してから8ヶ月。

先日やっと車を買いました。

IMG_4328
お出かけが快適です。


車を買う前に、運転免許を日本のものからイギリスのものへ変更する必要がありました。
どのような手続きをふんだのかまとめます。

ちなみに私は、在英国日本大使館のホームページのとおりにしただけです↓



大使館へ免許証抜粋証明書の申請をする

コロナ禍の現在、申請は郵便になっています。(申請するものによるので、全て郵便申請というわけではありません。大使館のホームページで確認をしてください)

送ったものは
  • 日本の運転免許証原本
  • パスポートのコピー
  • 申請書


これらを大使館宛てで送りました。

免許証の原本とパスポートのコピーという、無くされたら結構困るものなので、Special deliveryという日本でいう書留的な郵便があるので、それで送りました。
(次の日には届く、追跡できる)




郵便が大使館に届いて受理されると、大使館からメールが届きました。

そこには、約4営業日ほどで証明書が作成されること、その日以降に受け取りの予約を取るようにということが書かれていました。(現在、申請であっても受領であっても大使館を訪れる際は必ず予約が必要です)

コロナ禍で業務縮小しているのか、私が申請した時はかなり予約が取りづらく、3週間先までしか予約できないのに早くて3週間後の予約しか取れないという、大人気チケットでした。


しかし、日本で小児科のネット受付をしまくってきた私はタイミング良く3週間後の予約をすんなり取りました!(ネット予約は得意。小児科でも常に1〜6番を勝ち取ってきたよ)



大使館で免許証抜粋証明書を受理する

予約を取った3週間後、大使館へ証明書を取りに行きます。(受領の際も大使館のホームページにて予約が必要です)



最寄駅はGreen Park駅。ベビーカーを連れて歩いて5分ほどで着きます。(大使館内は階段しかなかったので、抱っこ紐を持って行った方が良いです)

大使館に着くと、入る前にガードマンに予約しているか確認されます。
予約番号を伝えると、入ってすぐに手荷物チェック。金属探知機を通ります。(抱っこ紐だと、ここでバタつく)


手荷物チェックが終わると、やっと受付。
時間予約はしていますが、入館後に番号札を取る必要があります。

そこからは完全にお役所って感じの流れです。

自分の順番が来たら、窓口へ行き要件を伝える。




ここで、1つ重大なミスをした私。

本人確認用のパスポートを忘れる。

「少しお待ちくださいね」と奥に消える窓口の方。

内心『うわー、どうしよう。これまた来てくださいって言われるよね。もう一回予約取り直さないといけないのか、、、』と思っていましたが、
実はこの日は、ロックダウン前日。翌日から期限未定でロックダウンすることがすでに決まっていたタイミングでした。(本当にたまたま)

ですが、戻ってきた窓口の方が「大使に確認して今回だけはBRPカード(在留カード)での本人確認でOKと許可が出ました」と!

ありがとうございますーーーー!!!
大使、こんなことでお手を煩わせて本当にすみません。次回からは必ずパスポート持ってきます。



DVLAへ申請書類を提出

免許抜粋証明書を手に入れたら、イギリスの運転免許庁である、Driver&Vehicle Licensing Agency (DVLA)に申請します。

郵送するものは、以下の書類。
  • DVLAに対する申請書
  • 自動車運転免許証抜粋証明書
  • 有効な日本の運転免許証
  • 手数料分の小切手またはPostal Order
  • 写真1枚
  • BRPカード

です。
BRPカードは2021年7月から、カード原本を送らなくてはいけなくなりました。(それ以前はコピーでOKでした)
私はギリギリ、コピー可なタイミングで申請出来たのですが、BRPカード原本がないってちょっとソワソワしますよね。(実際に使ったことは一度もないけど)
大使館のホームページにも、申請のためにBRPカードが手元にない時期の旅行や出張は控えるよう書かれていました。

写真はパスポート取得の際に日本で撮影したものの余りを持ってきていたので、それを送りました。
ない場合は、イギリスのスーパーなどにも写真機が置いてあるので、そこで撮影出来ます。



ついにイギリスの免許証が発行

DVLAに申請書類が届いてから6週間ほどでイギリスの免許証が送られてきます。

と書いてありますが、もっと早かった気がします。たぶん1週間くらい。(昔過ぎて覚えてなくて、すみません!)
夫と大使館とのやり取りが1番時間かかったよねーと話した記憶があります。


イギリスの免許証は日本と同じカードサイズ。

FullSizeRender

(個人情報だらけで隠したら、ほぼ見えなくなった)

顔写真と名前や住所、サインなどが書いてあります。サインがあるのがやっぱりサイン文化なんだなと感じます。



最後に、大事な日本の免許証を返還してもらう

DVLAから大使館へ、日本の免許証が送られているので返還手続きが必要です。

必要なものは、
  • 返信用封筒(またSpecial Delivery)
  • 返還希望届
  • パスポートのコピー

なんだかんだお金がちまちまかかります。
DVLAから直接返してくれればいいのに。(どうやらイギリスにいる間は日本の免許証は持っていてはいけないらしいから、一旦大使館へ返させるらしいです)




BRPカードに続いて、新たに身分証が増えました。


免許証を変更しておいてなんですが、私は自分の運転に自信がないので多分イギリスで運転することはないと思います。(最後に運転したのは9年前。しかも沖縄のレンタカーでドアをゴリゴリに擦った)

でももし出先で夫になにかあった場合は運転するしかないので、毎回助手席でイメトレだけはしています。笑




最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



気づけばもう9月。
あっという間ですね。

ロンドンは、6月末の7月中旬くらいに最高気温25℃くらいの夏が来ましたが、8月下旬からは最高気温19〜20℃と肌寒い日々が続いています。
おそらくこのまま長い冬に入りそうなので、日焼け止めと虫除けを使ってみた総括を。

今年の春先に買ったものたちはこちら↓


まずは日焼け止め

種類に関しては、それぞれの肌質があるかと思うので一概には言えませんが、よく見かけたのは
  • NIVEA
  • GARNIeR
  • ラロッシュポゼ

でした。



私がNIVEA大好きなので、主にNIVEAの日焼け止めを使っていましたが、イギリスの紫外線がかなり強くて塗り忘れるとみるみる焼けます。
まだ春の頃、1週間くらいあづきに日焼け止めを塗り忘れたら真っ黒になりました、、、

SPF 50、PA ++を塗っても焼けます。7月以降は日差しが強い日は1〜2時間毎に塗り直していました。笑



スプレータイプ、チューブタイプ、ロールオンタイプなど様々な種類がありますが、

私が来年も買うのは、
ロールオンタイプとスプレータイプです!

IMG_4404

この写真の両端の2つですね。

イギリスの日焼け止めは全体的に伸びが悪いのですが、スプレータイプのものが1番伸びが良かったのと大容量なのでガツガツ使えます。
手のひらにスプレーして、伸ばして塗っています。

そして、あまり期待していなかったけど予想以上によかったのがロールオンタイプ

子どもの顔って塗りにくいですよね。嫌がって顔をブンブンされたりして。
ロールオンなら、スルッと滑らせるだけで結構塗れます。ゴシゴシしないから、子どももくすぐったがって楽しく塗れるのも良い!


そして、私はどんなに日焼け止めを塗り直していても、なぜか首と目の周りが火傷のように真っ赤になってしまい、保湿してもカサカサ、ローションなどもしみる。イギリスの日差しにやられています。

軽度の火傷にも効くsudo creamを塗って治している途中です。

FullSizeRender
(これ子どものオムツかぶれにも使えるので良いです。ファーマシーのベビーソープなどが置いてあるコーナーに置いてあります)







次に、虫除け

イギリスに蚊はほとんどいないので、虫除けスプレーはほとんど使いませんでした。
唯一、スコットランドのエディンバラより北へ旅行に行かれる方は虫除け必須です!
ブヨ(アブ)がすごいらしく、DEET入りの虫除けを必ず持って行ったほうが良いと聞きました。



お家の虫対策は、最終的にこうなりました。

ドーーーーン!

FullSizeRender

網戸+虫除けリングの合わせ技。
これが1番虫が入ってこなかったです。

虫除けリングは効果が10日ほどしか続かないので、虫が入って増えてきたなと思ったら交換しています。(10日とか覚えるのムリ)

これは来年の夏もやります。(面倒だから網戸は一年中つけっぱなしにしそう、、)




来年はもっと暖かくなるといいな。(でも日差しが怖い)



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

このページのトップヘ