こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



ロックダウンのために子どもと家で過ごす時間が増えて辟易しています。少しでも時間を潰したいのと、市販のお菓子ばかり子どもに与えるのに罪悪感を感じるようになってきたので、まことと一緒にお菓子作りをしています。
(時間は潰れるけど、手間はかかるし、多少汚れても受け止められるくらい余裕のある時に作るのをおすすめします。ふざけて小麦粉こぼされると、楽しいはずのお菓子作りで怒ることになる)



子どもと一緒に作れるメニューを難易度別で紹介します。

難易度 ★☆☆

⚫︎パンケーキ
 いわゆるホットケーキですね。
子どもには泡立て器で混ぜてもらうだけでOK!初めてやる場合はまず粉だけ混ぜてもらって練習してもいいと思います。現地スーパーでもホットケーキミックスを売っているので、それを使ってもいいですし、私の大好きな近江屋洋菓子店が緊急事態宣言の時にレシピを公表してくれたので、そのレシピも書いておきます。
  • 小麦粉       200g
  • 砂糖        50g
  • ベーキングパウダー 15g
  • 塩         2g

これに、卵一個と牛乳150〜200mlを混ぜるだけで完成です。

スーパーで売っているのはこんな感じ。

FullSizeRender

牛乳を入れるだけで作れる、簡単!


メープルシロップはなくて、ゴールデンシロップをかけるそうです。

FullSizeRender



⚫︎キットを使ったカップケーキ
 まことの好きなパウパトロールのカップケーキキットが売られていたので、作ってみました。たしかこれが渡英して初めて作ったお菓子だったと思います。

FullSizeRender

カップケーキは混ぜて焼くだけ、アイシングは水で溶かすだけ、キャラクターは載せるだけ。というなんとも簡単なもの!

FullSizeRender

お誕生日パーティーなどで子どもが大勢集まる時にもうってつけです。
カップケーキ自体はそこまで甘くなくて、アイシングが砂糖の塊なので、1〜2歳くらいのお子さんにはアイシングなしのものをあげてもよさそうです。

スーパーでは人気キャラのキットがたくさん売っています。

FullSizeRender

カップケーキ用のオーブントレイはスーパーの大型店舗に売っていました。(他にも、パウンドケーキの型やピザの型など、種類豊富です)



⚫︎サンドイッチ作り
 パンに好きな具材を挟むだけ!挟んだらキッズ包丁で切ってもらうと料理した感が出ます。

FullSizeRender

これは、まことが作った『人参とハムとバナナのサンドイッチ』
なかなか斬新な組み合わせですが、偶然にも野菜もタンパク質も炭水化物も揃っている!笑

家にあるもので作れる手軽さが良いです。


切り落としたパンの耳は砂糖をまぶしてオーブンで焼いてラスクにすると、次の日のおやつになります。



難易度 ★★☆

⚫︎クッキー作り
 混ぜる、ローリングピンで伸ばしてもらう、型抜き、アイシングなど一緒に出来る工程が多め。その分、手間も多め。
FullSizeRender

アイシングは日本よりも種類が多くて、取り扱いが簡単なので重宝しています。チョコペンと違って、湯煎の必要がないのとこぼしても拭き取りやすいのがいいです。(砂糖の塊であることに変わりませんが)



プレーンとココア味に分けて、粘土の要領で作ることも出来ます。
これは、ノンタンクッキー。

FullSizeRender

クッキーは一度に大量の生地が出来るので、冷凍庫に保存して後日作ることもできるし、一度にたくさん焼いて何日かに分けて食べることもできるのが良いです。




⚫︎スコーン作り
 イギリスといえば、スコーン!
クッキー同様、生地を混ぜる、ローリングピンで伸ばす、型抜き、卵液を塗るが出来ます。クッキーと違うのは、生地を混ぜる時に手で混ぜること。最初に指でバターをすりつぶすので、慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、これはこれで楽しそうです。

FullSizeRender

この卵液を塗るのが楽しいようで、まことはスコーン作りが特に好きです。

FullSizeRender

おすすめのスコーンのレシピはこちらのブログに載せています↓



難易度 ★★★

⚫︎パン作り
 せっかくオーブンがあるので、作ってみました。私自身、パンを作ったことがなかったので、なかなか難しかったのと、発酵に時間がかかるので朝から作り始めてやっとおやつに食べることが出来ました。

 あんぱん
IMG_0099

あんこは現地スーパーに売っているあずき缶を砂糖で煮詰めて作りました。パン生地を発酵している間に作れるのでおすすめです。

イギリスの炊飯器はたいていスチーム機能がついているので、あんまんを作ることも出来ます。



 メロンパン
FullSizeRender

パン部分と上のクッキー部分は別々に作りました。これは昼食後に作り始めたので、発酵時間を十分取れなかったため、パン部分がイマイチでした。近いうちにリベンジしたいと思っています。




⚫︎ピザ作り
 パン生地とほとんど同じく、強力粉とイーストで作ります。生地を捏ねる、ローリングピンで伸ばす、具材を乗せることができます。

FullSizeRender

チョコといちご、バナナでデザートピザの完成!


ホームベーカリーをお持ちの方は、この2つは気軽に作れますね。




最後に、
イギリスの小麦粉について。

薄力粉はplain flourという名前で売っています。
強力粉はstrong flour。(そのまんま!)
FullSizeRender

写真右側のself-raising flourは小麦粉にベーキングパウダー、塩が入っています。粉物って計量がめんどくさいですもんね。しかも塩やベーキングパウダーはちょっとしか使わないので、オールインワンは嬉しい!


他にもライ麦粉や全粒粉も売っています。



スーパーの製菓コーナーは充実していて、海外らしいカラフルなトッピングがたくさん売っています。
⚫︎トッピング

FullSizeRender

乗せるだけで一気に可愛くなりますね。


⚫︎アイシング

FullSizeRender

どうやらマジパン的なもののようです。こねて人形を作って、ケーキのトップに乗せるのだと思います。

カラフルすぎて、大人はびっくりですが、子どもは喜んでます。(あと砂糖の量が気になる)



最近、アガーを手に入れたので(スーパー探しても見つからないので、Amazonで買いました)ゼリーや羊羹も作ってみたいと思っています。





自分で作ったお菓子はいつも以上に美味しいですよね。量も多く出来るので、つい子どもと一緒に食べてしまい、クリスマス〜お正月〜コロナの自主隔離の1ヶ月で2キロ太りました!やば!
私自身は元々料理が好きでも得意でもないのですが、せっかくオーブンがあるし、と思っていろいろ挑戦してみています。(メロンパンみたいに失敗することも…)


最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/