こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



今週末からサマータイムになりますね。(イギリスは3月の最終日曜日の1時からサマータイムになります)

イギリスの長い冬が終わろうとしています。
すでに朝は6時前に日が昇るし、夜は6時すぎまで明るい。


日本でいうと6〜7月くらいの日の長さだと思います。


そうなってくると、気になる。



紫外線!

イギリスに住んでいると日焼け止めなんて塗らない!

ビタミンDを作るんだ!


という人が多くて、塗らなくてもいいかな…という気持ちになりますが、いややっぱり紫外線は防ぎたいお年頃。



2月頃はまだ日焼け止めがファーマシーで売られていなかったので、まずはAmazon。(3月になったらファーマシーにも日焼け止めが並び始めました)



大好きNIVEAの日焼け止めがありました。

FullSizeRender

しかもスプレータイプ、チューブタイプ、ロールオンタイプがあったので、比べてみるために全部買ってみました。
塗る部位によって使い分けよう〜なんて思っていましたが…




中身、全部一緒!(笑)

すべてクリームタイプでした。スプレーからクリームが出てくるってかなり衝撃。

日本みたいにジェルとか、ミストとかないのかな…。




今度は、「sunprotect  mist」で調べてみました。


そうしたら、ある!ミスト!

FullSizeRender

これ本来は£19もするのですが(高っ!)、Amazonをみたら半額になっていて£8で買えました。
これはちゃんと細かい水が出てきます。

そう、これが欲しかった!





しかし、顔にかけてみるとアルコールくさい…。



裏を見てみると、「Do not spray directly onto face」って書いてある。(いい加減ちゃんと説明書を読む人間になりたい…)

顔に直接スプレー出来ないのは微妙だなーと思いつつ、髪にスプレーできるのはいいです。

ただ、猫っ毛仲間の皆さんは髪がぺったんこになるのでお気をつけください。




あづきにもチューブタイプを塗ってみましたが問題ないです。
そして意外とロールオンタイプが首に塗りやすくて重宝しています。(ロールオンとはいえ、手で塗り広げる工程は必要)




この4つの日焼け止めで夏を乗り切りたいと思います。(NIVEAの他には、GARNIERの日焼け止めも売られていました)




*2021.5.7 追記
 イギリスの紫外線かなり強いです!4月なのに、数日日焼け止めを塗り忘れただけで、あづきがかなり日焼けしてしまいました…。









暖かくなってくると、気になるものもう一つ。

虫除けスプレーです。

FullSizeRender

ディートフリーなので、子どもにも気にせず使えます。
スプレーしてみると、白いクリームが出てきます。デジャブ!
伸ばしやすくて、ユーカリっぽい香りがします。日本の虫除けでもよくある香りでした。




イギリスの窓は網戸がないので、虫が入り放題。冬は寒すぎて虫もいませんでしたが、暖かくなってきたので虫が増えてきました。



かといって、冷房もない部屋。窓を開けないわけにはいきません。

フラットなので、窓の外に蜘蛛の巣が出来ても掃除できない。(虫の中で蜘蛛が1番嫌い。文字を見るのもいや)

ハチも見かけるようになってきたので、間違って部屋に入ってきたら大パニックです。





そこで後付けの網戸的なもの探しました。

FullSizeRender

これは磁石でくっつくタイプなので、賃貸でも良さそう!



ただの窓枠に磁石はくっつかなかったので、マスキングテープを貼った上に磁石を貼り付けました。

IMG_2131



網にも磁石を取り付けて、磁石同士をくっつけると完成!

FullSizeRender

磁石なら窓の開け閉めも楽だし、網自体に磁石がはまっているので(上から押さえているだけではなく、網に磁石をはめ込む)、開ける時に磁石を落とす心配もありません。


良い感じ!(でもやることが多くて面倒くさいので、まだ1つの窓にしか出来ていない…)




これで虫対策もばっちりです。



イギリスの夏がどのような感じなのか、今から楽しみです。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/