こんにちは。ロンドン在住のあつこです。






子連れ帯同で悩むことの1つ、

子どもたちのご飯どうしよう⁉︎

元々、料理が好きでも得意でもない私。
日本ではcoopが大活躍していました。coopの離乳食最高じゃないですか⁉︎

お湯で溶かすだけの野菜フレークとか、チンするだけの冷凍野菜、冷凍おかゆ、お豆腐団子、チンするだけベビーパスタ…(挙げたしたらキリがない)


そんな便利グッズに頼りまくっていた私がイギリスで離乳食、幼児食を作れるのか不安でしたが、意外と便利なものや工夫すれば使えるものがある!



我が家で大活躍している食材をご紹介します。



まずはタンパク質


coop仲間のみなさん!


ありましたよー!冷凍パラパラミンチ!

FullSizeRender


coopでおすすめ第一位の便利な食材!

もう大好き。日本では鶏、豚、合い挽きの冷凍ミンチをストックしていました。
イギリスでも会えるなんて感動。

TESCOでは、牛とターキーの冷凍挽肉が売っていました。1kgで£4(約600円)
Sainsbury'sやwaitrose,M&Sにもビーフとターキーの冷凍挽肉がありました。
あとビーガン向けのマイコプロテインというものを使った挽肉も。(鶏肉に似た味だそうです)


これの何がいいって、パラパラしているから好きな量だけ出せるところ。
お昼ご飯にラーメンを作った時のタンパク質に野菜とこのミンチを炒めたものを乗せれば、はいもう栄養バランスOK!簡単ー。

そのまま炒めてもいい、丸めて肉団子にしてもいい、そぼろにしてもいい。使い方無限大♾。



今回はブログは、とにかくこれを紹介したかったので、続きはもう読まなくてもいいです。(ちょーい!)





一応、他のものも書きますね。

蒸し鶏。

IMG_4208

イギリスの肉魚の中で1番安いもの。鶏肉。
鶏胸肉は500gで£3.5ほど。(約500円)

これを炊飯器で蒸す。砂糖を少し揉み込んでから蒸すとめちゃくちゃ柔らかくなるので、それを割いて食べる。
パスタと合わせてもいいし、そのまま食べてもいい。






続いて、魚編


スーパーの魚コーナーを見ると、結構味付けされた魚が多いです。燻製とか。


味付けなしで売られている魚の代表。
鮭(サーモン)

FullSizeRender

イギリスで1番気軽に買える魚。この大きさ2切れで£3〜4ほど。


ただ、このままだとかなり脂っこいので、フライパンで炒めます。

FullSizeRender

キッチンペーパーで油を拭き取りながら炒める。(油を拭き取るの重要!)

油を拭き取りつつ、ほぐす。

FullSizeRender

はい、鮭フレークの完成でーす。

これ冷蔵庫に入れておくと安心です。
鮭おにぎりにしてもいいし、パスタに乗せてもいい。お好み焼きに混ぜ込んだりもしました。





大きめサイズで使いたい場合やサーモンフレークを作る時間がない方は、これ!
Fish pie mix

FullSizeRender

冷凍でcod(タラ), salmon, haddock(モンツキタラ)の切り身が入っています。
一切れ3〜5cm角なので、必要な分だけ取り出して煮たり焼いたり出来ます。




青魚なら、鯖(Mackerel)がよく味付けなしで売られています。Smoked Mackerelも良く売られていて、みりん干しのような味がしますが、結構しょっぱいです。(これは炊き込みご飯にするのがオススメ)


ビタミン

ビーツの水煮

FullSizeRender

ロンドンへ来るまでビーツを知りませんでした。
『食べる点滴』だそうです。(だけど元々、点滴って食べられないからするもので、食べる点滴って、もはやただの食べ物なのでは…?)

これはポタージュにすると、とっても美味しいです。玉ねぎ、人参と炒めてポタージュにすれば3種類も野菜が摂れる!




青汁の素

IMG_1470

青汁のパウダーです。
そのままだと青臭いので、香りが強めのものにちょいちょい混ぜています。
カレーとか、ミートソースとか、ちょっとだけなら味噌汁に入れても大丈夫!

これ結構好きです。
まことは青い野菜をまっっっっったく食べたないので、少しでも食べてくれると「勝った!」と思います。(まことの嗅覚が勝るか、私の隠す技術が勝るかの勝負)



炭水化物

ロールパン

FullSizeRender

これの何がいいって、小さめサイズで柔らかいところ!
イギリスの食パンは、日本のものと比べると固いので奥歯がない子には噛めません。子どもに食べさせるにはロールパンの方が便利です。
しかも8個入りで£1(約150円)。

ただ、これは砂糖が多めなので気になる方はホットドック用のパンの方が良いです。(一個あたりの大きさが倍になるので、たくさんあげたくない方には向きません)

食パンに比べると塩はどうしても多くなるので、離乳食中期くらいのお子さんには食パンをパン粥にするのが良いと思います。(そのくらいの月齢ならPorridgeで十分な気もします)



パスタ

速茹でパスタ。スパゲティもありますが、マカロニの方が切る時楽です。

FullSizeRender

基本的にパスタ系は茹で時間10〜12分はかかります。離乳食に使うとなると、クタクタに似るから15分は茹でないといけないのは辛い!

quick cookはちょい高なのですが、5分で茹で上がるので時間勝負な昼ごはんにうってつけです。



うどん

現地スーパーの日本食コーナーにも、ちゃんとうどんがあります。

FullSizeRender

5分茹でタイプです。
3束入りで£1.3ほどでした。(約200円)
同じメーカーから蕎麦も売られていて、しかも蕎麦粉より小麦粉が多いので初めて食べる時にはぴったり!(逆に大人には、蕎麦の風味がなくて物足りないです)




時短、調理が簡単なもの大好きです。

おすすめがあったら、ぜひ教えてください。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/