こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



親なら気になる、子どものおやつ。
甘いものなら砂糖が気になるし、
しょっぱいものは塩分が気になる。
合成着色料とか、人工甘味料とか、余計なものは無い方がよい!

などなど、気になり出すときりがないのですが、


実際、私が子どもたちにどんなおやつを食べさせているかと言うと、


8割くらいは市販のお菓子です!(ドーン!)




ですが、ベビー向けのお菓子!

これが意外と3〜4歳でも美味しく食べられるんです。

スーパーの大型店舗、もしくはドラッグストアに離乳食コーナーがあります。
そこに並んでいるベビー向けお菓子は種類が豊富で、味もおいしいものが多い。

ベビー向けなので、もちろん砂糖は入っていないし、香料や着色料もなし!


近くの大型TESCOのベビー向けお菓子コーナーはこんな感じ。

FullSizeRender
この棚から、好みのものを選べば大丈夫ってすごい安心感。





いろいろ食べてみたなかで、うちの常備お菓子をご紹介します。


まずはOrganixのオーツバー。

https://www.organix.com
FullSizeRender

あづきが大好きでよく食べます。
野菜が入っているのが最高。

Organixはどれを食べても美味しくて、ビスケットやパフのシリーズもよく食べます。



KIDDYLICIOUSのベジストロー

https://kiddylicious.com

FullSizeRender

これはみんな大好き!
口の中で溶けるから食べやすいし、野菜で出来ている。グルテンフリー、乳製品フリーなのでお友達にも配りやすいです。

左がノーマルの野菜味で、右側がチーズ味です。
野菜味の方は、薄めのサッポロポテトの味がします。大人が食べても美味しい!


ケチャップでお馴染み、Heinzのビスコッティ

https://www.heinzbaby.co.uk


FullSizeRender

これはちょこちょこ食べさせるのに便利。
バスや電車などで、どーーーうしてもぐずる時に食べさせています。
イギリスの電車、バス内で食べ物食べてる人結構多くて(大人でも。たまにマック食べてる人います)子どもにも与えやすい(精神的に)のが助かります。

一袋が小さいので、バッグに忍ばせておけます。


fruitbowlのflakesシリーズ

https://www.fruit-bowl.com
FullSizeRender

ドライフルーツにヨーグルトコーティングされているこのお菓子。
先程のハインツのビスコッティ同様、時間稼ぎしたい時に大活躍してくれます。

まこともあづきも、ドライフルーツだけだと嫌がるのですが、ヨーグルトコーティングされているだけでパクパク食べる!
(これだけはちょっと砂糖入っているんですけどね。量が多くないからまぁいいか)




飲み物は

Ella's kitchenのシリーズ。

https://www.ellaskitchen.co.uk/#

FullSizeRender

あづきのお気に入りはred oneと言う、赤いフルーツが入っているものですが、他にもpink oneやpurple oneもあります。
イギリスの子ども達、離乳食もパウチタイプのものをゴクゴク飲んでいます。可愛い。



まことのお気に入りは

innocent smoothieシリーズ

https://www.innocentdrinks.co.uk/home
FullSizeRender

これは本当に美味しい!

公園でもよく見かけます。大人気。
果物だけのタイプや、野菜も入っているwith vegシリーズもあります。
美味しいのに砂糖不使用です。




Organix, KIDDYLICIOUS, Heinz, Ella's kitchenは離乳食コーナーに売られているので、お子さんの離乳食が完了していてもぜひ離乳食コーナーはチェックしてみてください。





あと欧米といえば、おやつに果物。

まだ、りんご丸齧りしている人は見かけたことはありませんが、カフェなどで売られているkids mealの中を見るとりんごが入っている率高いです。
イギリスのりんごはとても小さくて、子どもでも丸ごと食べられるくらいの大きさです。


他にも、レーズンを食べている人が多い!


レーズンはこんな小さな箱に入っています。

FullSizeRender

子ども達の好きなキャラだと馴染みやすいですよね。

FullSizeRender
公園で遊んでいると朝10時のスナックタイムに食べている子が多いです。




たまに子どもたちとクッキーなどを作ったりもしています。オーブン最高。
お菓子作りの話はこちら↓




日本にも美味しい子ども向けお菓子はたくさんありましたが、イギリスの子ども向けお菓子は徹底的に砂糖不使用であったり、野菜が多く使われているものも多くて、親としてはありがたい限りです。




最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/