こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



まことがナーサリーへ通い始めて7ヶ月。

このまえ、半年の振り返りをしたばかりなのに、

気づけば卒園しました。



どのタイミングで卒園するかというと、
day nursery→親の好きなタイミング
preschool→タームの終了日(だいたい7月中旬)

とpreschoolの方は、決められた日に卒園なのに対して、day nurseryに通っている子は親の都合で決められるそうです。(もちろん通っている分のお金がかかります)
共働き家庭の場合は、8月いっぱいまでday nurseryで過ごし、9月1日からprimary schoolへ通い出す子もいるそう。(そこは日本と同じですね)

まことはday nurseryに通っていて、好きなタイミングで卒園出来ることがわかっていたので、当初は7月いっぱいで卒園にして、8月は夏休みにしようかと思っていました。


ですが、以前のブログに書いた通り、
  • 転園したことにより月謝が£300/月も増えてしまったこと
  • 転園した園が6月いっぱいで閉園して最初の園に戻らなければならなくなったこと
  • サマーホリデーになると、ホリデーキャンプという半日〜丸一日様々なアクティビティをして過ごす、学童保育の発展版のようなものがあること。
から、6月いっぱいで卒園、7〜8月を夏休みにしてホリデーキャンプやお友達と遊んで過ごすことにしました。





卒園の日を迎える前にしたこと

  • 卒園1ヶ月ほど前にマネージャーへ卒園する旨を連絡
  • 先生へThank youカードとちょっとしたプレゼントを用意


大したことはしてませんね!笑

入園時はたーーーーくさんの書類が必要でしたが、退園はメール一本で完了しました。

ナーサリーからは、まことが入学予定のPrimary schoolへまことがどんな子どもか(言語、粗大運動、微細運動、数学、性格について)書かれた書類を送る必要があるそうで、その書類を確認しサイン。コピーをもらって帰りました。
その書類を読んでみると、「わかるわかるー!」の連続。もう、その通りすぎて夫と笑いながら読みました。
さすが保育のプロたち。高い月謝を払っているだけある。半年しか一緒に過ごしていないのに、まことのことをよく見てくれていたんだな。と感じられる内容でした。



まことからは、お世話になった先生へThank youカードを。
6月になると、カードコーナーにはThank you for teacherコーナーがでてきます。

IMG_5619

カードを選んでもらい、まことに書いてもらいます。
(と言っても、英語を話すのはとても上手ですが、まだ英文は書けないので親が代筆。まことには絵を描いてもらいました)

先生は全員でなく、好きな先生1人だけでもよいとのこと。
むしろメッセージは定型文ではダメで、先生のどんなところが好きか、嬉しかったエピソードなどそれぞれに合わせた内容にしなければ失礼になるそう!
まことは担任の先生5人中4人に送ると言い出したので、エピソードを思い出すのが大変!(1人の先生は新しく来たばかりだったので、送りませんでした)

カードと一緒にちょっとしたプレゼントを送る(チョコレートなど)そうなのですが、ちょうど日本から持ってきていた和柄手ぬぐいが4枚あったので、それをプレゼントしました。

FullSizeRender

ちょうどイギリスのティータオルくらいの大きさだし、唯一の日本人だったからちょうど良いかなーと。


渡英前に和柄のちょっとした手土産持っていくのおすすめです!(手ぬぐいとか、絵はがきとか、扇子とか)


気になる卒園式

イギリスのナーサリーって卒園式とかあるのかな、、?
と気になっていましたが、そこは園によるようです。


日系幼稚園は、日本らしい卒園式があるみたいだし、
現地ナーサリーは卒園最後の日は特に何もないけれど、卒園前にスポーツデーなどのイベントがある園もあるそう。

まことの園は、閉園することもあって6月末にGraduation Eventがおかわなれることに。

どうやら日本のお遊戯会のようなものをするらしく、6月に入ってから、毎日同じ歌を歌って劇の練習をしているようでした。

コロナのために、親はナーサリーの中へ一歩も入ったことがなかったので、この卒園イベントを楽しみに過ごしていました。



ですが、長くなるので先に言います。

卒園イベント、参加出来ずに卒園しました!


ここまで行くのに、いろいろあって長くなってしまうので箇条書きにします。
  • 卒園5日前にナーサリー内でコロナ陽性者が出る
  • 7月1日まで全員、自宅隔離
  • 卒園イベントはリスケジュールとなる
  • リスケジュールされた日程は、ホリデーで行けない子がいたため再度リスケ
  • その次は我が家がホリデーで行けない日になる
  • 先生にホリデーで行けないことと、都合の良い日を伝える
  • そこから1週間、ナーサリーから連絡なし
  • 他の予定も立てられないので、マネージャーにメールすると、まことが参加出来ない日で確定したと返信が
  • まことにお出かけ(しかもトーマスランド)を早く切り上げて、卒園イベントに参加することも出来るが、どちらに参加したいか確認
  • まことはトーマスランドでたくさん遊びたいと
  • マネージャーへ卒園イベントは参加できないことを伝える


というね、コロナが出た時点で卒園は諦めていたのでしょうがないですが。

他の家庭のホリデーは考慮されて、我が家のホリデーは考慮されなかったことはさすがにモヤモヤしたのでマネージャーに『フェアじゃないよね』とは伝えました。

先生から「ごめんね。」と電話がきましたが、最後の最後にモヤモヤ〜とした気持ちになってしまいました。




別日にThank youカードを渡しにナーサリーへ行きました。
ナーサリーからも今までの制作物をもらって帰り、家で見てみると。

卒園イベントで着るはずだったであろうTシャツや卒園証書が出てきて、しんみりしたり。
先生が毎週書いてくれていた記録があったり。これが写真付きで、ちゃんと「まことは〇〇して、△△が出来る様になった」とか書いてあって、
『ちゃんとまことのことを見ていてくれたんだなぁ』とウルウルしました。


卒園イベントに関する対応だけは納得いかなかったけれど、保育に関しては全面的に信頼できたし、何よりまことが好きな先生やお友達に出会えたのでよかったと思います。


9月からのPrimary schoolもドキドキです。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/