ロンドンでの子育てとか生活とか。

カテゴリ: ロンドン生活

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



ハロウィンが終わるとイギリスはクリスマス一色。
暗くて長い冬を全力で楽しみにいきます。

①アイススケート

なぜかイギリスの冬といえばスケート。
ハロウィンが終わると、あちこちでスケートリンクの準備が始まります。

そんな中、まことと一緒に行ってきたのが、こちら!

IMG_7175

Natural History Museumの隣にあるスケートリンク。

もうもう素敵でテンションあがります。


私は8年ぶり、まことは生まれて初めてのスケート。初めてのスケートでも楽しめるお助けグッズがこのペンギン。

FullSizeRender

追加料金を払えば、これにつかまりながら進めます。(でもペンギン自体は軽いので、あまりに腰が引けると転びます)

この他に、二枚刃で転びにくいタイプのスケート靴もありました。

この日はまだ10月の終わり。気温も15度くらいあったので、完全な氷ではなく水だらけでした。
なので一回でも転ぶと、全身びしょ濡れになります。
着替え、もしくはウォータープルーフ素材の上下が必要です。

他にスケートができる場所はこちら。


Winter Wonder Land

ロンドンのクリスマスの一大イベント、ウィンターワンダーランド。2021年は11月19日から始まります。


ハイドパークで行われるので、アクセスも良いです。

IMG_8860

クリスマスマーケットとファンフェア(移動遊園地)などが合わさった場所。(入場券は要予約。2歳以下無料)
ここでもスケートが出来ます。(要予約、有料)
他にもサンタさんに会えたり、氷の世界を探検したり、ホームページを見る限り家族みんなが一日中楽しめそうな場所です。
もちろんイルミネーションも素敵。




クリスマス限定イベント

Winter Wonderlandの他にも、各所でクリスマス限定のイベントが行われます。

私が今年、予約したのは

イルミネーションやライトトレイルだったり、サンタさんがいたりします。

イルミネーションがメインなので、開始時刻はだいたい夕方から。週末の予約はすぐ売り切れてしまうのでお早めに!


他にも、
おもちゃ屋さんのHamleys(https://www.hamleys.com/what-s-on-at-hamleys)では、サンタベアやエルフに会えるイベントがあったり、Libertyでもサンタさんに会えるそうです。




イルミネーション&クリスマスデコレーション

欧米の本気のイルミネーションはすごいです。
エコエコ言っていても、これだけは別のようです。

子連れだとなかなか夜お出かけ出来ないのですが、日没が早いので17時くらいでも十分キレイに見れます。(人手も多くなるので、スリに注意)


昼間の写真ばかりですが、
まずはフォートナム&メイソン

IMG_8725

夜は赤くライトアップされます。アドベントカレンダー風で可愛いですよね。



次に、オールドボンドストリート
ハイブランドのお店が並んでおります。

カルティエとか、

IMG_8714

ティファニーとか、


IMG_8718


リージェントストリートは去年に続いてイルミネーションを見てきました

FullSizeRender


他にも
  • キングスロード
  • オックスフォードストリート
  • マウントストリート

あたりが有名でキラキラしています。



なんならうちの近くの道の街灯にすらイルミネーションが現れるくらいなので、イギリスの人達のクリスマスへの本気具合が伝わってきます。


クリスマスマーケット

クリスマスマーケットといえば、ドイツですが、ロンドンでもやっています。(規模は全体的に小さいです)


サウスバンク(https://www.southbankcentre.co.uk/whats-on/winter-market-2021

IMG_8772


レスタースクエア(https://secretldn.com/leicester-square-christmas-market/

IMG_9261



他にも
でやっています。

ロンドン市外では、

など大きい都市で開催されています。

特にバーミンガムのクリスマスマーケットは本場ドイツとオーストリアを除くと欧州最大のドイツ式クリスマスマーケットだそうです。
(2021年は中止になっていますが、バースのクリスマスマーケットも素敵だそうです)


ホリデーシーズンには、本場ドイツのクリスマスマーケットへ行く人も多いでしょう。(残念ながら2021年は新型コロナウイルスの拡大でドイツはロックダウンとなってしまいましたが)


サンタさんに会いに行く

海外ならでは、サンタさんに会えるイベントがたくさん!

先程のWinter Wonderlandでも会えます。(予約不要、無料。ですが、写真は高額です)

FullSizeRender

他にも

など、遊びに行ったらサンタさんがいた!なんてこともあるくらいサンタさんに会えるイベントだらけです。


NUTCRACKERを見に行く

IMG_9222

Royal Opera Houseでクリスマスの時期にやっている『くるみ割り人形』




去年のクリスマスはNetflixで鑑賞しました。
今年はもちろん見に行くことができます。期間中、ファミリーデーという子連れOKな日もあります。(その分、激戦ですが。そもそもこのバレエ自体常に激戦です)

2時間と長いこと、まことがバレエにあまり興味もないこと(そもそも屋内のシアターが苦手なこと)から、我が家は断念しましたが、バレエが好きなお子さん、習っているお子さんはきっと楽しめるでしょう。


IMG_9209

2年目のイギリスでのクリスマス、去年よりは成長したかなと思いつつ、見返したら去年とほぼ変わっていませんでした笑(ロックダウンの違いはあるけれど)

去年のクリスマスの話はこちら↓



クリスマス当日はどう過ごそうか、今から悩んでいます。あと、ケアテイカーさんへのクリスマスプレゼントと、今年はまことのお友達や学校の先生へのクリスマスプレゼントやカードも準備しないといけないので、ぼちぼちやっていこうと思っています。クリスマスクラッカーとか、プレゼントを包むラッピングとかも買わないと、、、(買い物メモになってる)


最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



気づけばもう11月。
2021年が終わろうとしていますね!早っ!

1年が終わるということは、大掃除!!
(イギリスは冬の終わりに掃除するらしいのですが、完全に無視してしまったので、年末にやることにします)



掃除シリーズは最初の頃にいくつか書いたのですが、隠しても隠しきれないズボラ野郎なので最近サボってました、、。



1年生活してみて、いろんな掃除道具を試してみて、今我が家で現役で使っているお掃除グッズをご紹介します。
イギリス生活での、掃除の敵はカビとライムスケールです!



キッチン

水回りはライムスケールとの戦いです。
それに加えて、油汚れもある。

そんな掃除が面倒なキッチン掃除に使っているもの達はこちら。

IMG_8055

左から、重曹、クエン酸、お酢、です。(こうやって見ると、なんか意識高い系の人みたいですが、全然そんなことありません)


使い分けは、
重曹→コンロの油汚れ、鍋の焦げ付き
クエン酸→電気ケトルの水垢とライムスケール
お酢→シンク、水切りかご、電子レンジ

で酸性アルカリ性で使い分けています。(重曹もクエン酸も食用のものを買ったので、安心して使えます)

冷蔵庫内にも重曹を入れたコップを置いていて、消臭剤代わりにしています。(2ヶ月に1回くらい交換しています)


お酢で掃除したシンク↓


IMG_8054


Beforeが汚すぎたので、Afterだけの写真ですみません。お酢をかけて、スポンジでゴシゴシしたら、かなりすっきりします。


他は、万能お尻拭きとキッチンペーパーで日々のお掃除がだいたい済んでいます。(IHコンロなので、夜にお尻拭きでササッと拭いてしまえば、大掛かりな掃除をしなくてもキレイを保てるって最近気づいた。キレイを保てる人は言われなくても、やってますよね、、、)


過去のキッチン掃除の話はこちら↓






お風呂

日々の掃除はshower sprayで、

FullSizeRender

水アカ、ぬめり系はこれをお風呂上がりにシュッシュして、流して、タオルで拭きあげればOK!
それでも、カビやライムスケールはジワジワでてくるので、そうしたらこの2つ!

美容師さんに教えてもらったライムスケールリムーバー

FullSizeRender


ネットか何かで見た、擦る必要ないカビ取り!


FullSizeRender

この2つは良いです。

シュシュっとして流すだけでキレイになります。
しつこい汚れは何日かに分けて掃除した方が良いですが、擦る手間もないので、空いた時間にシュシュっとしています。

ちなみにライムスケールってそもそも何?という方へ。

イギリスは硬水なので、水の中に含まれるマグネシウムやカルシウムが石灰となって固まったもの。

お見苦しい写真ですみません。

IMG_8624

この白くなっているのがライムスケール。

ここにライムスケールリムーバーをしゅしゅっとして30分くらい置いておくと、

FullSizeRender

めちゃくちゃキレイになります。



トイレ

トイレ掃除については、これを書いてから変わってません。

流せるブラシとスタンプ、ワイプ、たまにタブレットのやつ。




リビング

カーペット掃除はこちら↓

普段は掃除機だけですが、たまに気になる時に重曹を撒いてから掃除機をかけています。(子ども達がカーペットにゴロゴロするから、最終的に重曹を使うことにしました)


あとはひたすら、おしり拭きで拭く。壁の落書きとか、テーブルの汚れとか、おしり拭きで拭く。


窓ガラスとかテレビはこれで拭いています。
FullSizeRender

これを買った理由は、ロイヤルワラントが付いていたから。笑
バッキンガムパレスもこれで窓掃除しているのかと思うと、頑張ってキレイにしようかなって思えます。(ミーハー)




キッチンとお風呂のところまでは気合い入れて書いていたのに、トイレとリビングのところが手抜き感出ちゃって申し訳ないですが、実際そんな感じです。


今年の汚れ、今年のうちに、ってことで頑張ります。




最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。


昨年、渡英したばかりでよくわからず乗り遅れたHalloween。(イベントのグッズはギリギリだと全く売っていないという教訓を得ました)


今年はしっかり準備して楽しみました!




まずは、

パンプキンパッチ

FullSizeRender

ファームやPYO (Pick your own)でカボチャを買えます。
広大な敷地に一面のカボチャ。
これは、ザ海外!って感じがして大人もテンション上がります。

子ども達に好きなカボチャを選んでもらえるもの良いですね。

IMG_7725

映えスポットもありました。(インスタ参照してください)




ジャックオランタン作り

パンプキンパッチで買ってきたカボチャを使って、ジャックオランタンを作ります。

IMG_7726

カボチャをくり抜くためのカービングキットはスーパーで£1〜3で売られています。

FullSizeRender

イギリスのカボチャは柔らかいので、5〜6歳のお子さんなら一緒に作ることができます。


我が家のジャックオランタンはこちら。

IMG_7082

一応、裏面にもコウモリとオバケがいます。
中に入れているLEDライトもスーパーで£1。クモのライトもスーパーで£1。
右側の缶はM&Sのハロウィン缶でショートブレッドが入っていました。(£5)

これだけで、ハロウィンの雰囲気ばっちり出ました。


仮装を楽しむ

衣装もスーパーや服屋さんで売られています。(Amazonでも、costumeで調べるとたくさん出てきます)
IMG_7724

まことは去年買ったスパイダーマン(これ1年間で何回着たんだろう、、)、あづきはスーパーで£9だったパンプキン。

とりあえず何を着ても可愛いです。



そして!メインイベントは近所のおうちにトリックオアトリートしに行く!

のですが、31日は1日出かける予定があったのでしませんでした^^;(本気とは、、、?)


家の外にジャックオランタンを飾っているおうちは訪問OKの合図。
知らないおうちでもガンガン行くらしいです。

クラスのグループチャットでも、クラスメイト何人かで一緒に回る約束をしている人がいました。


IMG_7946


ハロウィンはアメリカがメインらしく、イギリスではそこまで大々的にやっているわけではないようなのですが(スーパーもハロウィン前なのに、ハロウィンコーナーよりクリスマスコーナーの方が大きい)、せっかくだから子どもと楽しみたいですよね。

ナーサリーでは仮装OKな日があって、ハロウィンの制作をしてきたりもします。(学校は制服だから、仮装は基本的にNGみたいです)

街中もハロウィン前はカボチャだらけになるので、街歩きも楽しめますよー。






最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。





車で国内旅行をするときに必ず通る、高速道路。

イギリスの高速道路の最大の特徴は、
無料なところ!

ありがたいですね〜。
無料だから、入り口もよくわからないし気づいたら高速道路を走っています。(自分が運転しないから余計に)

一部有料道路があって、ネットでの支払いが必要な道路もあります。(そこはGoogle マップさんが教えてくれます)

イギリスの道路も番号付けされていますが、高速道路はM1.M2などM(moterway)と表記されています。

IMG_9699


高速道路では、速度チェックのカメラもあります。


IMG_3454

イギリスは、日本と違って必ず表示されています。日本みたいに隠しカメラはないそうです。(卑怯と言われるらしい、、)





高速道路の特徴は、このくらいです。(正直、日本と大差ないです)





そして、子連れ車旅行で大事なのが

サービスエリア!

イギリスでもserviceと書かれています。

イギリスのサービスエリアも、日本同様ご飯屋さんが数店とスーパー、トイレがあり、外にはガソリンスタンドがあります。

IMG_3445

規模の大きいところはシャワールームがあったり、ホテルが併設されていたり、なんならカジノがあるところまで!



日本と違うところは、サービスエリア自体が少なくて入り口がわかりにくいところ(基本、分岐のラウンドアバウト沿いにあります)と駐車場は2時間以上停める場合はお金がかかるところ!
(たまに上りのSAと下りのSAがつながっているところも)


基本的に小休憩するためのもので、日本のようにご当地グルメで賑わっていたりするわけではありません。

トイレに寄って、必要なもの買って、そそくさと出発。


な、ん、で、す、が、

子連れだとそうスムーズに行かなかったりしますよね。
長距離移動だと、退屈でDVDを見せ放題にしても飽きる。公園に行きたいと言い出す。お菓子食べたい。ヒマ〜まだ〜?と言われる。


ので、子連れ車旅だと、皆さん途中途中で子どもが楽しめそうなスポットを挟みつつ移動しています。(公園とか、動物園とか、ファームとか)


でも、正直、サービスエリアにプレグラがあったらお悩みズバッと解決しちゃうんじゃ?と思っていたら、

ちゃんとありました!プレグラ付きサービスエリア!

こちら、moto Rugby!

IMG_3449

(なぜかGoogle マップのURLが貼れなかった、、)


見てください!屋内にソフトプレイ!

IMG_3441


屋外にはプレイグラウンドもありました。

まことは、このソフトプレイで1時間ほど汗だくで遊び倒しました。


baby change(ベビールーム)もこんな感じで、可愛くてキレイ!(キレイなの大事)

IMG_3437

IMG_3436

これは、イギリスで今まで行ったbaby change 第一位かも!(そもそもbaby changeがない場所も結構あります)


他にも、フードコートにコンセントあり、ファミリー用駐車ゾーンがある(入り口に近く、隣との幅が広くなっている)と至れり尽くせりです。
ロンドンから2時間弱という、ちょうど休憩したいタイミングの距離にあるのもオススメポイント高いです!

ロンドンから北西方向にあるので、湖水地方や北ウェールズ方面へ旅行に行かれる方はぜひ利用してください。



moto serviceはあちこちにあるようなので、ホームページでチェック出来ます。
https://www.moto-way.com/

全てのmoto serviceにプレイエリアがあるわけではないのですが、調べてみる価値はありそうです。



もはや、今回のブログはmoto Rugby最高だったよ!話です。(気づきますよね)


唯一、悪い点は子どもにとって楽しすぎるので、ご飯そっちのけで遊んでしまうところです。

でも、たまにはいいよね。旅行だもん。



ということで、おすすめサービスエリアでした!
(高速道路について詳しく知りたい方は、もっとわかりやすく書いている方がいるはずなので、そちらをご参照ください)



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



珍しく真面目な内容です。(題名の漢字の多さにびっくりしています)

IMG_6927


日本で、第49回衆議院議員総選挙が行われていますね。


イギリスに住んでいる私には関係な、、、くないんです!
ちゃんとあります、選挙権。

普段、適当な私でも選挙だけは20歳の時からちゃんと行っています。(子どもを産んでからは真剣に考えるようになりました)



渡英して3ヶ月経った頃、在外選挙人の申請をして在外選挙人証をもらっていました。

手続きの方法は、大使館のホームページを参照してください。




投票方法は3つ。
  • 大使館で投票する
  • 郵送で投票する
  • 日本国内で投票する

があります。




そして行ってきました、大使館!

IMG_6903

投票は予約不要でした。


入り口でガードに「electionにきた」と伝えて、荷物チェックをして中へ。


まずは、日本へ投票用紙を送るための封筒と在外選挙の申請書を記入します。
ちなみに投票できるのは、渡英前に住んでいた自治体です。



続いて投票。

IMG_6925





日本での投票と違うのは、二重封筒に入れること。



候補者の名前がわからない時は、ちゃんと名簿一覧があって調べられます!(全国の候補者の名前一覧なので、大きなファイルに綴じられていました)



自分で封をして、提出。



ちゃんと選挙立会人の方もいて、封筒をチェックされていました。(この立会人の方がどのようにして選ばれているのか、かなり気になるところです)




それで終了!



平日の午前中に行って、かなり空いていたのもあって10分もかからずに終わりました。
日本の選挙に比べれば、書くものは多いけれどスムーズにだったなという印象です。さすが日本。


土日は混むかと思いますが、24日まで投票可能なので、まだ投票されていない方はぜひ!



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

このページのトップヘ