ロンドンでの子育てとか生活とか。

カテゴリ: ロンドン生活

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。




住む場所が違えば、使うアプリも違う。

ということで、実際に使ってみて便利だったおすすめアプリを紹介します。

一つ一つの写真を載せるのが面倒なので、ホーム画面のスクショですみません。(リンクもiPhone用とAndroid用それぞれ貼るのがしんどいので、もし気になるアプリがありましたら、アプリストアで検索してみてください。アプリによっては日本にいる間はダウンロード出来ないものもあります)

IMG_5749

ホーム画面に入れているスタメンアプリ達は(赤丸のもの)
  • WhatsApp(このブログに何回も出てきてるメッセージアプリ)
  • BBC WEATHER(天気予報の中で1番当たってる気がする)
  • Weather Bug(アメダス的なのが見れる天気予報)
  • Currency(£いくらかチェックする)
  • DeepL(ナチュラルな英訳、日本語訳にお世話になっています)
  • ファイル(これiPhone内蔵アプリなのですが、ミュージアムなどのチケットはすべてファイルに入れています。ネット環境に左右されないからすごく便利!)


次に、

交通系

IMG_5235

  • BUS Checker(近くのバス停を検索できる。バスがいつ来るのかタイムリーにわかる)
  • Tube Map(地下鉄の乗り換えやエレベーターの有無を調べられる)
  • TfL Oyster(自分のオイスターカードと紐付けて残高確認、チャージができる)
  • Uber(実はまだ使ったことはありませんが、いざという時のために)
  • Railcard(Railcardを購入するなら必須です)

写真右側のものは出先の駐車場で簡単に料金を支払えるアプリ達がほとんどです。特にRingGoとPayByPhoneはよく使います。

Citymapperは経路検索で便利と聞いて入れてみましたが、正直私はGoogle マップで事足りているので全く使っていません。



英語系

FullSizeRender

たいして英語が喋れるわけでもないのに偉そうですみません。
  • Deep L(ホーム画面にあります)
  • 翻訳(自分で英文作る時に使ってます)
  • Otter(会話を録音できる。学校の面談とか、大事な場面で使ってます。※必ず相手の了承を得てくださいね)
  • ELSA Speak(クイズ形式で自分の発音をチェックできる)
  • Podcast(たまに英語のもの聞く)



買い物・食べ物系

IMG_5236

お店のポイントカードやネットスーパー系がほとんどです。
  • TESCO(ポイントカードとネットスーパーどちらも)
  • WAITROSE(ネットスーパー
  • Sainsbury's(ネットスーパー)
  • TooGoodToGo(フードロスを減らすためのアプリ。お店で廃棄になりそうな食品を格安で買えます。)
  • COSTA cafe(ポイントカード)
  • UberEats(日本と一緒)
  • Deliveroo(デリバリー。UberEatsより使っているかも)
  • JustEat(デリバリー)
ポイントカードは近くにあるTESCOのものしか持っていませんが、£10毎に1ポイント貯まります。
100ポイント=£1分のクーポンがもらえます。



その他

他は、NHSのアプリとテーマパークのアプリを入れています。

FullSizeRender

テーマパークの話はこちら↓






正直、写真と全てにリンク貼るのが面倒で、この内容一年くらい放置してました、、、
スクショ+リンクを断念することでやっと書けました!

上に書いてあるものほど、おすすめ度高いのでよかったらアプリ使ってみてください。


スマホの設定をイギリスに変えないとダウンロードできないアプリもいくつかあったかと思います。

設定の変更の仕方は、iPhoneの場合は
設定→メディアと購入→アカウントを表示→国または地域名→国または地域を変更→新しい住所などを入力し同意

で変更できます。

Androidの場合は、詳しくはわからないのですがAndroidユーザーの夫は設定で国を変えただけでダウンロードできたそうです。が、正直不確かなので他の記事を探してみてください!(すみません)



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。


美味しいものを食べるのが大好き、
イギリスで安くて美味しいものを食べるなら自分で作っちゃうのが1番だと信じています。


IMG_4157


イギリスへ来たばかりの頃は、慣れない食材や機械に悪戦苦闘しましたが、やっとスムーズに作れるようになってきた!(元々、料理が得意じゃないから余計に大変でした)
ので、初めてイギリスで料理をする前に知っておくと役立つかもしれない情報をまとめます。

  • テーブルスプーンが大さじ、ティースプーンが小さじ
  • 電子レンジの加熱時間はワット数×時間で変えられる
  • ケトルの掃除が面倒なら、軟水でお湯を沸かして!
  • 薄切り肉を作るなら半冷凍して
  • 皿洗いの時はゴム手袋必須!
  • 好きなイギリスの料理人を見つけると役に立つ


テーブルスプーンは大さじに、ティースプーンは小さじになる

これは知っておくと本当に便利!
テーブルスプーンはカレースプーン(大きい方)で、ティースプーンはプリンとか食べる時に使う小さい方のスプーンです。
イギリスにももちろん、大さじ小さじスプーンは売っています。が、これを知っておくだけで余計に買う必要もなし。
英語のレシピを見ても、慌てることなく作れます。


電子レンジはワット数×時間で加熱時間を変えられる

これ、知ってました?私は最近知ったのですが、
日本の電子レンジは500か600Wで、イギリスの電子レンジは800か900Wのものが多いです。
そうすると加熱時間も変わってくるけど、今まで様子を見ながら適当にやっていましたが、計算して最適な時間を割り出せるんです!

ワット数×時間で異なるワット数でも余裕!

例えば、
600Wで4分というレシピなら、600×4=2400で
800Wなら2400÷800=3 で3分でOKとわかります。

これで温めすぎて、お皿が持てない!とか、
思ったより温まってなくて、もう1回!が減ります。




軟水でお湯を沸かせば、ケトル掃除が楽になる

イギリス=硬水
硬水=ライムスケール

硬水でお湯を沸かすと、ケトルはライムスケールだらけになります。
スーパーの掃除用品コーナーには、ケトル掃除用グッズもあるし、気になる方は食用クエン酸を使えば気軽にお掃除できます。
が、結構すぐライムスケールがまた出てきます。
気にせず飲めるといえば飲めるのですが、気になる方は軟水(ブリタの浄水器などの水)を使うと掃除の頻度が下がります!
ちなみに私はいちいちブリタを冷蔵庫から出すのが面倒なので、結局硬水のまま使っています。(結局!!)


薄切り肉を作るなら半冷凍して

イギリスには薄切り肉なんてありません。
お肉屋さんで頼めば薄切りもしてくれますが、正直わざわざお肉屋さんまで行くのが面倒。(個人的な感想です)
家のすぐ近くに大きめのTESCOがあって、そこでなんでも揃うのでテスコだけで買い物を済ませたい私は基本的にブロック肉を買って、少しだけ冷凍してから薄切りにして小分けにしてから冷凍保存しています。これがあるだけで、お昼ご飯に焼きそばやお好み焼きが簡単に作れるので、常備しています。




皿洗いの時はゴム手袋必須!

これは!絶対!して!
硬水で肌が荒れやすい。
食器用洗剤も日本のものより荒れやすい。

一瞬で手がガサガサになります。

ゴム手袋を使っていると、ガンガン食器を洗っても手荒れしらずです。
スーパーで一組£1くらいで売っています。


好きなイギリスの料理人を見つけると役に立つ

これ、我が家はたまたま日本にいた頃から料理研究家のレイチェル・クーが大好きで(とくにまことが)、彼女の番組を録画して何度も見たり、DVDを買ったりしていました。
彼女が料理する様子や、使っている食材を見て、ヨーロッパではどのように料理しているのかあらかじめ知ることが出来ました。

上記のテーブルスプーンとティースプーン、皿洗いの時にゴム手袋をつける、という情報も渡英前からレイチェルの番組で見て、なんとなく知っていました。


レイチェルの他には、有名なのは
  • Jamie Oliver
  • Mary berry
  • Yotam Ottlenghi

あたりでしょうか。

料理に関する知識もつくし、英語の勉強にもなるし、料理のレパートリーも増える。
一石三鳥ですね!

IMG_4156
料理一つとっても、慣れるまでは大変ですが、
美味しいものを食べるために!(ここ重要)頑張りましょう!



現地スーパーで買える、使える調味料はこちら↓




最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/


こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



入居して1年。大きな問題もなく、(いや寝室に閉じ込められたり、カビだらけになったりしてたよね?)過ごしていましたが、

ある日の夜、洗濯しているとエラーが!

どうやら排水パイプが詰まってしまったらしく、洗濯機が動かなくなってしまいました。

IMG_5569

この時はまだ、これが長い戦いになるなんて思ってもいませんでした。


壊れて1週間後、

業者さんが来てくれました。
排水パイプの詰まりだから、交換して終わりと思いきや、実は乾燥機能も壊れているらしい。(ヒーター部分もしくは熱風を送るモーター部分)

そこの部品がないから、今日は直せないと言われました。まあここまでは、イギリスだからしょうがない。


部品が届くのを待って、

更に1週間。

部品がどうやら、型が違うものだったらしく、合わないと!



別の部品の発注を待って、

更に1週間。

この日は正直何をしたのかよくわかりませんでしたが、直りませんでした。

この時点でちょっとイライラし出す私達。

なぜ型の合う部品を注文することすら出来ないのか?
なぜ悪びれもなく、直せないと言って帰っていくのか?
なんなら管理会社である日系不動産屋さんの担当さんも「イギリスなのでご了承ください」とか開き直ってくるし、(たしかに担当さんが悪いわけではないけど、もっと業者側にガツンと言っても良くない⁉︎とは思っていた)結構イライラのピークでした。


しかも、この2日後

階下の住人がやってきて、「リビングの天井から水が垂れてくるけど、水漏れしてない?」と。
私達は心当たりがなかったので、「してないよー」と返答しましたが、その後ケアテイカーさんがやってきて、キッチンをチェックするね、と。


そうしたら、洗濯機のホースが外れていて、そこから水がポタポタ垂れている!

完全に2日前の業者さんがやったやつ!怒


ケアテイカーさんが、水道の元栓を閉めてくれたので、水漏れは止まりました。

(これは完全に業者のミスなので、業者の保険の方で対応したようです。私達は完全にノータッチ)



洗濯機が壊れて26日目

この日の修理でやっと直った!はずだったんです。

3〜4日使い続けて、乾燥が終わって洗濯物を出すと、

IMG_6485

えっ、、

FullSizeRender

庫内溶けてるー!!!


たしかに、直ってから何かが溶けるような臭いはしていました。
でも業者の方から「数日は新しい部品のコーティングが溶けるから、臭いかも」と聞いていたので何も疑っていませんでした。

あと、今までより乾きがかなり良くなっていました。まさか庫内が溶けるまで熱くなっているとは、、、。




洗濯機が壊れて36日目

やっと新しい洗濯機が届き、、、、ませんでした!

確実にフラットの下までトラックはやってきて、そのトラックの中に新しい洗濯機は入っていました。

ですが、古い洗濯機を持って行かうとした業者さんが、「これ、コンセント床に落ちてない?漏電の危険性があるから、俺たちは設置できないよ」と言われ、何もせず帰っていきました。


私、唖然。



次の日、別の業者さんがきてコンセントを見て、「これ最初からこうなってるだけ。大丈夫!俺が設置してあげるよ!」となにやら陽気に話していました。



もう、誰でもいいから早く持ってきてくれ、、、



洗濯機が壊れて43日目

「俺が設置してあげるよ!」おじさんが無事設置してくれました。泣

IMG_2642

長かった、、、

業者が3回目に来た時くらいからずっと新しい洗濯機を買った方が早いと思っていた私達は「ほらー!!!」って気持ちもありますが、家で洗濯出来る幸せ。







洗濯機が故障している間はコインランドリーで洗濯していました。

Google マップでlaundryを検索し、近所のところへ。

洗濯機と(30分、容量により£5〜8)

IMG_5566

乾燥機(£1で7分乾燥)がそれぞれありました。

IMG_5567


日本みたいに洗濯乾燥一体のものはありませんでした。
小銭のみ。基本的に店員さんがいるので、その方に両替してもらいます。

夫が行ってくれる時は、洗濯が終わるのを待って、自分で乾燥させて、乾いたら持って帰ってきてくれるのですが、2日に一回行かなくては洗濯物が回らないので、私があづきを連れて行くことも。

ここが個人経営のコインランドリーで、おじさんがめちゃくちゃ優しくて、私があづきを連れて行く時は乾燥に必要なお金を渡すと、代わりに乾燥まで終わらせてくれていて、後で乾いた洗濯物を取りに行くことが出来ました。ありがたい。(しかも終わり予想時間まで教えてくれたので、慣れるまでの間は本当に助かりました!)


ここで20回くらいは洗濯しました。(もちろん自腹で。業者に請求したいくらいです)




イギリスの業者に期待してはいけないとはいえ、さすがにひどすぎる対応だったので、参考に(?)なれば幸いです。

でも、すごく丁寧で対応が早い方もちゃんといるんですよ!
どの業者かは、管理会社やオーナー次第なので、ガチャではありますが、悪い人ばかりではありません。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。


新型コロナウイルスが流行り出してから丸2年が経とうとしていますね。

IMG_0262

東京での緊急事態宣言、イギリスで2回のロックダウンを経験した我が家ですが、この2年間、家族のみんながほとんど体調を崩すことなくこの秋まで過ごしてきました。


ですが、あづきがナーサリーに通い始めて2ヶ月が経ったある日。
あづきはナーサリーへ、まことは学校へ行って、「はーやれやれ」としていたら、ナーサリーから電話が。


「あづきの熱が38.1度あるの。カルポルを飲ませていい?1時間くらい様子を見て、また連絡するわね」



ついにきたか。あづき生まれて初めての発熱!

うちの子たち、身体が強いのかめったに熱を出さなくて、コロナによる自粛をしていたら、あづきは2歳まで発熱なしで過ごしてきました。


※カルポルはイギリス定番の子ども向け解熱剤です。熱が出たらカルポル。予防接種を打った後もカルポル。とりあえずカルポル。(ファーマシーで買えます。常備必須!)

IMG_0260

カルポルを飲んで、熱は下がったもののお迎えに行きました。


ちょうどオミクロンがイギリスでも出始めたタイミング。
すぐにPCR検査を予約しました。



政府のホームページから申し込み。
名前や生年月日、症状の有無やワクチン接種歴など入力し、
  • 自宅にPCR検査キットを郵送してもらう
  • ドライブスルー検査場へ行く
  • ウォークイン検査場へ行く

の3択から選べました。

自宅で検査する場合は、移動の必要がなく安心ですが、キットが届くまでに1日待ち、採取しポストへ投函してから結果が出るまでに2日近くかかるらしくやめました。


ドライブスルー検査場、ウォークイン検査場は自宅のポストコードを入力すれば1番近い場所を表示してくれます。

その時々で場所は変わるらしく、その日は車で20分、バスだと40分ほどかかる場所しか空いていませんでした。

たまたま夫が在宅だったので、まことをお迎えに行って、そのまま家族4人でPCR検査を受けることに。
(有症状者に加えて、無症状でも同居家族3人までは検査を受けられます)

ウォークインとドライブスルーの大きな違いとしては、
ドライブスルーの場合、検査の前後も含めて一歩も車から降りてはいけないこと。
我が家みたいに後部座席に子ども2人を乗せている場合、検査中に子どもを押さえておくのがかなり難しくなるのでウォークインにしました。


完全予約制なので、到着してからスムーズに検査場所へ。
予約を取った時点で1人一つ、QRコードが届きます。そのQRコードで受付し、中に進みます。
テント内に個別のブースが設けられていて、キットを渡されて自分で取るスタイル。

IMG_0263

まずは大人2人がサクサク終わらせます。

そこで、不穏な空気を感じとる子ども達。(もちろん、まことには説明してから行きましたよ!)

夫が抑え、私が採取しました。
当然、検査場のスタッフさんは手伝ってくれません。
お子さんのPCRのために行く時は、大人2人以上必須です。


最後に、予約したQRコードと検体のバーコードを連携させて(ここはスタッフさんがやってくれます)、検体を提出して完了!


検査に来ていた人も多くなく、本当にスムーズでした。


結果は20時間後にメールとショートメールで届きました。(予約の時に登録した電話番号かメールアドレスに届きます)

FullSizeRender

ちなみに、私とあづきの結果は20時間ほどで陰性と出たのですが、夫とまことの結果がなかなか来なくて。

「これはオミクロンだったんじや⁉︎」とヒヤヒヤしていましたが、22時間後くらいにちゃんと陰性の連絡がきました。
検体が箱の中でバラバラになって、結果が出るまでに時差が出ただけでした。よかった。

IMG_0261

まだまだ、我慢が必要な時期が続きますが、引き続き手洗い、マスク着用、換気、体調が悪い時はステイホームをしていきたいと思います。





最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



ハロウィンが終わるとイギリスはクリスマス一色。
暗くて長い冬を全力で楽しみにいきます。

①アイススケート

なぜかイギリスの冬といえばスケート。
ハロウィンが終わると、あちこちでスケートリンクの準備が始まります。

そんな中、まことと一緒に行ってきたのが、こちら!

IMG_7175

Natural History Museumの隣にあるスケートリンク。

もうもう素敵でテンションあがります。


私は8年ぶり、まことは生まれて初めてのスケート。初めてのスケートでも楽しめるお助けグッズがこのペンギン。

FullSizeRender

追加料金を払えば、これにつかまりながら進めます。(でもペンギン自体は軽いので、あまりに腰が引けると転びます)

この他に、二枚刃で転びにくいタイプのスケート靴もありました。

この日はまだ10月の終わり。気温も15度くらいあったので、完全な氷ではなく水だらけでした。
なので一回でも転ぶと、全身びしょ濡れになります。
着替え、もしくはウォータープルーフ素材の上下が必要です。

他にスケートができる場所はこちら。


Winter Wonder Land

ロンドンのクリスマスの一大イベント、ウィンターワンダーランド。2021年は11月19日から始まります。


ハイドパークで行われるので、アクセスも良いです。

IMG_8860

クリスマスマーケットとファンフェア(移動遊園地)などが合わさった場所。(入場券は要予約。2歳以下無料)
ここでもスケートが出来ます。(要予約、有料)
他にもサンタさんに会えたり、氷の世界を探検したり、ホームページを見る限り家族みんなが一日中楽しめそうな場所です。
もちろんイルミネーションも素敵。




クリスマス限定イベント

Winter Wonderlandの他にも、各所でクリスマス限定のイベントが行われます。

私が今年、予約したのは

イルミネーションやライトトレイルだったり、サンタさんがいたりします。

イルミネーションがメインなので、開始時刻はだいたい夕方から。週末の予約はすぐ売り切れてしまうのでお早めに!


他にも、
おもちゃ屋さんのHamleys(https://www.hamleys.com/what-s-on-at-hamleys)では、サンタベアやエルフに会えるイベントがあったり、Libertyでもサンタさんに会えるそうです。




イルミネーション&クリスマスデコレーション

欧米の本気のイルミネーションはすごいです。
エコエコ言っていても、これだけは別のようです。

子連れだとなかなか夜お出かけ出来ないのですが、日没が早いので17時くらいでも十分キレイに見れます。(人手も多くなるので、スリに注意)


昼間の写真ばかりですが、
まずはフォートナム&メイソン

IMG_8725

夜は赤くライトアップされます。アドベントカレンダー風で可愛いですよね。



次に、オールドボンドストリート
ハイブランドのお店が並んでおります。

カルティエとか、

IMG_8714

ティファニーとか、


IMG_8718


リージェントストリートは去年に続いてイルミネーションを見てきました

FullSizeRender


他にも
  • キングスロード
  • オックスフォードストリート
  • マウントストリート

あたりが有名でキラキラしています。



なんならうちの近くの道の街灯にすらイルミネーションが現れるくらいなので、イギリスの人達のクリスマスへの本気具合が伝わってきます。


クリスマスマーケット

クリスマスマーケットといえば、ドイツですが、ロンドンでもやっています。(規模は全体的に小さいです)


サウスバンク(https://www.southbankcentre.co.uk/whats-on/winter-market-2021

IMG_8772


レスタースクエア(https://secretldn.com/leicester-square-christmas-market/

IMG_9261



他にも
でやっています。

ロンドン市外では、

など大きい都市で開催されています。

特にバーミンガムのクリスマスマーケットは本場ドイツとオーストリアを除くと欧州最大のドイツ式クリスマスマーケットだそうです。
(2021年は中止になっていますが、バースのクリスマスマーケットも素敵だそうです)


ホリデーシーズンには、本場ドイツのクリスマスマーケットへ行く人も多いでしょう。(残念ながら2021年は新型コロナウイルスの拡大でドイツはロックダウンとなってしまいましたが)


サンタさんに会いに行く

海外ならでは、サンタさんに会えるイベントがたくさん!

先程のWinter Wonderlandでも会えます。(予約不要、無料。ですが、写真は高額です)

FullSizeRender

他にも

など、遊びに行ったらサンタさんがいた!なんてこともあるくらいサンタさんに会えるイベントだらけです。


NUTCRACKERを見に行く

IMG_9222

Royal Opera Houseでクリスマスの時期にやっている『くるみ割り人形』




去年のクリスマスはNetflixで鑑賞しました。
今年はもちろん見に行くことができます。期間中、ファミリーデーという子連れOKな日もあります。(その分、激戦ですが。そもそもこのバレエ自体常に激戦です)

2時間と長いこと、まことがバレエにあまり興味もないこと(そもそも屋内のシアターが苦手なこと)から、我が家は断念しましたが、バレエが好きなお子さん、習っているお子さんはきっと楽しめるでしょう。


IMG_9209

2年目のイギリスでのクリスマス、去年よりは成長したかなと思いつつ、見返したら去年とほぼ変わっていませんでした笑(ロックダウンの違いはあるけれど)

去年のクリスマスの話はこちら↓



クリスマス当日はどう過ごそうか、今から悩んでいます。あと、ケアテイカーさんへのクリスマスプレゼントと、今年はまことのお友達や学校の先生へのクリスマスプレゼントやカードも準備しないといけないので、ぼちぼちやっていこうと思っています。クリスマスクラッカーとか、プレゼントを包むラッピングとかも買わないと、、、(買い物メモになってる)


最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

このページのトップヘ