ロンドンでの子育てとか生活とか。

カテゴリ:ロンドン育児 > 食事・離乳食

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。

食べること大好き、あつこです。
美味しいものをたくさん食べたい派なので、基本的に食材は安いものをメインに買うのですが、数十ペンス高くても美味しいから買いたいものもある。

そんな食材あれこれです。


まだ渡英されたばかりでどれを買ったら良いのかまだわからない方、ぜひ一回試してみてください。


まずは、ジャム。

FullSizeRender

ボンヌママンは安定のおいしさ。
ジャム以外にも、マドレーヌなどの焼き菓子やプリンなども安定のおいしさなのでスーパーでチェックしてみてください。




次に、ケチャップ。

FullSizeRender

このwillnen&sonsのケチャップは本当に美味しい。
他のケチャップは酸味がキツすぎて、オムライスなどに使うのは躊躇われるのですが、これは酸っぱすぎず美味しくできます。
難点は、細身の瓶なのでめーーーーちゃくちゃ取り出しにくいこと。
手でバンバン叩きながら出しています。(それで予定より多く出てしまうこともあります)
口が細すぎるので、少量だけ出したい時は離乳食用のフィーディングスプーンを使っています。

残り少ない時は、デミグラスソースなど水と合わせる料理の時に水分を入れてシャカシャカして使い切ります。





あと、本当におすすめ!グラスフェドバター!

FullSizeRender

これは本当に美味しい!(上記の他のものも美味しいですよ!)
これは、シンプルにバタートーストにしただけでも「うわっ美味しい!」って思います。(ちなみにバタートーストは、フライパンにバターを溶かしてパンに吸い込ませる焼き方が1番美味しいです、ぜひお試しあれ!)



ピンポイントですが、コーヒー用砂糖

IMG_3676

甘いコーヒーがお好きな方は本当に一回試してみてほしい。
めちゃくちゃ美味しくなります!



果物編

写真はないのですが、
いちごはTESCOのsupersweetシリーズ、もしくはzaraシリーズが甘いもの多いです。

ぶどうはCotton floss(黄緑色のぶどう)が美味しいです。



番外編 ポテトチップス

IMG_3850

この味、本当に人気で美味しい。ピリ辛でクセになる味です。
写真は大袋ですが、小袋5袋入りの大容量パックもあります。
手が止まらなくなるので、小袋を買うようにしています。

今ダイエット中なので、久しく食べていませんが写真を見ていたら食べたくなってきた。






最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。


物価の高いイギリス、普段はあまり外食はしないのですが旅行の時は話が別。

朝ごはんはホテルについていますが、昼ごはん夜ごはんはどうしても外食になります。


そんな時、選択肢の一つとして考えてほしいのが、イギリス名物の

パブ!


パブってお酒飲むところで、子連れはちょっと、、、って私も思っていました。
なんか酔っぱらいがたくさんいて、絡まれたり、財布をスられるんじゃないか、とか。(偏見がすごい)


でも、実際に訪れてみたらそんなに怖くないし、なんなら元からガヤガヤしているから多少子どもが騒いでも気にならない。
実は子どもフレンドリーな場所もあって、パブご飯もありだと気づきました。



パブの特徴と、子連れフレンドリーなお店の見つけ方をご紹介します。


ますば、パブの特徴

  • 注文はバーカウンターでするお店が多い
  • メニューはだいたいどこも同じ
  • 日曜日はサンデーローストを食べる
  • 店内はだいたいガヤガヤしているから子どもが騒いでも気にならない
  • キッズメニューやハイチェアがあるお店もあり
私が行ってみて気づいたのは、以上の5点。


お店によって、飲み物はバーカウンターで食事はスタッフに注文する場合や、全てスタッフに注文する場合、アプリで席を立たずに注文できる場合など、多少の差はありますが、だいたいバーカウンターで注文して、そのまま会計することが多いかと思います。
注文しに行く時はテーブル番号が必須です。

メニューは、イギリス名物フィッシュ&チップスとかビーフパイあたりが多いです。あとはハンバーガー。
日曜日だけはサンデーローストというメニューが出てきます。

FullSizeRender

こんな感じで、ローストしたお肉(ビーフやポーク、チキンを選べます)とグリル野菜、ヨークシャープディングという小麦粉と水をこねて焼いたようなものの組み合わせです。

めちゃくちゃボリューミーで、昼ごはんとして食べると夜ごはんはいらないくらい量があります。


そして、お店によってはキッズメニューがあります。
キッズメニューはだいたい、ハンバーガーかチキンを焼いたもの、トマトパスタ、フィッシュフィンガー(フィッシュ&チップスの魚が小さく切られているタイプ)あたりがあります。

キッズメニューなら味付けが子ども向けになっているし、ドリンクと合わせて£5前後なので良いです。(大人も取り分けを心配せずに好きなものを食べられるので気に入っています)

たまに郊外のパブに行くと、パブの外にあるのがこれ!
IMG_9969

プレイエリア!

パブで⁉︎と思いますが、パブです。


料理が来るまでの間や、子どもだけ先に食べ終わってしまった時に遊ばせておくことが出来るので良いです。



子連れフレンドリーなお店を見つける

これは、とにかくホームページからメニューをチェックするのが1番確実です。
キッズメニューがあれば、100%キッズフレンドリーなので安心して行きましょう。
ネット予約が可能であれば、予約しておくとより安心です。

経験的に観光地はだいたいキッズメニューがあるパブがあります。



慣れると子連れパブも良いものなので、ぜひ一度訪れてみてください。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



親なら気になる、子どものおやつ。
甘いものなら砂糖が気になるし、
しょっぱいものは塩分が気になる。
合成着色料とか、人工甘味料とか、余計なものは無い方がよい!

などなど、気になり出すときりがないのですが、


実際、私が子どもたちにどんなおやつを食べさせているかと言うと、


8割くらいは市販のお菓子です!(ドーン!)




ですが、ベビー向けのお菓子!

これが意外と3〜4歳でも美味しく食べられるんです。

スーパーの大型店舗、もしくはドラッグストアに離乳食コーナーがあります。
そこに並んでいるベビー向けお菓子は種類が豊富で、味もおいしいものが多い。

ベビー向けなので、もちろん砂糖は入っていないし、香料や着色料もなし!


近くの大型TESCOのベビー向けお菓子コーナーはこんな感じ。

FullSizeRender
この棚から、好みのものを選べば大丈夫ってすごい安心感。





いろいろ食べてみたなかで、うちの常備お菓子をご紹介します。


まずはOrganixのオーツバー。

https://www.organix.com
FullSizeRender

あづきが大好きでよく食べます。
野菜が入っているのが最高。

Organixはどれを食べても美味しくて、ビスケットやパフのシリーズもよく食べます。



KIDDYLICIOUSのベジストロー

https://kiddylicious.com

FullSizeRender

これはみんな大好き!
口の中で溶けるから食べやすいし、野菜で出来ている。グルテンフリー、乳製品フリーなのでお友達にも配りやすいです。

左がノーマルの野菜味で、右側がチーズ味です。
野菜味の方は、薄めのサッポロポテトの味がします。大人が食べても美味しい!


ケチャップでお馴染み、Heinzのビスコッティ

https://www.heinzbaby.co.uk


FullSizeRender

これはちょこちょこ食べさせるのに便利。
バスや電車などで、どーーーうしてもぐずる時に食べさせています。
イギリスの電車、バス内で食べ物食べてる人結構多くて(大人でも。たまにマック食べてる人います)子どもにも与えやすい(精神的に)のが助かります。

一袋が小さいので、バッグに忍ばせておけます。


fruitbowlのflakesシリーズ

https://www.fruit-bowl.com
FullSizeRender

ドライフルーツにヨーグルトコーティングされているこのお菓子。
先程のハインツのビスコッティ同様、時間稼ぎしたい時に大活躍してくれます。

まこともあづきも、ドライフルーツだけだと嫌がるのですが、ヨーグルトコーティングされているだけでパクパク食べる!
(これだけはちょっと砂糖入っているんですけどね。量が多くないからまぁいいか)




飲み物は

Ella's kitchenのシリーズ。

https://www.ellaskitchen.co.uk/#

FullSizeRender

あづきのお気に入りはred oneと言う、赤いフルーツが入っているものですが、他にもpink oneやpurple oneもあります。
イギリスの子ども達、離乳食もパウチタイプのものをゴクゴク飲んでいます。可愛い。



まことのお気に入りは

innocent smoothieシリーズ

https://www.innocentdrinks.co.uk/home
FullSizeRender

これは本当に美味しい!

公園でもよく見かけます。大人気。
果物だけのタイプや、野菜も入っているwith vegシリーズもあります。
美味しいのに砂糖不使用です。




Organix, KIDDYLICIOUS, Heinz, Ella's kitchenは離乳食コーナーに売られているので、お子さんの離乳食が完了していてもぜひ離乳食コーナーはチェックしてみてください。





あと欧米といえば、おやつに果物。

まだ、りんご丸齧りしている人は見かけたことはありませんが、カフェなどで売られているkids mealの中を見るとりんごが入っている率高いです。
イギリスのりんごはとても小さくて、子どもでも丸ごと食べられるくらいの大きさです。


他にも、レーズンを食べている人が多い!


レーズンはこんな小さな箱に入っています。

FullSizeRender

子ども達の好きなキャラだと馴染みやすいですよね。

FullSizeRender
公園で遊んでいると朝10時のスナックタイムに食べている子が多いです。




たまに子どもたちとクッキーなどを作ったりもしています。オーブン最高。
お菓子作りの話はこちら↓




日本にも美味しい子ども向けお菓子はたくさんありましたが、イギリスの子ども向けお菓子は徹底的に砂糖不使用であったり、野菜が多く使われているものも多くて、親としてはありがたい限りです。




最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/


こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



日本で食べ慣れた調味料が手に入るとはいえ、やっぱり割高!
そんな中、イギリスで簡単に手に入るもので日本の調味料の代用にならないか調べてみたら、結構いろいろありました。

実際に使ってみて、代用してよかったものを紹介します。


みりん

みりんは高い&現地スーパーではなかなか手に入らない代表。

そんなみりんの代わりに使えるのが、

FullSizeRender

リンゴジュース!


え、まさか?って感じですよね。

私、YouTubeの『マッスルグリル』をよく見るのですが、マッスルグリルに出てくるシャイニー薊さん、ボディビルダーであり服部調理専門学校卒という経歴をお持ちで、かなり料理の参考になります。

薊さんがよくリンゴジュースを使っていて、みりんの代わりになるそうなので、実際に使ってみたら美味しい!


しかも、みりんと違ってアルコールを飛ばす必要もないから子どもの料理にも使いやすい。

1リットル£1〜2で買える。これ本当に良いです。(ロンドンで本みりんを買うとしたら1リットル£13くらいします)

一つ、注意点があるとすれば加熱しない時(麺つゆとか)はりんごの味がしがちです。
経験上、安いものほどりんごの味が残りやすいので、ちょっと良いリンゴジュースの方が良いです。(それでも十分みりんより安い)


今日のブログのメインは、このみりんの話です。
(あと最後にもう一つ、かなりオススメのものあります)





料理酒

料理酒なんて現地スーパーでは手に入りません。そもそも清酒がない。
料理酒の代用は、

FullSizeRender

まあワインですね。
ここは流してください。私はいつも£3〜4とかの安いワインで作っていますが、特に何も気になりません。

ワインお好きな方は、普段飲まれるワインでも良いですね。






コンソメ

クノールのスープストック的なものはどのスーパーでも売っていますが、味がイギリスナイズドされていて日本のコンソメではない!


でもこれ!

IMG_0866

DSEMのCONSOMMEは、限りなく日本のコンソメ!
400gも入っていて、£3でした。

なかなか現地スーパーでも見かけないのですが、Ocadoで売られているのを発見しました。




鶏がらスープの素

鶏がらスープの素も同じくDSEMのもの。

FullSizeRender

渡英したばかりの頃、これを見つけた時は感動しました。鶏がらスープの素はこの他にも、中華系スーパーや韓国スーパーでも手に入るようです。




片栗粉

片栗粉も現地スーパーで見かけたことはありません。

でも、ほぼ同じもの。

IMG_0844

コーンスターチ!(英語ではcornflourというそうです)
コーンスターチの方が、低温料理でもとろみが保たれるそうです。これならスーパーの製菓コーナーで簡単に手に入ります。
確かこれで£1くらいでした。




パン粉

パン粉も現地スーパーではなかなか見かけず、日系スーパーで買うことが多いのですが、これは限りなくパン粉!

FullSizeRender

既に煎ってあるようなカリカリの食感ですが、揚げ物の衣にするには十分です。

ウスターソース

これはインスタのフォロイーさん(最近覚えた言葉だから使いたがり)に教えてもらったもの!

sweet pickle

FullSizeRender

名前の通り、野菜の酢漬けなのですが甘い!


ウスターソースってイギリスが発祥だそうで、HPソースというソースが元祖らしいのですが、これがまぁ酸っぱい!

これでデミグラスソースを作ろうもんなら、子ども達ハンバーグ残します。(なんならケチャップも酸っぱいので、酸味がエグいことになる)


そこで、この甘いソース!

これでデミグラスソースを作ると(ケチャップ少なめ)、甘くて美味しい!
なんなら日本で作っていた時より美味しい。

オムライスのチキンライスも、このスイートピクルで味つけています。




イギリスの調味料でなかなか日本人の舌に合うものは多くありませんが、意外と工夫次第でどうにでもなることがわかってきました。

今回、紹介した調味料は基本的にソースコーナーに置いてあります。

オススメの調味料があったら、ぜひ教えてください。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。






子連れ帯同で悩むことの1つ、

子どもたちのご飯どうしよう⁉︎

元々、料理が好きでも得意でもない私。
日本ではcoopが大活躍していました。coopの離乳食最高じゃないですか⁉︎

お湯で溶かすだけの野菜フレークとか、チンするだけの冷凍野菜、冷凍おかゆ、お豆腐団子、チンするだけベビーパスタ…(挙げたしたらキリがない)


そんな便利グッズに頼りまくっていた私がイギリスで離乳食、幼児食を作れるのか不安でしたが、意外と便利なものや工夫すれば使えるものがある!



我が家で大活躍している食材をご紹介します。



まずはタンパク質


coop仲間のみなさん!


ありましたよー!冷凍パラパラミンチ!

FullSizeRender


coopでおすすめ第一位の便利な食材!

もう大好き。日本では鶏、豚、合い挽きの冷凍ミンチをストックしていました。
イギリスでも会えるなんて感動。

TESCOでは、牛とターキーの冷凍挽肉が売っていました。1kgで£4(約600円)
Sainsbury'sやwaitrose,M&Sにもビーフとターキーの冷凍挽肉がありました。
あとビーガン向けのマイコプロテインというものを使った挽肉も。(鶏肉に似た味だそうです)


これの何がいいって、パラパラしているから好きな量だけ出せるところ。
お昼ご飯にラーメンを作った時のタンパク質に野菜とこのミンチを炒めたものを乗せれば、はいもう栄養バランスOK!簡単ー。

そのまま炒めてもいい、丸めて肉団子にしてもいい、そぼろにしてもいい。使い方無限大♾。



今回はブログは、とにかくこれを紹介したかったので、続きはもう読まなくてもいいです。(ちょーい!)





一応、他のものも書きますね。

蒸し鶏。

IMG_4208

イギリスの肉魚の中で1番安いもの。鶏肉。
鶏胸肉は500gで£3.5ほど。(約500円)

これを炊飯器で蒸す。砂糖を少し揉み込んでから蒸すとめちゃくちゃ柔らかくなるので、それを割いて食べる。
パスタと合わせてもいいし、そのまま食べてもいい。






続いて、魚編


スーパーの魚コーナーを見ると、結構味付けされた魚が多いです。燻製とか。


味付けなしで売られている魚の代表。
鮭(サーモン)

FullSizeRender

イギリスで1番気軽に買える魚。この大きさ2切れで£3〜4ほど。


ただ、このままだとかなり脂っこいので、フライパンで炒めます。

FullSizeRender

キッチンペーパーで油を拭き取りながら炒める。(油を拭き取るの重要!)

油を拭き取りつつ、ほぐす。

FullSizeRender

はい、鮭フレークの完成でーす。

これ冷蔵庫に入れておくと安心です。
鮭おにぎりにしてもいいし、パスタに乗せてもいい。お好み焼きに混ぜ込んだりもしました。





大きめサイズで使いたい場合やサーモンフレークを作る時間がない方は、これ!
Fish pie mix

FullSizeRender

冷凍でcod(タラ), salmon, haddock(モンツキタラ)の切り身が入っています。
一切れ3〜5cm角なので、必要な分だけ取り出して煮たり焼いたり出来ます。




青魚なら、鯖(Mackerel)がよく味付けなしで売られています。Smoked Mackerelも良く売られていて、みりん干しのような味がしますが、結構しょっぱいです。(これは炊き込みご飯にするのがオススメ)


ビタミン

ビーツの水煮

FullSizeRender

ロンドンへ来るまでビーツを知りませんでした。
『食べる点滴』だそうです。(だけど元々、点滴って食べられないからするもので、食べる点滴って、もはやただの食べ物なのでは…?)

これはポタージュにすると、とっても美味しいです。玉ねぎ、人参と炒めてポタージュにすれば3種類も野菜が摂れる!




青汁の素

IMG_1470

青汁のパウダーです。
そのままだと青臭いので、香りが強めのものにちょいちょい混ぜています。
カレーとか、ミートソースとか、ちょっとだけなら味噌汁に入れても大丈夫!

これ結構好きです。
まことは青い野菜をまっっっっったく食べたないので、少しでも食べてくれると「勝った!」と思います。(まことの嗅覚が勝るか、私の隠す技術が勝るかの勝負)



炭水化物

ロールパン

FullSizeRender

これの何がいいって、小さめサイズで柔らかいところ!
イギリスの食パンは、日本のものと比べると固いので奥歯がない子には噛めません。子どもに食べさせるにはロールパンの方が便利です。
しかも8個入りで£1(約150円)。

ただ、これは砂糖が多めなので気になる方はホットドック用のパンの方が良いです。(一個あたりの大きさが倍になるので、たくさんあげたくない方には向きません)

食パンに比べると塩はどうしても多くなるので、離乳食中期くらいのお子さんには食パンをパン粥にするのが良いと思います。(そのくらいの月齢ならPorridgeで十分な気もします)



パスタ

速茹でパスタ。スパゲティもありますが、マカロニの方が切る時楽です。

FullSizeRender

基本的にパスタ系は茹で時間10〜12分はかかります。離乳食に使うとなると、クタクタに似るから15分は茹でないといけないのは辛い!

quick cookはちょい高なのですが、5分で茹で上がるので時間勝負な昼ごはんにうってつけです。



うどん

現地スーパーの日本食コーナーにも、ちゃんとうどんがあります。

FullSizeRender

5分茹でタイプです。
3束入りで£1.3ほどでした。(約200円)
同じメーカーから蕎麦も売られていて、しかも蕎麦粉より小麦粉が多いので初めて食べる時にはぴったり!(逆に大人には、蕎麦の風味がなくて物足りないです)




時短、調理が簡単なもの大好きです。

おすすめがあったら、ぜひ教えてください。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/

このページのトップヘ