ロンドンでの子育てとか生活とか。

カテゴリ:ロンドン育児 > 食事・離乳食

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。




ロンドンに来るまで、渡英後はひたすらグリルした肉と野菜を食べるものだと思っていました。

でも、現地スーパーと日系スーパーのおかげで、日本にいた頃とほとんど変わりない食材を購入出来て、和食もそれなりに作って食べています。


今までに作った和食をまとめました。(作った順になっています)



まだ渡英して日が浅い頃

*ご飯、豆腐の味噌汁、鶏肉の甘辛煮

FullSizeRender

ご飯はsushi riceという名前で現地スーパーでも売っていますが500gとか少量なので、いつも日系スーパーの宅配で5kgを2つなどまとめ買いしています。

近所のスーパーがたまたまアジアンフードが豊富で(大型店舗だからだと思います)、味噌や醤油、みりん、胡麻などが手に入ります。(もちろん値段は割高ですが)


*カレーうどん、ナスの煮浸し

IMG_3719

お馴染みのカレールーは日系スーパーでしか見たことがありません。現地スーパーでは「katsu curry」というルーっぽいものが売られていますが、試す勇気はありません。(こちらで見かけるカレー味は全てkatsu curryと書かれている)

ナスは日本のものの3倍くらいの大きさがあります。味は同じです。オーブンで焼けば簡単に焼きナスが作れます。(ナスをオーブンで焼く時は縦に切れ目を入れるのをお忘れなく!爆発します)





*ぶりの西京焼きと大根と卵の煮物

IMG_4712

ぶりと大根は現地スーパーでは見かけません。(八百屋さんで大根を売っていると聞いたことがあります)
どちらも日系スーパーで購入しました。



*チキンカツ丼

FullSizeRender

これはすべて現地スーパーで揃いました。
パン粉はPAXOのGolden Breadcrumbsが限りなくパン粉に近いです。(日本のものよりかなり細かくて、すでに焼かれている感じ)
FullSizeRender

使い慣れているパン粉は日系スーパーで手に入ります。

 

ちょっと慣れてきた頃

*鳥塩焼きとサバの炊き込みご飯、ほうれん草のおひたし

IMG_5217

サバは主にsmoked mackerelといって、燻製された状態で売っていることが多いです。
そのままで食べても美味しいのですが、炊き込みご飯にすると一瞬でなくなります。

小ネギもspring  onionという名前で売っています。青ネギより短いのでかなり使いやすくて、家に常備しています。

ほうれん草はspinachという名前で売っています。




*蕎麦とかき揚げ

IMG_5223

蕎麦は意外と現地スーパーでも売っています。(小麦粉の割合の方が多いですが)
日系スーパーではちゃんと十割そばも売っています。
かき揚げは中の野菜はお好きなものを、衣は製菓コーナーにあるself raising flourを水で溶くだけで出来ます。



それなりにいろいろ作れるようになった頃

*鯖味噌とオクラの梅おかか和え

IMG_6288

鯖はほとんど燻製されているのですが、一匹丸々の状態で売られていることもあります。
自分で捌けば、鯖味噌も作れます。(内臓は除いた状態で売っているので、思ったより捌くのは簡単でした)
オクラは現地スーパーで、練り梅は日系スーパーで買いました。





*こんにゃく田楽

IMG_7461

こんにゃくは日系スーパーで購入しました。しらたきはKonnyaku Noodleという名前で現地スーパーでも売っていました。
田楽味噌は売っていないので、味噌とみりんで作りました。



*ちらし寿司

IMG_8284

刺身は日系スーパーで、いくらはロシアンスーパー(East Europa food shop)で売られていることが多いです。塩漬けになっていることが多くて当たり外れはありますが、イギリスでいくらが食べられる幸せ!

刻み海苔は日系スーパーで買いました。
焼き海苔は現地スーパーでも買えます。





*すき焼き

IMG_8754

薄切り肉は売っていないので、高いものを日系スーパーで買うか、安いブロック肉を現地スーパーで買って自分で薄く切るかのどちらかです。
卵はライオンマークがついているものは、生でも食べられるのでそれを使っています。頻繁に生や半熟の状態で食べていますが、具合が悪くなったことはありません。




こんな感じで、いろいろ作れています。

現地スーパーに売っていないものは、
  • 大根
  • カレールー
  • ポン酢や白だし、練り梅など、ちょっとマイナーな調味料
  • 薄切り肉
  • サーモン、鯖以外の魚
  • 練り物(カニカマ以外)
  • 昆布などの出汁系


といったところでしょうか。
他は似たようなものでなんとか代用出来ています。
ロンドンは日系スーパーも多いので(日本人が多い地域には必ずある)、値段にこだわらなければほとんど欲しいものが手に入ります。


やっぱり食べ慣れた味は安心しますね。(渡英後、生活が整うまでの1週間ほどずっとスーパーの惣菜などを食べていたら、気分が落ち込んで食欲もなくなったしまいました。美味しいと思えるものを食べるの大事!)


他にも作れるレシピや手に入る日本の食材があったらぜひ教えてください!


最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

Instagramもやっています→ https://www.instagram.com/atsuko_london_2020/




こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



我が家のご飯は基本的に
朝食:パン
昼食:麺
夕食:お米
なのですが、イギリスの食パンは正直微妙です。
16枚入りで£0.59と安いのですが、そのままだと固いです…。日本のふわふわ食パンが恋しい。

FullSizeRender

ちなみに食パンの両端も入っていますが、イギリスの人は蓋代わりにしているらしく、最後は食べずに捨てるそうです。でもトーストにすれば食べられないことはありません。フレンチトーストにすれば問題ありません。




手軽に美味しいパンが食べたいな〜と思っていたときに見つけたのが、これ!

FullSizeRender

パン生地が入っていて、オーブンで焼くだけ!
バターコーナーの近くで見つけました。
冷蔵品なのに、日持ちが3週間くらい待つのも嬉しい。


シナモンロールから焼いてみました。


IMG_5594

筒状になっていて、切ってオーブンで20分ほど焼くだけ。


FullSizeRender


ちょっと焦がしましたが、美味しかった!
アイシングが難しいですね。(アイシングは粉の状態で入っていて、水を足して自分で作ります)


続いてパン・オ・ショコラ。

FullSizeRender

チョコを置いて、巻きます。
焼くとこんな感じ。

IMG_5682

これも美味しかったです。
どちらも一本で3〜4人分くらいの量。
手のひらより2回りほど小さいサイズです。


JUS-ROLが美味しかったので、TESCOのものも買ってみました。
クロワッサン


IMG_6302

メープル&ピーカンナッツ

IMG_6339

パン・オ・ショコラ


IMG_6963

どれもたしか£2ほどでした。うろ覚えですみません。

クロワッサンは微妙でしたが、メープル&ピーカンナッツとパン・オ・ショコラは美味しかったです!

クロワッサンはパン生地自体が美味しくないといけないので、冷凍は難しいのでしょうか。
しかし、TESCOの冷凍パンは自分で成形しなくていいので楽ちんです。



朝から焼きたてパンの匂いがするだけで、嬉しい気持ちになりますよね。


最初に紹介したJUS-ROLは、クロワッサンもあるようなので見つけたら買ってみたいなと思います。


最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。


子どもの飲み物シリーズです。
栄養補助飲料って言い方で合っているのかわからないのですが、ミロとかセノビック的なものですね。
ロンドンのスーパーで見つけたものをまとめます。




まずはお馴染みミロ。日本でも流行ったそうてますね。
FullSizeRender
まことは日本にいた頃から毎朝ミロを飲んでいたので、見つけた時嬉しかったです。
TESCOのAmerican foodコーナーにありました。ネスレはアメリカの会社か。

ただ一つ、日本のミロは冷たい牛乳にも溶けるけど、イギリスのミロはhot milkに溶かします。

あったかいと飲まないんですよね〜。

なので我が家では、少量のお湯で溶かした後に牛乳を入れています。




ミロに飽きた頃に飲むのが、hot chocolate

IMG_5201

今気づいたのですが、これもネスレじゃないの。このシリーズよく売っているので、イギリスのものかと思っていましたが、安定のネスレです。
これもhot milkに溶かすタイプ。

どうしても甘いものが食べたい時に、私も飲んでいます。



あと日本ではなかなかない、バナナミルク!


IMG_5199

まことはバナナジュースがすきなので、
ハマるかな?と買ってみましたが、そうでもありませんでした。
でも味は美味しいです。
先ほどのhot chocolateと混ぜると、
バナナチョコ味になって豪華な気分になります。


このNesquikシリーズ、いちご味もありました。
FullSizeRender


子どもの好きな味が揃っていますね。


他にも牛乳に溶かすだけのものはいくつかありました。

FullSizeRender

これはいちごシェイク。





こっちはチョコミルク。

FullSizeRender

これはそのまま飲むタイプでしょうか?






フルーツジュースもたくさんありました。

IMG_5914

やっぱり欧米の方が、フルーツジュースの種類が豊富ですね。




日本では見かけないなと思ったのが、
子ども用の豆乳!

FullSizeRender

カルシウムやタンパク質が多いのが嬉しい。





イギリスで売っている飲み物、日本との1番の違いはどれにもVit.Dが含まれていること。

日照時間の短いイギリスならではですね。

Vit.Dサプリについては、こちらのブログをどうぞ↓

他にも、鉄分やカルシウム、ビタミンCが入っているのも嬉しいですね。



皆さんのおすすめの飲み物はありますか?




飲み物シリーズ、他の話はこちら↓







最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



ロンドンでの料理も少しずつ慣れてきました。

大人や息子が食べる料理はだいたいどうにかなるものの、頭を悩ませるのが離乳食完了期の娘。

全く同じものは食べられないし、娘が食べられるものばかり使っていたら偏食息子が食べない。
かといって、毎回2種類作るのは面倒くさい。
冷蔵庫は大きくないので、離乳食を大量に作ってストックする余裕もない。


日本ではcoopのチンするだけ野菜、魚などに助けられていました。(元々、料理は得意ではありません)


でもロンドンへ来て最初の1週間、慣れない味の惣菜を食べ続けて食欲がなくなってしまったので(食べるの大好き夫婦にとっては一大事)、基本的3食(時々おやつも)ちゃんと作ることにしました。


気をつけたことは
  • 大人が食べるものを初めから薄味で作る(味噌汁やスープなど、後から薄めることが出来るものは普段通りに作る)
  • 離乳食レシピを作って、大人でも満足する味になるよう調味料を後から追加する


当たり前のことなんですが、料理がたいして好きでもないし上手くもない私にとっては大事なこと。



調理が楽ちんなオーブンが好きで、なんでもオーブンで焼いているのですが、1つ発見したことがあります!

人参をスティック状にしてオーブントレーに敷き、人参の上に葉物(私はケールをよくのせます)で覆ってグリルすると、葉物の水分で程よく蒸されて手掴み食べにぴったりな柔らかさの人参になります!



上に葉物をのせないと、焦げたりパサついたりするんですが葉物のおかげで歯茎でも噛めるくらいの柔らかさに!
上にのせたケールはパリパリになって美味しいです。


これを発見してからは、オーブンを使うたびに手掴み人参を作っています。
人参の甘みで、あづきもよく食べてくれます。







次に、取り分けがかなり上手く出来た日の夕飯です。



大人のご飯は、
FullSizeRender

バターナッツの肉詰め(上にチーズ)
グリルした野菜(人参、キャベツ、じゃがいも)
アボカドとゆで卵のマヨネーズ和え
ラディッシュの甘酢漬け
野菜スープ(コンソメ味)

です。





4歳のまことには、大人と同じものをそのまま出しています。


FullSizeRender





一歳のあづきには、

FullSizeRender

かぼちゃごはん(バターナッツの肉詰めを作る時にくり抜いて余ったかぼちゃをご飯と混ぜたもの)
グリル野菜(人参のみ)
アボカドとゆで卵和え(マヨネーズなし)
バターナッツの肉詰めの肉だけの部分
野菜スープ(大人のスープを薄めたもの)

です。


これは大人も子どもも満足しつつ、離乳食のために追加のものを用意などせずにできました。

あらかじめ肉詰めを作る際にも、肉に塩胡椒していない、肉の上にチーズをかけない部分を作るということだけ気をつけました。


アボカドとゆで卵はのレシピはNHSのHPで発見しました。


月齢ごとで検索出来るので便利です。




どうしても取り分け出来ないもの(そばやピザなど)の時は、以前紹介したANNABEL  KARMELの離乳食を食べさせています。


chilledなのに結構日持ちするので、念のためストックしています。



あとは、タンパク質だけ足りない!と言う時は
冷蔵庫にストックしている蒸し鶏を出します。
蒸し鶏を作った話はこちら↓







そろそろレパートリーも増やしたいし、イギリス料理にも挑戦してみたいのでレシピブックを買おうか悩んでいます。

イギリスのレシピブックは、ハードカバーで大きいですね!
表紙が可愛いものもあるので、キッチンに置いておくだけでもおしゃれになりそうです。






最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



子どもの飲みもの、水に続いて牛乳編です。

水の話はこちらから↓



まずは我が家で飲んでいる牛乳がこちら。
FullSizeRender
大きいです。6pints.3リットルほどあります。
これが一番大きいサイズで、1リットル、2リットルサイズもあります。

味はすごくさっぱりした味。

日本の牛乳が好きな方には物足りないかもしれません。



種類は日本と同じく、乳脂肪の量で変わります。
日本でいうところの牛乳(脂肪を減らしていないタイプ)はwhole milk 3.7%fat
我が家はこれを飲んでいます。
IMG_4671




脂肪分を半分(1.8%)に減らしたものは
semi-skimmed milk
IMG_4780





脂肪がほぼない(0.1%)のは
skimmed milkです。
IMG_4781



あと今回初めて見つけたfiltered milk

IMG_4672

名前の通り、フィルターを通して
水、タンパク質、脂肪、乳糖をそれぞれに分けるそうです。
その後、タンパク質とカルシウムを増やして乳糖を減らした牛乳にするそうです。
それは嬉しい!


NHSのHPに子どもへの牛乳の与え方について説明がありました。



以下スクショしたものです
IMG_4887

2歳以下の子どもにはfull fat milk
(飲み物としての牛乳は1歳〜というのは日本もイギリスも同じでした)

2〜5歳にはseni skimmed milkならOK
5歳からskimmed milkか1% fat milkでもOK

と書かれています。



欧米では肥満が問題になっているので、
やっぱりskimmed milkを選ぶ人が多いのでしょうか?

我が家は夫が日本にいた時から、
種類別『牛乳』が好きで、低脂肪になっている乳飲料は買わなかったので、こちらでもfull fat milkを買っていましたが、1歳のあづきにはちょうど良かったようです。(ちなみにあづきは渡英した1歳1ヶ月でミルクを卒業して、牛乳だけを飲んでいます)
さっぱりした味が好みなのか、ゴクゴク飲んでいます。



私は本当は豆乳やアーモンドミルクを飲みたいのですが、冷蔵庫があまり大きくなくて…
牛乳が大きすぎるのと、麦茶のボトルもあるので諦めています。


以前買った豆乳はこちら。
IMG_4834
大豆はsoyだと思っていたのですが、
soyaなんですね!(そういえば豆腐にもsoyaって書いてあったかも)
この豆乳はバニラ風味で甘すぎなくて美味しかったです。
だけど紀文の豆乳が恋しい…




他の飲み物シリーズはこちら↓






最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

このページのトップヘ