ロンドンでの子育てとか生活とか。

カテゴリ: 【まとめ】シリーズ これさえ読めばOK!

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



食洗機を使ってみた話を書きましたが、
便利さにハマって毎日使っています。



毎日使っていれば、気になるのはお掃除。


ぱっと見だ感じでは汚れている様子はありませんが、食洗機用のクリーナーが売っていたので、使ってみました。


IMG_5581

蓋は開けずにシールだけ剥がします。


IMG_6966

あとは逆さにして、食洗機にセット。


IMG_6968

あとは食洗機を稼働させるだけ!楽ちん〜。

終わると、洗剤はちゃんと空になっています。


IMG_7005

洗剤の匂いがすごい!

これだけでいいなんて、楽すぎる!
(そもそも汚れている感じもない)




次に、排水溝と塩の補充です。

どちらもカゴの下にありました。

右側が排水溝。

FullSizeRender


ねじって開けてみました。

IMG_7164

フィルターのようなもの発見。

さすがにここは汚れていました。食べ物のカスみたいな?


IMG_7165

水洗いで簡単に落ちました。楽ちん〜。


IMG_7166




続いて塩です。


入れる塩は食洗機用の塩です。食洗機用の洗剤が置いてあるコーナーに売っています。

IMG_4542

デカイ。3キロもありました。



塩を入れる場所は「S」と書いてあるところ。
蓋を開けると、

IMG_4541

じわじわと水が溢れてきますが、構わずに塩をじゃんじゃん入れます。(1kg近く入りました)


これを定期的に補充していきます。(リンスも同様)


食洗機は高温の水で洗うので、カビも生えにくそうだしお手入れもかなり楽なのかなと感じました。


食洗機で洗えるもので、早く知れてよかったのはキッチンの換気扇カバーです。

IMG_7212
これを外して、食洗機に入れるだけ。(2、3週間に1回洗っているのですが、すでに汚れが気になるな。週一くらいのペースの方が良いかも)



あれ、食洗機かなりいいな。(お手入れが楽なのとても大事)
帰国後買うもの第一位です。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



だらだらと続けました、入園するまでシリーズ。(長い割に内容が薄い)

もし最初から読みたい方はこちらから↓



まとめました!

まずは、お子さんがどこに通うのかをはっきりさせましょう。

image
9月1日時点での年齢です。
基本的に、日本より1学年上になります。(4〜8月生まれの子は2学年上)



次に、近くのpreschoolの探し方。私はこの2つを使いました。

  • Google map で検索
  • 自治体のHP


Google mapだと一目で出てくるので見やすいです。自治体のHPは慣れないうちは検索するのが面倒ですが、何才から入園出来るか、週30時間の補助を受け付けている園かどうかがわかります。
園名の下に、preschoolやday nursery, nursery classなどかいてあり、保育園か幼稚園かがわかります。
preschool→幼稚園
day nursery→保育園
nursery class→小学校併設の保育園


イギリスでは、3歳になった次のターム(4ヶ月毎の学期)から補助がでます。
基本は週15時間の補助(3-4歳全員)。
3歳以上で、政府のHPで要件を満たせば、週30時間の補助がでます。


週30時間の補助を受けるには、申請が必要で上記のHPから申請できるそうです。


2歳から受けられる補助もありますが、これは生活保護を受けているなどの厳しめの条件があります。当てはまるかどうかは自治体もしくは政府のホームページから確認できます。




さて、通えそうな園がピックアップ出来ました。

次は各園のHPを見てみます。
私は英語の説明を読むのが大変なので、主に写真での雰囲気とOfstedを見ました。

Ofstedは、教育機関を評価するところです。


Ofstedの評価が良いところを近い順で順位付けしました。(一ヶ所、給食がベジタリアン推しの園があったので、そこは避けました。ただでさえ偏食な息子には少しでもタンパク質を摂って欲しいので)

順位が高い順にメールします。

メールにどのような内容を書いたか知りたい方はこちらをお読みください↓

園と見学の日程を組みます。(私はコロナのせいで見学は出来ませんでした。zoomミーティングや、早朝や土曜など子どもがいないタイミングなら見学OKという園もありました)



最終的な決め手は、各家庭によると思いますが、我が家の決め手は
  • 家から徒歩3分(信号すらない)
  • 日本語を話せる先生がいる
  • クラスに日本人の子どもがいる


ということでした。


入園することを決めたら、申し込み書など沢山の書類を書きます。
コロナのせいなのか、元々ペーパーレスなのかはわかりませんが書類は全てメールでPDFの状態で届き、記入してPDFで送り返すように言われました。
夫のパソコンがタブレットにもなるタイプだったので、タッチペンで記入してそのまま送り返しました。


特段用意するものはなし。着替えだけ持ってくるよう言われたので服に名前を書きました。
息子はローマ字が読めないので、本人が識別出来るようマークもつけました。


私が見学のメールを送るのに、もたもたしたのもあって(そもそもメールが返ってくるのも、なかなか時間がかかります)、調べ始めてから1ヶ月半ほどかかってしまいましたが、初動が早ければ3週間くらいで通えるのではないでしょうか。
住むエリアが先に決まっていれば、その分早く探し始められますね。


以上がpreschool探しでした。

簡潔に書けば、このくらいあっさりしているのですが、途中いろいろあってバタバタしましたが、後から思えば笑い話です。(詳細はpreschoolに入園するまでシリーズ参照)


最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

こんにちは。ロンドン在住のあつこです。



今まで洗濯についてダラダラ書いてきましたが、まとめます。
(この【まとめ】シリーズは、これだけ読めばわかるような内容の濃いものにしたいと思っています)

洗濯シリーズもやらかしています。
最初から読みたい方はこちらから↓






まずは洗剤

IMG_5262


日本でお馴染みアリエールのジェルボールも売っていますが、
コスパが1番いいのはPersilです。
洗浄力も問題ありません。

persilに限らず、ジェルボールの入れ物は子どもが開けないようチャイルドロックが付いているのですが、これがなかなか開きません!

大人でも開けるのが難しいです。安心ですが、慣れるまで大変です。






次に柔軟剤

ジェルボールが3in1で柔軟剤も入っているはずなのですが、ガンガン乾燥をかけるので使っています。
やっぱり柔軟剤を入れた方が、ゴワゴワが少なくなりますね。

インスタなどでも、よくお見かけするのが
ECOVER
IMG_5351


香りは2種類ありました。
ピンクはAPPLE BLOSSOM&ALMONDで、爽やかなりんごの香りがします。


匂いは強過ぎず、ほんのり香る程度で嗅覚過敏や私でも大丈夫!(むしろ好きな匂いです)



もう一つは黄色のボトルでGARDENIA&VANILLAの香りでした。









日本とイギリスの1番の違い

硬水によるライムスケール予防のCalgon

FullSizeRender



これは洗濯毎に必要です!
洗剤ケースに入れて使います。(洗剤ケースの配置は日本と同じです)
なかなかなお値段しますが、ライムスケールで洗濯機が壊れたら元も子もないので必ず使います。



次にシミ抜き


FullSizeRender


これは色柄OKなタイプで、白物専用タイプもあります。
洗濯毎に使えるし、つけ置きも出来ます。
洗濯機に入れる場合は、洗剤を入れるケースに入れておきます。

Vanishは酸素系漂白剤なので(思いっきりOXIって書いてありますね)子どもの服にも使えますし、これで靴も洗おうと思っています。



最後は洗濯機洗浄


FullSizeRender


これ中がちょっと衝撃だったので、載せておきますね。

IMG_5257


箱にそのまま、粉どーん!

余計な包装がないのは、海外って感じがします。洗濯槽に粉を直接入れて、高温で洗います。
洗い終わったら、そのまま洗濯出来るそうです。
確かに洗浄後の独特な匂いはありません。
月一ペースで洗浄しています。



最後に我が家の洗濯ルーティーン

image



夜のうちにまずバスタオル(それと白物)を洗濯(本当は1番だけど時間短縮のため、3か4で洗っています)して、11番の乾燥を夜中のうちにかけておきます。

朝、乾燥されたバスタオルを出して、色物を4番で洗い、12番で乾燥をかける。
乾燥が終わっても、たいして乾いていないので(日によります。洗濯物の量に関わらず、日によります。大事なことなので2回言いまし

​肌着など薄手のものだけ出して部屋干しグループと、2回目の乾燥グループに分けます。

2回目の乾燥が終わっても乾き切っていないこともしばしばあるので、残りは全て部屋干しになります。
部屋干しはこのようなラックを使っています。

IMG_3232


イギリスにあるのって大抵こんな感じです。
多くは干せません。
洗濯物毎に干すタイミングが少しずつずれるので、次のものを干す頃には前のものが乾いています。(乾いていないこともあります)


渡英時、洗濯物はほとんど乾燥で乾くと思っていたのでハンガーは10本ほどしか持ってきませんでしたが、なんだかんだ使うので20本買い足しました。



そして、夜バスタオルを洗う前に、娘の食事用エプロンと乾燥をかけたくないもの(ニットやジーパン、シャツ)を4番で洗って、一晩干しておけば朝には乾いています。(ジーパンはさすがに丸一日くらいはかかります)



なので、1日で洗濯3回、乾燥3回しています。
洗濯槽が大きくないし、色などで分けているので結局こうなります。


洗濯機を使っていない時間はドアを開けて、中を乾かしています。

IMG_5420


ええ、邪魔です。
でもカビが生えたら、めーーーーちゃくちゃ面倒なので、こうするしかありません。


1日一回、ゴムの部分のホコリも取っています。

IMG_4547

ゴムの内側に水がたまるのですが、これも毎日拭いています。(一応、排水用の穴は開いていますが念のため)


IMG_4548


これも大変ですが、カビが生えたらめーーーーちゃくちゃ面倒なのでやっています。



以上が我が家の洗濯ルーティーンでした。

少しでも参考になれば嬉しいです。


最後まで読んでくださってありがとうございました。
それでは、次のブログでお会いしましょう。

このページのトップヘ